カーキグレージュで垢抜けた髪色に!明るめ〜暗めまでの色見本で冬支度を!

Description
暗めから明るめまで、カーキグレージュのおしゃれな髪色をまとめました。市販のカラーリングでも出来るカーキグレージュは色落ちした髪色も綺麗なのが嬉しいポイント。髪へのダメージが気になる方はブリーチなしでカーキグレージュの髪色する事が出来ます。暗めや明るめな度自分にぴったりなカーキグレージュを取り入れてみませんか?おしゃれなハイライト入りのカーキグレージュなど、明るめから暗めまで色々なタイプの髪色をチェックしましょう。

秋冬におすすめなカラーはカーキグレージュ!

「おしゃれな髪色を楽しみたい!」という場合におすすめなのがカーキグレージュ。ふんわりと柔らかな雰囲気を感じられ、垢抜けた印象を与えられるカーキグレージュはトレンドの髪色として人気を集めています。カーキグレージュの髪色にするだけで印象を変えられるのも嬉しいポイント。現在の髪色からイメージチェンジしたい場合にカーキグレージュにすれば全く違う雰囲気のになれるのではないでしょうか。そんなカーキグレージュには暗めから明るめまで様々なタイプの髪色があるので自分に最適な色を決める事も大切です。
「自分はどんなカーキグレージュが合うのかな?」と思ったら、髪色の見本をチェックしておきましょう。暗めや明るめのカーキグレージュがどのような髪色になるのか把握出来ていたら自分にぴったりなカーキグレージュが見つけやすいのではないでしょうか。また、ハイライトやグラデーションを入れるなどのアクセントを入れれば違った雰囲気のカーキグレージュになるのもポイント。お好みのカーキグレージュに染めておしゃれな髪色を楽しみませんか。カーキグレージュの髪色見本や染める時のポイントをチェックしましょう。

定番人気のアッシュ系カラー

色々な髪色がある中で人気を集めているのがアッシュ系のカラー。アッシュとは直訳すると「灰色」という意味になります。実際には灰色と言うよりはパープルやブルー寄りの色味になるのがアッシュ系ヘアカラーの特徴。日本人の髪色は元々赤みが強く、明るめの髪色に変えたとしても赤みの方が優ってしまう場合があります。そんな日本人特有の赤みを打ち消す事が出来るのがアッシュ系ヘアカラー。パープルやブルー寄りの色味を加える事で赤みを抑え、垢抜けた印象に仕上げられます。
欧米の人は日本人と異なり、髪色に赤みが少ないのが特徴です。アッシュ系のヘアカラーで赤みを抑える事によって欧米の人のような透明感と軽さのある髪色に出来るのが嬉しいポイント。「外国人のような髪色にしたい!」と言う方にもぴったりです。そんなアッシュ系ヘアカラーには様々な種類があります。バリエーション豊かなアッシュ系ヘアカラーの中でも特に注目されているのがカーキグレージュ。秋冬のヘアカラーにもぴったりなカーキグレージュについて詳しくみていきましょう。

カーキグレージュってどんな色?

それでは、カーキグレージュとはどのような髪色なのでしょうか。カーキグレージュは、その名前の通りグレージュにカーキを加えた髪色の事です。グレージュとは、グレーとベージュを組み合わせたグレイッシュベージュの略語。グレーとベージュを掛け合わせる事によって日本人特有の赤みを消し、透明感を出せるのが特徴です。グレージュで赤みを抑えつつ、カーキを加える事で絶妙なニュアンスを感じられる髪色の出来上がり。カーキグレージュにすれば、控えめなのにおしゃれで垢抜けた印象の髪色を楽しめます。
カーキグレージュと一口に言っても、暗めや明るめなど様々なタイプの髪色があります。カーキグレージュなら明るめでも落ち着いた雰囲気になるのが魅力。また、カーキグレージュにすれば暗めでも透明感のある髪色になるので重くなり過ぎません。ハイライトを入れたり、グラデーションにしたり、アクセントを効かせればさらに垢抜けたカーキグレージュの髪色になるのも嬉しいポイント。ブリーチなしか有りかによってもカーキグレージュの風合いが変わってくるのでお好みに合わせて選んでいきましょう。

