ストレートアイロンで作るおすすめの前髪!長さ別のアレンジ方法

Description
ストレートアイロンは前髪の癖を直すために必須のアイテムです。前髪のうねりや癖をストレートアイロンで挟めば、サラサラのストレートヘアになります。まっすぐな前髪もいいですが、毎日同じ前髪だとマンネリ化してしまうこともあります。そんな時は、ストレートアイロンを上手に使って、前髪アレンジをしてみましょう。こちらでは、ストレートアイロンを使ったおすすめの前髪アレンジをご紹介します。また、前髪のながさ別に似合う前髪も変わってくるので、ながさ別のおすすめアレンジ方法もチェックしましょう。

ストレートアイロンで前髪のアレンジは出来る!

ストレートアイロンを使えば、髪全体の癖を直したり、まっすぐな前髪をつくることができます。ストレートアイロンは元々まっすぐな前髪をしている人にはあまり馴染みがなかったり、コテは使ったことはあるけれど、ストレートアイロンは必要性を感じないという方もいるかもしれません。こちらでは、ストレートアイロンとはどんなものか、コテとの違いは何かをご紹介します。

ストレートアイロンってどんなもの?

ストレートアイロンとは、熱を持った2つのプレートで前髪を挟んでまっすぐな髪の毛にしてくれるアイテムです。プレートの断面は平らになっているので、前髪をまっすぐにする力が強いです。また、キープ力もあり、1日中サラサラヘアが続きます。最近のストレートアイロンはイオンの出るものや、髪へのダメージを軽減したタイプのものが多く、髪の持つ潤いを奪わずにサラサラなストレートヘアにしてくれます。

コテとは何が違う?

ストレートアイロンとコテはどちらも熱を使って前髪をまっすぐにしたり、くるんとカールをつけて前髪を流すアイテムですが、少し違いがあります。それは、コテではストレートアイロンのように前髪をまっすぐにはできないということです。コテは断面が丸くなっていてカールをつけるための形状をしているので、どうしてもストレートヘアにするのは難しいです。
反対に、ストレートアイロンはアイロンの向きを変えることでくるんとカールをつけたり、アレンジすることが可能です。髪をくるんと巻いたり、前髪を流すこともできるのでストレートアイロンは使い勝手がいいです。コテとストレートアイロンで、使いやすさに違いがあるかもしれませんが、慣れたらストレートアイロンの方がアレンジの幅は広いかもしれません。ストレートアイロンとコテの2WAYアイロンもおすすめです。

ストレートアイロンで前髪をアレンジするメリット

前髪のアレンジはストレートアイロン、コテどちらでもできますが、コテは前髪を流すことはできても、まっすぐな前髪をつくることはできません。特に、前髪がぱっくり割れたり、前髪を上手に流すことができない場合は、コテよりもストレートアイロンの方が前髪アレンジをしやすいかもしれません。こちらでは、ストレートアイロンで前髪アレンジをするメリットをご紹介します。

火傷の心配が少ない

前髪アレンジをする時、コテよりもストレートアイロンの方が火傷の危険性がありません。コテは断面全てが熱を持ちますが、ストレートアイロンは前髪を挟む内側のプレートのみ熱を持つので短い前髪を挟む時も安心です。反対にコテで前髪アレンジをすると、火傷の危険性を回避するために肌から離してしまうので変に前髪が浮いてしまったり、くるんとしたカールがつきすぎてしまうこともあります。

カールも短時間でつく

ストレートアイロンの前髪アレンジは短時間で行えることもメリットのひとつです。忙しい朝でも、ストレートアイロンがあれば、前髪の癖をサッと直してまっすぐにしたり、斜めに流すこともできます。ストレートアイロンのプレートで挟む時間は10秒程度でいいので、前髪全体にストレートアイロンをかけたとしても、簡単なアレンジであれば5分もかかりません。
顔の印象は顔周りの髪の毛が左右するので、時間がない日でも前髪だけはストレートアイロンでアレンジすれば、あとはポニーテールやくるりんぱ、シニヨンなどの簡単なまとめ髪でおしゃれな髪形に見せることができます。ストレートアイロンの前髪アレンジをマスターして、時短で髪のセットができるようにしましょう。

小さいサイズの商品もある

ストレートアイロンの前髪アレンジのメリットは小さいサイズ、前髪専用のアイロンがあることです。前髪専用のストレートアイロンはプレートが細くなっているので前髪を挟みやすく、アレンジもしやすくなっています。小さいサイズのストレートアイロンはコードレスタイプもあり、持ち運びも便利です。梅雨の時期などは前髪が崩れやすくなるので、小さなサイズのストレートアイロンを持っていると便利です。

上手く前髪をアレンジするポイント

ストレートアイロンは上手に使えば、まっすぐな前髪だけでなく、前髪をくるんとカールさせてかき上げたり、斜めに流す前髪を作ることもできます。ストレートアイロンで前髪アレンジが上手にできない人はカクカクした前髪になってしまうことが多いので、正しい使い方を覚えましょう。こちらでは、ストレートアイロンで前髪を上手くアレンジする方法をチェックしましょう。

前髪の乾かし方が重要

Hairdressing Blow-Dry Stylist · Free photo on Pixabay (106588)

80 件
着用アイテム