大人の抜け感ヘアカラーはアッシュグレー!トレンドヘアはどう作る?

Description
ヘアカラーの髪色にお悩みの方におすすめなのが、アッシュグレーです。アッシュグレーは人気色のアッシュと透明感を出しやすいグレーを混ぜた色で、アッシュグレーでヘアカラーをすると大人っぽい抜け感を出すことが出来ます。暗めのアッシュグレーは上品な印象に、明るめのアッシュグレーは大人フェミニンな印象を作るのにぴったりです。こちらでは、アッシュグレーの色見本と市販の製品を使ってセルフでアッシュグレーを作る方法をご紹介します。

抜け感ヘアカラー「アッシュグレー」の作り方!

大人っぽい抜け感を出すのに人気のアッシュやグレーカラーですが、いつもは違う色にヘアカラーしている方にはピンとこない色かもしれません。こちらでは、抜け感や透明感が出るアッシュグレーがどんなヘアカラーなのかをご紹介します。また、アッシュグレー同様に透明感を出しやすいヘアカラーである、グレージュとの違いもチェックしていきましょう。

アッシュグレーとは?

アッシュグレーは、寒色系のアッシュとくすみを出しやすいグレーを混ぜた色のことを指します。アッシュグレーでヘアカラーすると日本人に多い髪の赤みを抑えることが出来るので、髪に透明感を出しやすく、外国人風の柔らかい髪色に仕上がります。ブリーチなしの暗めのアッシュグレーでも、髪色は抑えたまま透明感やツヤ感だけアップすることが出来るので、美人度がアップします。

アッシュグレーとグレージュ の違い

アッシュグレーとグレージュは同じグレー系のヘアカラーなので、色味の違いが難しいかもしれません。アッシュグレーもグレージュも単色ではなく色を混ぜて作っているので、必ずしもこの色味というものはありませんが、アッシュグレーとグレージュを比較すると、アッシュグレーの方が透明感が強いヘアカラーです。
グレージュはグレーとベージュを混ぜた色なので、ベージュの黄みがかった暖かみのある色が少し出ますが、アッシュグレーは寒色同士を混ぜた色なので、より透明感がアップする色です。グレージュでもグレーを多めで作ったヘアカラー剤であれば、黄みが強く出ません。
同じアッシュグレー、グレージュでもヘアカラー剤の比率や、髪質によって仕上がりが変わってきます。自分の理想のアッシュグレー、グレージュにしたい時には、美容師さんとのカウンセリングで自分の好みの髪色をしっかり伝えるようにするとヘアカラーで失敗することがありません。

セルフでアッシュグレーを作る方法

ヘアカラーをセルフで行う方もいると思いますが、セルフでヘアカラーするのであれば、しっかりとやり方を覚えましょう。こちらでは、セルフでアッシュグレーの髪色に仕上げる方法をご紹介します。セルフにおすすめのヘアカラー剤もチェックしましょう。

染髪前にブリーチでメラニン色素を落とす

Shower Douche Bathroom · Free photo on Pixabay (160342)

暗めのアッシュグレーやグレージュでツヤ感や透明感をアップさせたい時はブリーチなしのヘアカラーで問題ないのですが、明るめのアッシュグレーで外国人風の透明感が強い髪色にしたい時はブリーチが必要です。日本人の髪は黒、茶、赤、黄などのメラニン色素を持っているため、この色素を薄くしないと綺麗なグレーが入らないのです。明るめのグレーカラーにしたい時はヘアカラー前にブリーチをしましょう。

市販のヘアカラー剤の種類を選ぶ

セルフでブリーチをしたら、次はいよいよヘアカラーです。市販のヘアカラー剤で一番多いのは、アルカリカラーです。他の市販のヘアカラー剤には、マニキュアやカラートリートメントと言ったものがあります。それぞれのメリット、デメリットをチェックして、自分に合ったセルフヘアカラーをしていきましょう。

染め方①アルカリカラーの場合

市販のヘアカラー剤で一般的なアルカリカラーは、セルフでも使いやすいとされています。カラーも豊富で、グレーやアッシュ、モノトーンなどの名前が書かれた市販のヘアカラー剤を使うのがおすすめ。アルカリカラーは塗るタイプや泡タイプなどがあり、セルフでも簡単に染めることが出来るのですが、ブリーチの段階でムラが出来てしまうと色の入り方にもムラが出来てしまうので注意しましょう。

染め方②マニキュアの場合

市販のカラー剤でセルフで染めても綺麗な発色を出しやすいのはマニキュアです。マニキュアはブリーチのムラの影響も受けにくく、綺麗にアッシュグレーの色が入ります。色は、グレーよりもクリアを使って調整するのがおすすめ。デメリットは、手や頭皮にも色が付きやすいので、セルフで染める時は手袋を用意したりと注意が必要な点です。

染め方③カラートリートメント

髪へのダメージを軽減することが出来る市販のヘアカラー剤は、カラートリートメントです。トリートメントの成分が多いので髪に優しく、セルフでも簡単にヘアカラー出来ます。マニキュアと違って手や頭皮にも付かないので安心して使うことが出来ます。ただし、アルカリカラーやマニキュアよりは、発色が弱いです。
86 件
着用アイテム