結婚式のお呼ばれメイクにふさわしいのは?失敗しないコツやポイントは?

Description
結婚式にお呼ばれした時はメイクによって印象が変わります。どんなに素敵なドレスを着ていても、メイクがパッとしなければ野暮ったく見えてしまうからです。こちらでは、結婚式におすすめのお呼ばれセルフメイクのコツ、一重の女性のアイシャドウのポイントをご紹介します。年代別のナチュラルだけど華やかなお呼ばれセルフメイクをマスターして綺麗な姿で結婚式に参列しましょう。また、お呼ばれメイクにおすすめのプチプラコスメもチェックしましょう。

結婚式のお呼ばれにふさわしいメイクとは?

Marriage Celebration People · Free photo on Pixabay (74593)

結婚式と言えば華やかな場なので、ドレスやワンピースを着てメイクや髪型もその場に合わせる必要があります。華やかな場へのお呼ばれメイクは普段用のメイクとは少し違うメイクにするように意識しましょう。ただし、華やかさを履き違えると派手過ぎて、品のないメイクになってしまうので注意が必要です。
また、年代別でお呼ばれメイクも少し変わってきます。年代別のメイクに対応できず、若すぎるメイクや老けすぎなメイクにならないように気をつけましょう。こちらでは、結婚式のお呼ばれセルフメイクとはどんなメイクかをチェックしましょう。

ポイントはナチュラルかつ華やかであること

結婚式のお呼ばれメイクは派手にすればいいというものではありません。ナチュラルかつ華やかに見せるメイクにするようにしましょう。ラメの入ったアイシャドウやつけまつ毛は派手なメイクにはなりますが、品がないメイクにもなりやすいので難しいです。大人の女性の魅力を引き出すためには、ナチュラルにまとめるようにしましょう。アイシャドウやリップの色選びも大切です。

失敗しないコツはベースメイクにあり

結婚式のお呼ばれセルフメイクを失敗しないためには、ベースメイクがポイントになります。透明感のある美しい肌をつくることでナチュラルな上品さを引き出すことができます。肌が綺麗な女性というのは、それだけで美しく見えます。もちろん色味のあるアイシャドウやリップ、チークなども女性を美しく見せますが、ベースメイクが綺麗に仕上がっていないと台無しになります。
年代別で考え方は多少変わりますが、女性はアイメイクを重視しがちです。若い女性はそれでもいいかもしれませんが、年代別によって肌の状態は変わり、メイクにはテクニックが必要になります。一番大切なのは土台のベースメイクです。若い女性であっても、より肌を美しく見せるベースメイクのやり方を覚えましょう。

結婚式のお呼ばれセルフメイクの方法【ベースメイク編】

Based Texture Black Background · Free photo on Pixabay (72763)

結婚式のお呼ばれセルフメイクには、ナチュラルなツヤ肌がポイントになります。綺麗な肌をつくるためにはベースメイクをきちんとしておく必要があります。こちらでは、結婚式のお呼ばれセルフメイクをするためのベースメイクのやり方をチェックしましょう。

崩れないように入念にすること

Cosmetics Makeover Foundation · Free photo on Pixabay (72764)

結婚式は披露宴、二次会と参加すると長時間になるので、なるべく化粧崩れしないようにしたいものです。結婚式のお呼ばれメイクは、崩れないように入念にベースメイクをつくることがポイントです。化粧崩れを防ぐためには、まずはスキンケアで肌を整える必要があります。洗顔、化粧水、乳液、クリームなどのスキンケアをきちんとしましょう。
乳液やクリームは優しくマッサージするように塗ると、むくみが取れてスッキリとした顔になります。脂性肌の人は洗顔だけでなく、クレンジングをするのもおすすめです。肌に赤みがある人はコントロールカラーで肌の色を整えましょう。血色がよくナチュラルに見えるのはピンク系の化粧下地です。スッとのびて肌馴染みのいいものを選びましょう。クマやニキビ、シミなどはコンシーラーでしっかりカバーしましょう。
ファンデーションは密着性の高いリキッドファンデーションやクリームタイプのものがおすすめです。セミマットな肌をつくることで、ツヤ感が出やすいです。ファンデーションを塗り終わったら、最後はルースパウダーで仕上げましょう。小粒パールの入ったパウダーで仕上げれば、品のいい華やかな肌を作ることができます。

ナチュラルすぎると写真映えしない

Camera Vintage Retro · Free photo on Pixabay (72768)

結婚式のお呼ばれセルフメイクは派手すぎると品がありませんが、ナチュラルすぎると写真映えしません。色味を抑えすぎたり、ファンデーションを薄くしすぎると、なんとなく貧相な仕上がりに見えてしまうのです。写真を見た時に自分だけ浮いている場合もあります。
結婚式という場ではみんな華やかにしてくるので、ナチュラルすぎるメイクは悪目立ちしてしまいます。パール感のあるファンデーションを使うことで華やかにできるので、お呼ばれメイクらしいスタイルを目指しましょう。

結婚式のお呼ばれセルフメイクの方法【目元編】

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (72770)

結婚式のお呼ばれセルフメイクは年代別で少し変わってきますが、どんな年代でも目元のメイクはなるべく華やかなほうがいいです。特にアイシャドウの色選びは大切です。また、結婚式は感動して泣いてしまうこともあります。泣いてメイクが崩れてしまうこともあるかもしれません。涙でメイク崩れしないようにするためのおすすめメイクをご紹介します。一重や二重で違うアイメイクもチェックしていきましょう。

アイシャドウは明るめに

結婚式のお呼ばれセルフメイクのアイシャドウは明るく華やかな色を選びましょう。ピンク系やブラウン、ゴールド系のアイシャドウがおすすめです。4色パレットになっているようなグラデーションアイシャドウを使えば、立体感のある目元を簡単につくることができます。グラデーションをつくるには、アイホール全体にアイシャドウの一番淡い色をのせます。この時、ブラシでアイシャドウをのせるとツヤが出やすいです。
一重の人はアイシャドウを幅広にいれましょう。次に瞼のラインまで少し濃い色をのせます。最後に、一番濃い締めの色のアイシャドウを睫毛のラインにそってのせていきましょう。一重の人は少し太めに濃い色をのせてもいいでしょう。年代別になりますが、涙袋に淡いアイシャドウをのせても可愛いです。パール感のあるアイシャドウを使うことで上品で華やかな目元をつくることができます。
66 件
着用アイテム