コンシーラーでカバー力が抜群のおすすめは?肌のお悩み別に使い方も紹介

Description
カバー力が高いコンシーラーは、メイクをする際にシミやクマなどのお悩みを解消してくれるおすすめアイテムです。肌のお悩み別に、コンシーラーの選び方や使い方も変わってくると言われています。カバー力が最強なプチプラのおすすめコンシーラーや、ニキビ跡やシミ・クマのカバー力が高いおすすめコンシーラーなど幅広い種類が発売されているようです。毎日のメイクにマストアイテムとなるコンシーラーのおすすめランキングやメイク法など、たっぷりとご紹介して行きます。

コンシーラーで肌の悩み解消!選び方とおすすめを紹介

コンシーラーは、メイクで肌の悩みを解消してくれるアイテムであり、カバー力についても肌の悩みに寄って選び方が変わってくるようです。また、コンシーラーは種類や機能も商品に寄って違う為、コンシーラーに求める効果やメリットなども予め知っておくと使いやすいと言われています。そんなカバー力が高いコンシーラーのおすすめランキングをご紹介する前に、コンシーラーの選び方から早速見て行きましょう。

コンシーラーのメリットは?

コンシーラーには、リキッドやクリームタイプとスティックタイプがあり、カバー力もそれぞれ違ってくるようです。コンシーラーは、シミやクマなど肌のお悩みをカバーしてくれて、ファンデーションの塗り過ぎを防ぎ、自然なベースメイクに仕上げてくれるメリットがあると言われています。

コンシーラーとコントロールカラーの違いは?

コンシーラーとコントロールカラーは、両方シミやくすみなどを飛ばす効果があると言われていますが、違いは何か気になる人も多いです。コンシーラーは、シミやくまなどの悩みのカバーに効果的で、カバー力も強いです。コントロールカラーは、ツヤ感や透明感をアップさせて、肌の赤みが気になる人に向いているようです。

選び方①:カバー力・シミやクマを隠したい人には?

カバー力重視でコンシーラーを選ぶ時には、肌のお悩み別に選び方も変わってくるようです。シミやクマを隠したい人には、リキッドとスティックタイプのコンシーラーがおすすめされています。シミが気になる人は、ピンポイントで使用出来るスティックタイプのコンシーラーを選ぶのがポイントです。クマを隠したい人には、リキッドタイプのカバー力が高いコンシーラーで肌にフィットさせながらベースメイクを作って行くのがポイントと言われています。

選び方②:カバー力・ニキビ跡を隠したい人には?

ニキビ跡を隠したい人は、コンシーラーを選ぶ時に配合されている成分のチェックに注意しながら選ぶのがポイントと言われています。ニキビ跡が気になる人は、大人ニキビの炎症がある場合もあります。その為、ニキビ跡をカバーする為のコンシーラー選びは、無添加のコンシーラーを選ぶのがポイントとなってくるようです。

選び方③:カバー力・肌の赤みを抑えたい人には?

肌の赤みを抑える為に、カバー力の高いコンシーラーを選ぶ場合にはリキッドタイプがおすすめされています。また、クリームタイプのツヤ感溢れる仕上がりのコンシーラーも赤みをカバーしやすいそうです。肌の赤みが気になる人は、コンシーラーだけでなく化粧下地選びにも気を付けたほうがいいようです。肌の赤みは、グリーンの化粧下地を使用する事で抑えやすくなるので、リキッドタイプのコンシーラーと化粧下地を合わせて使用すると効果アップとなるでしょう。

選び方④:肌に合った色を選ぶ

コンシーラーには数色で展開している商品もあります。肌に合った色のコンシーラーを選ぶのも、大切な選び方ポイントとなるようです。簡単なコンシーラーの色選びは、ご愛用中のファンデーションの色よりもワントーン明るい色のコンシーラーを選ぶと肌にマッチしやすいと言われています。

選び方⑤:保湿力の高いものを選ぶ

乾燥肌には、保湿力の高いコンシーラーを選ぶのも大切なポイントと言われています。保湿力の高いコンシーラーなら、カバー力だけでなく、メイクをしながら肌が潤うメリットもあるのでおすすめです。コンシーラーを使うと肌がカサついてしまう場合も、保湿力の高いコンシーラーを使う事で滑らかな潤うベースメイクに仕上がるでしょう。

選び方⑥:キープ力があるものを選ぶ

肌の悩みをコンシーラーでカバーしたら、長時間キープ力も高いコンシーラーを選びたいですよね。コンシーラーで肌の悩みを隠している部分が、ヨレてしまって不自然になってしまうのを避ける為にも、キープ力があるコンシーラー選びも大切です。

選び方⑦:コンシーラーのタイプで選ぶ

コンシーラーにはタイプも数種類あるので、タイプで選ぶのも選び方ポイントとなるでしょう。自然な仕上がりにするなら、クリームタイプのコンシーラーがおすすめされています。1ヶ所のみシミが気になる部分にコンシーラーを使いたい場合は、ペンシルタイプがカバーしやすいそうです。
131 件
着用アイテム