アイテープのおすすめ人気ランキング!理想の二重になれる優秀アイテムを紹介

Description
まぶたに貼るだけで簡単に二重が作れる優秀アイテムと言えば、アイテープです。アイテープは手軽に購入可能なのに、重い一重や奥二重にも対応しており、手放せなくなっている方も多くいるのではないでしょうか。今回はアイテープに注目し、おすすめの両面接着タイプから片面接着、ファイバータイプなどをランキング形式でご紹介致します。数多くのおすすめアイテープをチェックしていきましょう!

理想の二重になれる優秀アイテム!アイテープをご紹介!

重い一重や奥二重もぱっちりとした理想の二重まぶたにしてくれる優秀アイテムと言えばアイテープです。アイテープは二重にしたい幅を決めて貼るだけの簡単さが人気を集め、アイメイクの1つとして取り入れている方も多くいるようです。そんな優秀アイテムのアイテープは数多くのメーカーから様々なタイプが発売されており、どれを選んでいいのか悩んでしまいがちです。今回は人気を集めるアイテープのおすすめをランキング形式でご紹介致しますので、気になるアイテムがあればチェックしてみましょう!

アイテープとアイプチの違いは?

アイテープとアイプチの違いは何かご存知でしょうか。どちらも二重まぶたを作ってくれる美容アイテムであり、「アイテープとアイプチのどっちを使えばいいのかわからない」という方は、最初にアイテープとアイプチの特徴について確認してみましょう。
アイプチは糊状の液体をまぶたに塗り、付属のプッシャーでまぶたを押し込み二重を作るアイテムです。糊は乾くと透明になり目立たなくなるのが特徴。対してアイテープはまぶたに貼るだけで簡単に二重が出来るというメリットを持ちます。アイプチは乾くまで時間がかかってしまったり、汗や水に弱い為、メイクに時間がかけられない時や、スポーツやレジャーを楽しむ時にはアイテープの方がおすすめだと言えるでしょう。

アイテープの選び方

アイテープの選び方で悩んでしまった事はありませんか?アイテープは両面粘着タイプや片面粘着、ファイバータイプ等、多岐に渡って様々なタイプが発売されています。アイテープの種類が多すぎてどれを選ぶべきか悩んでしまいがちですが、選択肢の幅が多くある事で、自分にぴったりのアイテープが見つかる可能性も高いです。アイテープで悩まれている方は、ここで述べているアイテープのタイプや選び方のポイントをチェックし、自分の理想に合ったアイテープを選ぶヒントにしてください。

タイプで選ぶ①両面粘着タイプ

まずは両面粘着タイプのアイテープです。両面粘着の特徴は、何と言ってもまぶたを固定するアイテープの強力さです。アイテープが両面シールの様になっており、まぶたの上と下から強力に密着して、くっきりとした二重を作ってくれます。強い接着力がありますので、重めの一重まぶたにおすすめのアイテープです。また両面接着タイプは、アイプチより更にくっきりとした二重を作る事が出来るのも特徴の1つです。

タイプで選ぶ②片面接着タイプ

続いては片面接着タイプのアイテープです。片面接着のアイテープは両面接着タイプほどの強力さはありませんが、その分まぶたに優しく、仕上がりもナチュラルになるのが特徴です。比較的薄めのまぶたにおすすめのタイプと言えます。片面接着は貼り付けたテープがまぶたに食い込み、その上に自然とまぶたが被るようになる事で二重に見せてくれます。まぶたが引っ張られる事もなく、瞬きがしやすいのも魅力。まぶたに負担をかけずにアイテープを楽しみたい場合は、片面接着タイプがおすすめです。

タイプで選ぶ③ファイバータイプ

アイテープにはファイバータイプと呼ばれるアイテムも存在しています。ファイバータイプは細い糸のような形状をしており、まぶたにグっと押し付けて食い込ませる事で、二重を作るアイテープの種類です。ファイバータイプは接着面が糸のような細さの為、仕上がりがとても自然なのが特徴。加えて目立ちにくく、まぶたの厚さに関係なく使えるのも嬉しいポイントです。しかしながらファイバータイプは専用のハサミで余分な部分を切り落とす等の工程がある為、コツを掴むまでは難しいと感じてしまうかも知れません。

形状で選ぶ

アイテープを選ぶポイントとして、アイテープの形状もチェックしたい部分です。アイテープを良く見ると、メーカーやアイテムごとにそれぞれ形状が異なっています。半月タイプのものから、ショートタイプや平行二重に適したもの等、様々な形状のアイテープが発売されていますので、なりたい理想の二重をイメージして選ぶのも重要なポイントです。自分のまぶたに出来るだけフィットするアイテープを使用する事で、目立ちにくく自然な二重を目指しましょう。

仕上がりで選ぶ

アイテープでどれを選んで良いのか悩んでしまった場合、仕上がりで決める事もおすすめです。ナチュラルに仕上げたいのか、くっきりとした二重を作りたいのかで、選ぶアイテープが変わってきます。アイテープを購入する際は、アイテープに書かれている説明や、口コミ等を参考にして、理想の二重に近い仕上がりになるようなアイテープを選びましょう。豊富な種類が発売されているアイテープの中から、お気に入りの1つを見付けて理想の二重になれると、メイクをするのも楽しくなるのではないでしょうか。

使いやすくオフしやすいものを選ぶ

まぶたは他の皮膚に比べてとても薄く、ちょっとした刺激がダメージとなってしまう可能性があります。そんなデリケートなまぶたへ貼り付けるアイテープは、なるべく肌に負担をかけずに使いやすく、オフしやすいタイプがおすすめです。アイテープが使いにくく、何度も貼り直しをしてしまうと、まぶたへの負担も大きくなり、痒みやかぶれの原因にもなってしまいます。オフする際もまぶたへのダメージを最小限にとどめれるよう、少ないマッサージで簡単にオフが出来るアイテープを選ぶのがおすすめです。

汗・水に強いものを選ぶ

120 件
着用アイテム