アイテープでぱっちり二重に!使い方とバレないコツも詳しく紹介

Description
ぱっちり二重は女性を魅力的に見せるので憧れる女性が多いです。一重の女性だけでなく、元々二重の方や奥二重の女性も二重の幅を広げてぱっちり二重にしたいと思う方もいるかもしれません。そんな時は、アイテープを使ってぱっちり二重にしましょう。アイテープの存在は知っていても、使い方が難しそうに感じたり、アイテープがバレるのが嫌だと思う女性もいるかもしれません。こちらでご紹介するアイテープの使い方とバレないメイクのコツをチェックして、元々ぱっちり二重のような顔に仕上げましょう。

アイテープで一重をぱっちり二重にする方法をご紹介♡

アイテープは一重の方や二重の幅を広げたい時におすすめのアイテムです。まぶたに貼ることによって二重のラインを固定し、ぱっちり二重に見せてくれます。こちらでは、アイテープとはどんなアイテムなのか、アイプチなどの二重アイテムとの違いは何かをご紹介します。

アイテープとは?

アイテープは名前の通りテープのような形状をしていて、まぶたに貼ることで二重にすることが出来るアイテムです。アイテープには両面タイプ、片面タイプ、ファイバータイプと種類があり、それぞれに使い方や特徴が変わります。自分に合ったアイテープを使うことで、アイテープがバレにくいので色々試してみましょう。

アイテープとアイプチの違いは?

二重アイテムはアイテープだけでなくアイプチも有名ですが、違いについても知りましょう。まず、アイテープはシールのような形状で、アイプチは液体タイプになっています。アイテープは張るだけなので、アイプチのように乾く時間を気にしなくてもいいですが、メイクなどでカバーしないとテープが目立ってしまいます。また、まぶたが重い方はアイプチよりもアイテープの方がしっかりと二重のラインが出ます。

アイテープの選び方

アイテープには、両面粘着タイプ、片面粘着タイプ、ファイバータイプと種類があります。初めてアイテープを使う方はどのアイテープを使えばいいか悩んでしまうかもしれません。こちらでは、それぞれのアイテープの特徴や選び方をご紹介します。

アイテーブの種類で選ぶ①両面粘着タイプ

一重でまぶたが厚い方や、ぱっちり二重にしたい方におすすめなのは両面粘着タイプのアイテープです。両面粘着タイプのアイテープは両面でしっかりと二重のラインを固定するため、キープ力が強いです。アイプチで二重が作りづらい一重の女性にもおすすめです。

アイテーブの種類で選ぶ②片面接着タイプ

まぶたの皮膚が薄い一重の女性や奥二重の方には片面粘着タイプのアイテープがおすすめです。両面粘着タイプのアイテープのようにまぶた同士をくっつけるのではなく、テープを張ったところにまぶたが食い込んで二重になります。まぶたが引きつりにくいアイテープです。

アイテーブの種類で選ぶ③ファイバータイプ

バレないアイテープがいいという方にはファイバータイプのアイテープがおすすめです。ファイバータイプのアイテープは糸のような形状で目立ちにくいです。ただし、ファイバータイプのアイテープはまぶたの幅に合わせて糸を切ったり調整が必要なので、初心者の方は使いづらいかもしれません。

形状で選ぶ

アイテープを選ぶ時は自分が使いやすい種類を選ぶことも大切ですが、アイテープの形状にも気を配りましょう。同じタイプのアイテープでも、製品ごとにテープの形状が違います。半月型や平行型、短めのアイテープなど形状も様々です。自分のまぶたの形に合わせたアイテープを使ってみましょう。

仕上がった時の質感で選ぶ

アイテープを付けた時の仕上がりの質感で選ぶのもおすすめです。アイテープはヌードカラータイプ、ブラウン系タイプ、絆創膏のような質感のタイプなど種類が様々です。アイメイクにどんな色を使うかなども考えて、アイテープがバレない種類を選びましょう。

オフのしやすさで選ぶ

アイテープはメイクの時だけに付けるものなので、オフが簡単なタイプを選ぶのも大切です。アイテープを剥がす時の摩擦や、皮膚が引っ張られることによってまぶたがかぶれたり、たるみやすくなってしまいます。オフしやすく、まぶたに負担がかかりにくいアイテープを選びましょう。

汗・水に強いものを選ぶ

80 件
着用アイテム