リキッドファンデーションの塗り方!崩れず憧れの美肌をキープする方法!

Description
きれいな肌を作るのに不可欠なアイテムといえばリキッドファンデーションですが、リキッドファンデーションは塗り方ひとつで崩れにくい美肌を作れることを知っていますか?スポンジやブラシなどのアイテムの使い方や下地の塗り方、ちょっとしたテクニックなどでリキッドファンデーションはもっとあなたの肌をきれいに見せてくれます。そこで今回は時間が経ても崩れにくいリキッドファンデーションの塗り方を解説します。

リキッドファンデーションで憧れの肌はつくれる♡

女性のあこがれの肌といえば白くて透明感があって、毛穴の目立たないまるで陶器のような肌ではないでしょうか。そんな女性が憧れる毛穴のない美しい肌はメイクで作ることができます。そこで役立つアイテムがリキッドファンデーションです。ファンデーションの中でもリキッドファンデーションはプロのメイクの方が好んで使うファンデーションですが、最近ではリキッドファンデーションのほうが肌がきれいに見せられるとして一般の女性にも人気を集めているそうです。リキッドファンデーションの魅力とはどのようなものなのでしょうか。

リキッドファンデーションの魅力とは?

Based Texture Black Background · Free photo on Pixabay (83055)

リキッドファンデーションの魅力は、簡単に透明感のある素肌を作ることができるところです。ファンデーションというとパウダータイプのものが一般的ですが、最近ではリキッドファンデーションの方が毛穴のないつるんとしたきれいな肌が作れるとして注目を集めています。リキッドファンデーションはパウダータイプのファンデーションと比較して、肌への密着感が高いためきちんと正しい塗り方をすれば、簡単に素肌のように自然なのにしっかり悩みをカバーしたメイク肌を作ることができるのです。
また、リキッドファンデーションには油分が含まれているので肌が乾燥しがちな方も使いやすいと評判です。冬場は特に乾燥が気になる方がパウダータイプのファンデーションを使用すると白く粉っぽく浮いてしまうことがあるのですが、リキッドファンデーションならこのような粉っぽさがなく、ナチュラルなきれいな肌に見せることができます。

毛穴やくすみをカバーして透明感のある肌が簡単に

リキッドファンデーションは油分を多く含むクリーム状になっているファンデーションのことです。まるでクリームや化粧下地のようによく伸びるので、指やスポンジで伸ばして肌につけて使用することができます。リキッドファンデーションは、パウダータイプのファンデーションと比較して肌になじみやすいのが特徴です。
リキッドファンデーションは肌になじみやすいため、化粧ノリが良く毛穴やくすみなど肌の気になる悩みをカバーしやすく、きれいで透明感のある肌を簡単に作ることができるのがメリットです。またしっかり正しい塗り方をしていれば、メイク崩れもしにくいと考えられています。

塗り方次第で好みの仕上がりに

また、リキッドファンデーションは塗り方次第で仕上がりに変化を付けることができます。指や手で薄めにリキッドファンデーションを伸ばして塗れば、素肌のような自然な仕上がりになりますし、しっかりスポンジなどで肌に塗りこめば毛穴のない陶器のようなしっかりベースメイク肌を作ることができます。同じリキッドファンデーションを使用していても異なる質感に仕上げることができるのはとても魅力的です。また、合わせて使用するアイテムによっても仕上がりの変化を楽しむことのできるアイテムとなっています。

リキッドファンデーションの種類と選び方

きれいな肌を簡単に作ることができるリキッドファンデーションですが、リキッドファンデーションは様々な化粧品メーカーから販売されているため、どのリキッドファンデーションを選べばよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。リキッドファンデーションには、その成分や美肌効果によっていくつかの種類があります。また、メーカーによって使用感や選び方も異なります。ここからはリキッドファンデーションの主な種類やリキッドファンデーションの選び方について解説していきたいと思います。

水分が多めで軽めのテクスチャー

リキッドファンデーションには大きく分けて2つの種類があります。まず一つ目は水分が多めに含まれている軽いテクスチャーが特徴のリキッドファンデーションです。この軽めのテクスチャーのリキッドファンデーションは化粧水をベースに作られることが多く、リキッドなのにべたつきにくいとしてオイリー肌の方に人気があります。仕上がりはつやっぽいイメージになります。
軽いテクスチャーなので薄く塗ることが簡単にできます。スポンジを使わなくても指先や手だけでもムラになりにくく塗りやすいでしょう。ただし、汗や皮脂で落ちやすいので、夏場はメイク崩れ対策が特に重要になりますし、メイク直しも回数が増えることもあります。

油分が多めで重めのテクスチャー

続いてご紹介するのは重めのテクスチャーのリキッドファンデーションです。油分が多めにできていて、毛穴やくすみなど気になる部分をしっかりカバーしてくれる効果があります。すっぴんっぽい仕上がりというよりはしっかりメイクをしているという仕上がりになります。肌質によってはべたつきを感じやすいかもしれません。
重めのテクスチャーなので薄く伸ばすのにコツが必要になりますし、指や手で広げるとムラになりやすいためスポンジや専用のブラシなどを使うことがおすすめです。乾燥しにくいので、もともと肌が乾きやすい方や冬場にもおすすめのリキッドファンデーションです。

フェイスラインで肌色に合うかチェック

Pulse Hand Health Care Providers · Free photo on Pixabay (83085)

リキッドファンデーションにはテクスチャーによって大きく2つの種類があることがわかりました。まずはどちらのテクスチャーのファンデーションが自分に合うのか選びましょう。その次にリキッドファンデーション選びで重要になるのが、肌色に合う色の選び方です。
リキッドファンデーションの色を選ぶときにはフェイスラインで色を確認します。顔のほほの部分などでリキッドファンデーションの色を選んでしまう人も多いようですが、それだと仕上がりが不自然になってしまうこともあるようです。リキッドファンデーションの色を選ぶ時は、できればお店のスタッフに選んでもらうと良いでしょう。

サンプルで試してみる

使用感やテクスチャーでのリキッドファンデーション選びができたら、実際に購入する前にできればサンプルを試してみることをおすすめします。リキッドファンデーションはメイクのベースとなるので、実際に使用してみて使用感や肌の見え方などを試してみるとより自分に合うリキッドファンデーションを選ぶことができます。
120 件
着用アイテム