ボディソープおすすめ67選!保湿や香り・無添加など種類別に紹介!

Description
おすすめボディソープをご紹介!ボディソープを「なんとなく」で選んでいませんか?香りや洗い上がりで選ぶ方が多いでしょうが、お風呂上がりに念入りなボディケアが必要なのは、ボディソープが合っていない事が原因かもしれません。市販のボディソープでも乾燥肌やニキビ等、肌の悩みや肌トラブルに合わせた選び方をする事で、自分に合ったボディソープを見つける事が出来ます。そこで、香りや保湿力、無添加といったテーマで67種類のおすすめボディソープをご紹介します。

いい香りや保湿力抜群の人気ボディソープを紹介

普段、市販のボディソープを使っている時に「なんだか肌に合わないな」と感じる事は無いでしょうか。それは、保湿性が足りなかったり乾燥肌やニキビ等、肌トラブルの印かも知れません。また、「違う香りにしたい」「無添加のボディソープに変えたい」といった事で、新しいボディソープを探している方もいらっしゃるでしょう。そんな時におすすめのボディソープやボディソープの選び方をご紹介します。

ボディソープとボディシャンプーの違いは?

ボディソープの基礎知識についておさらいしておきましょう。ボディソープという呼び方が一般的ですが、種類によっては「ボディシャンプー」と呼ばれる事もあります。この2つに明確な違いは無いようですが、メーカーによっては成分の違いを表す為に使い分ける事があるようです。そのせいかボディシャンプーは、体を洗うだけではなく「洗髪や洗顔も行える」と謳っている商品も少なくありません。

ボディソープの選び方

おすすめのボディソープをご紹介する前に、まずは、ボディソープの選び方をご説明していきます。ボディソープは「香り」で選ぶという方も少なくないでしょう。ですが、より自分に合うボディソープの選び方では、「肌質や洗い上がり」といったポイントに注目する必要があります。特に、敏感肌や体のニキビでお悩みの方は、これらの選び方のポイントが重要になってきます。

理想の洗い上りで選ぶ

選び方のポイントその①は「理想の洗い上がり」を決める事です。ボディソープは大きく分けて、さっぱり系としっとり系の2種類があります。同じさっぱり系でも、洗い上がりがサラッとしている物から爽快感のある物といった違いがあり、しっとり系も肌触りがしっとりしている物から乾燥肌に有効な物まで様々です。その為、理想の洗い上がりを想像する事は、ボディソープの選び方の第一歩です。

泡質の良いものを選ぶ

Foam Background Texture - Free photo on Pixabay (181655)

選び方のポイントその②は「泡質の良さ」です。洗顔フォームと同じように、ボディソープもきめ細かい濃密な泡を作れる物がおすすめです。しかし、無添加のボディソープの場合は、泡を作る元となる「界面活性剤」が含まれていない物もあり、その場合は泡質の良さや泡立ちの良さはあまり期待出来ません。その為、「泡質」と一口に言っても、濃密泡を選ぶか肌に負担の少ない泡を選ぶかといった違いがあります。

悩み・肌質にあった種類を選ぶ

選び方のポイントその③は「肌質や肌のお悩み」です。敏感肌や乾燥肌といった肌質だけでは無く、体のニキビに悩んでいる方や体臭に悩んでいる方は、そのお悩みに合わせたボディソープ選びが重要になってきます。ここからは、具体的にそれぞれの肌質やお悩みに合わせたボディソープの選び方やその理由を解説していきます。

①乾燥肌の人

まず、乾燥肌の方には「保湿力の高いしっとり系のボディソープ」と「無添加のボディソープ」の2種類がおすすめです。秋から冬にかけて多くなる季節性乾燥肌の方には、保湿成分の含まれたボディソープで肌を保護してあげるのがおすすめです。一方、痒みが出る程の重度の乾燥肌の方は、肌の皮脂やバリア機能を必要以上に落としてしまわない為に、肌に優しい無添加のボディソープを使うと良いでしょう。

②ニキビ肌の人

次に、ニキビ肌の方におすすめのボディソープは「殺菌成分の入ったボディソープ」や「洗浄力の高いボディソープ」がおすすめです。ニキビを改善する為には、原因となる菌に対処する選び方と餌となる皮脂を除去する選び方の2種類があります。ただ、どちらのボディソープも肌質によっては強い刺激となるので、ボディソープの選び方だけではなくボディケアにも気を付ける必要があります。

③敏感肌の人

Soap Heart Pink - Free photo on Pixabay (181638)

敏感肌の方には「無添加のボディソープ」や「ボディシャンプー・石鹸」がおすすめです。無添加のボディソープは、肌の刺激となる香料や添加物を使用していないボディソープです。また、ボディシャンプーや石鹸も同じように香料や添加物が少ない為、ボディソープよりも肌に優しい洗い上がりになります。香料が入っていなくても、精油等の香りを楽しむ事が出来るボディソープもあります。

④体臭が気になる人

Perfume Bottle Fragrance - Free photo on Pixabay (181636)

体臭が気になる方には「柿渋入りのボディソープ」や「洗浄力の高いボディソープ」がおすすめです。柿渋入りのボディソープは、匂いの原因となる菌にアプローチする事で気になる体臭を抑える作用があります。その為、年齢と共に体臭が気になってきたという方におすすめです。一方、汗の匂いが気になる方は皮脂の分泌が多いという事なので、洗浄力の高いボディソープで皮脂を落とすのがおすすめです。
254 件
着用アイテム