除毛クリームの効果的で正しい使い方は?綺麗に根元から仕上げるコツ!

Description
除毛を目的とする商品は数多ありますが、除毛クリームが実はセルフでつるつるのお肌へと仕上げてくれて優秀です。しかし、除毛クリームは意外と間違った使い方をされる事が多いようで上手く除毛出来なかったなどの悩みが見られます。除毛クリームは、使用する場所などによってクリーム自体を選んだり使い方を変える必要があります。除毛クリームの正しく効果的な使い方について詳しく見ていきましょう。

除毛クリームとは?

まずは除毛クリームについて詳しくご説明していきます。除毛クリームとは、アルカリ性の特徴を活かして除毛する為に作られたクリームです。アルカリ性はタンパク質に反応して作用する特徴があり、体毛はタンパク質で構成されているので除毛する事が出来るのです。
セルフで除毛するとなると、一般的には毛抜きで抜いたりカミソリで除毛するものの方が除毛クリームよりも浸透しています。しかし、毛抜きやカミソリでの除毛は肌への負担が大きく、カミソリに関しては毛の断面の面積が広くなる為に毛が太くなったように感じてしまいます。
また、毛抜きで除毛をすると毛穴が開いた状態になってしまい炎症を引き起こしてしまう可能性も高くなります。その結果、毛詰まりや処理した後が赤いぽつぽつとなって残ってしまうのです。その点、除毛クリームは肌への保湿成分なども配合されているので肌への負担が少なく済むのです。
しかし、薬品を使用している為に除毛クリームは正しい使い方をしなければ効果を実感しにくい点も否定は出来ません。正しい使い方さえしていれば、脇などの除毛しづらい部分であっても根元からつるつるが実感する事が出来ます。そこで、まずは基本の使い方を踏まえた上で除毛クリームの効果的な使い方について見ていきましょう。

基本的な除毛クリームの使い方

まずは基本的な除毛クリームの使い方です。一番重要な事ですが、除毛したい部分にいきなり除毛クリームを使用するのではなくしっかりとパッチテストを行いましょう。腕などの目立たない部分に、除毛クリームを少量塗り10分ほど放置した後洗い流し、1日赤みなどの異常が起こらないか確認しておきます。
何も異常が無ければ除毛クリームを使って行きましょう。まずは、脇など除毛したい部分の汗などをしっかりと拭き取ります。その後、付属のヘラなどを使いながら除毛クリームを毛と肌が均一に隠れるように根元から塗って行きます。いきなり大量に塗るのではなく、少量を均一に伸ばしていきましょう。
塗り終わったら、使用した除毛クリームのパッケージに記載されてある放置時間を見て放置します。基本的には、5~10分の物が多いようです。放置し過ぎてしまうと、肌へダメージが大きくなってしまうので注意しましょう。その後、優しく円を描くようにタオルなどで根元から除毛クリームを拭き取った後にぬるま湯で流します。

除毛クリームで根元から効果的に除毛する使い方

さて、基本的な使い方をマスターした所で今度は一番気になる効果的な除毛クリームの使い方について見ていきましょう。除毛クリームは、効果的な使い方のコツを抑えておくだけで根元から処理する事が出来ます。コツごとに詳しく見ていきましょう。

お風呂に入ってから処理するのがコツ!

まずは除毛クリームを使い始める前についてです。除毛クリームを効果的に使用するのであれば、お風呂に入った後がおすすめです。お風呂に入った後は、毛自体も柔らかくなっているので毛の長さがある場所に使用する際でも簡単に除毛クリームを塗る事が出来ます。
また、お風呂に入った後なら毛穴も開いているので根元から除毛する事が出来るようになります。お風呂に入った後に除毛クリームを使用する際には、しっかりと水分を拭き取ってから使用しましょう。水分が残っている状態では、クリームが毛や根元に馴染む事が出来ずにムラになってしまう可能性があります。

剛毛な脇や足などを綺麗にする使い方

さて、脇や足などを処理する際のコツについてです。脇や足などは、わりと毛も丈夫で剛毛と言える場合もあるでしょう。そんな脇や足の毛を綺麗に除毛クリームで処理する為に思いつくのが、除毛クリームを多めに塗り放置時間を長くする事です。しかし、実はこれは間違った使い方なのです。
毛の長さがあったり、毛が太くて丈夫な脇や足を根元から綺麗に処理するにはラップを使います。基本の使い方でご紹介した通り、薄く毛と肌が隠れるように除毛クリームを伸ばしたらラップで根元からクリームが密着するように包み込んでしまいましょう。これで、毛の長さがあっても丈夫な毛であっても、除毛クリームの量を増やさずに均一に覆う事が出来ます。
55 件
着用アイテム