こんな人におすすめ

カーキグレージュは赤みが強く、髪色が重く見えがちな人におすすめです。また、暗めのトーンだったとしても透明感のある垢抜けた印象にしたい場合にもぴったり。暗めのカーキグレージュならオフィスシーンでも大丈夫な場合がほとんどです。また、明るめの髪色でも上品に仕上げたい場合にもカーキグレージュは最適。明るめでも落ち着いた風合いになるので派手になり過ぎません。
外国人のような柔らかくふんわりとした髪色にしたい方にもカーキグレージュの髪色はおすすめです。また、髪にツヤを与えたい時にも良いとされているのもポイント。おしゃれな髪色にしたい場合はカーキグレージュにしてみましょう。

カーキグレージュの特徴は?

沢山の魅力があるカーキグレージュですが、具体的にはどのような特徴があるのでしょうか。ブリーチなしでもカーキグレージュが出来るのか、色落ちはどういった風合いになるのかなどカーキグレージュに染める前に特徴を把握しておくと安心です。また、ヘアサロンではなく市販のヘアカラーでもカーキグレージュに出来るかどうかも気になるポイント。市販のヘアカラーでカーキグレージュに出来たらとても便利ではないでしょうか。このようなカーキグレージュに関する基本的な情報を学んでいきましょう。

ブリーチなしでもキレイな発色

Hair Color Coloring · Free photo on Pixabay (122327)

通常、綺麗にヘアカラーをする場合はブリーチをすると良いと言われています。ブリーチをする事によって髪の色素を抜き、ヘアカラーそのものの色を出しやすくするのが一般的ですがブリーチをすると髪にダメージを与えやすいのが問題。ブリーチを繰り返す事で髪がパサパサとした状態になってしまったり、切れ毛や枝毛の原因になってしまうかもしれません。
そういった理由でブリーチをしたくない、と言う場合でもカーキグレージュに染める事は可能。赤みを抑える事が出来るカーキグレージュであれば、ブリーチなしでも透明感のある髪色になります。ただし、やはりブリーチをした方が綺麗にカーキグレージュの色味が出るのは事実。ブリーチなしの場合は思ったよりも暗めのカーキグレージュになるかもしれません。それでもおしゃれなカーキグレージュの髪色に仕上げられるので、ブリーチで髪を傷めたくない場合はブリーチなしのカーキグレージュを選んでみてください。

市販のカラーリングでもできる

カーキグレージュは市販のカラーリング剤でも染められます。最近のカーキグレージュの人気を受けて、市販されているカラーリング剤にもカーキグレージュが多く取り扱われるようになりました。市販のカラーリングでやる場合も、ブリーチなしか有りかによって風合いが変わる事があります。ブリーチを含むダブルカラーリングをすれば、綺麗なカーキグレージュの発色になりますが、ブリーチなしでも十分に綺麗な発色になります。
気軽にカーキグレージュにしたい場合は、市販のカラーリング剤を使って染めてみると良いかもしれません。初心者で市販品を使うのは心配、という方はヘアサロンへ行ってみましょう。ブリーチなしか有りかを含めて美容師さんと相談しながら髪色を決めると安心です。慣れてきたら市販品を使ってカーキグレージュに染めるようにすると良いのではないでしょうか。

自然な色落ちを楽しめる

カーキグレージュは自然な色落ちを楽しめるのも大きな特徴。ヘアカラーは徐々に色落ちをしていきますが、ヘアカラーの種類によっては不自然な色落ちになる場合があります。カーキグレージュの場合は色落ちしたとしてもおしゃれな雰囲気はそのままに保てるのが嬉しいポイント。暗めや明るめな度、染めたカーキグレージュの風合いにもよりますが、一般的には色落ちするごとに明るめの髪色になっていきます。色落ちの過程も楽しみたい、という方にカーキグレージュがおすすめ。
66 件
着用アイテム