おすすめのプチプラコンシーラー19選!カバー力抜群の安くて優秀なアイテムは?

Description
肌悩みを隠すのにコンシーラーは欠かせませんよね。コンシーラーは毎日使うものだから、できればプチプラ価格で購入したいと考える方も多いのでは?最近ではプチプラコンシーラーでもカバー力抜群で安いものもたくさんあります。種類が多いので逆にどのコンシーラーを選んだらいいのか迷いますよね。ここでは、安くてカバー力のあるコンシーラーのおすすめ19選をご紹介するので、ぜひ参考にしてください!

プチプラコンシーラーを選ぶときのポイント

コンシーラーを選ぶときは、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?プチプラコンシーラーも種類がたくさんあるので、どれを選んだら良いのか悩む方も多いです。コンシーラーは自分の肌悩みに合ったものを選ぶことできれいに肌悩みをカバーすることができますよ。ここでは、コンシーラーの選び方について見ていきましょう。

プチプラコンシーラーにはどんな種類がある?

コンシーラーはシミやニキビなどをカバーしてくれる優れたアイテムですが、いくつか種類があります。コンシーラーの種類としては大きく分けると、スティックタイプ、リキッドタイプ、クリームタイプ、ペンシルタイプなどがあります。
スティックタイプは、カバー力が高いので気になるシミやニキビ跡などをしっかりカバーすることができます。テクスチャーは少し固めで肌にしっかり密着するのが特徴です。ただ、使いすぎには注意でつけ過ぎで厚塗り感にならないようにしましょう。
リキッドタイプは、筆ペンのような形状で水分と油分が混ざったリキッドで肌馴染みが良いのが特徴です。リキッドタイプは伸びがいいので広範囲に使えます。目の下のクマや小鼻周りの赤みが気になる方にもおすすめです。スティックタイプと比べるとカバー力は劣りますが、自然な印象に仕上げたい方におすすめですよ。
クリームタイプは、柔らかい使用感で油分が多いのが特徴です。自然に肌に馴染むのにしっかりカバーしょくがあるので気になる肌悩みを自然にカバーしてくれますよ。クリームタイプは一番油分が多いタイプなので、肌の乾燥が気になる方にもおすすめです。また、伸びも良いので目の下のクマが気になる時にも広範囲に使えるコンシーラーです。
ペンシルタイプは、コンシーラーの中でも一番固めのテクスチャーで、ポイントでカバーしたい方におすすめです。ペンシルの先端が細いので、細かい肌悩みをカバーしたり下まぶたのインラインを描いたりするのにも最適です。ホクロやニキビ跡などのピンポイントでカバーしたい時におすすめのコンシーラーです。

コンシーラー選びのポイント1:タイプで選ぶ

コンシーラーの選び方のポイント1は、タイプで選ぶことです。コンシーラーにはスティックタイプやリキッドタイプなどがあります。それぞれテクスチャーやカバーできる肌悩みも異なるので、自分に合ったタイプを選ぶことが大切ですよ。しっかりカバーしたいのであればスティックタイプがおすすめですし、自然にカバーしたいならリキッドタイプがおすすめです。

コンシーラー選びのポイント2:悩みで選ぶ

コンシーラーの選び方のポイント2は、肌悩みに合わせて選ぶことです。コンシーラーは肌悩みに合った種類を選ぶ必要があります。例えば、ニキビが気になる方であればニキビを悪化させないようにカバーしたいので自然な仕上がりになるリキッドタイプがおすすめです。
ニキビ跡やシミが気になるのであれば肌にしっかりフィットするスティックタイプがおすすめです。他にも、肌の乾燥が気になる、毛穴をカバーしたいなどの肌悩みでも選ぶコンシーラーの種類が変わりますよ。また、肌悩みに特化したコンシーラーなどもあるのでそのコンシーラーがどんな肌悩みをカバーできるのかもチェックすることをおすすめします。

コンシーラー選びのポイント3 :テクスチャーで選ぶ

コンシーラーの選び方のポイント3は、コンシーラーのテクスチャーでも選ぶことができます。毎日使うコスメだからこそ、使用感はとても大切ですよね。コンシーラーも自分に合うテクスチャーを選ぶことでメイクも楽しくなりますよ。油分が多めのリキッドやクリームタイプは伸びが良くて肌馴染みが良いのでおすすめです。

コンシーラー選びのポイント4:肌色に合わせて選ぶ

コンシーラーの選び方のポイント4は、自分の肌色に合わせて選ぶことです。コンシーラーも、ファンデーションのようにいくつか選べる色が展開されている商品も多くあります。肌色に合わないコンシーラーを選ぶとカバーしたい部分だけが変に浮いてしまう可能性もあるので注意しましょう。
また、シミやソバカスが気になる方は地肌のワントーン低めの色を選ぶことでシミを効果的にカバーすることができるのでおすすめです。
164 件
着用アイテム