メイクには絶対ハイライトを取り入れよう!ツヤ肌や小顔になれる入れ方&使い方!

Description
丸顔や面長でも立体感のある顔立ちを作れる、おすすめのハイライトメイクをまとめました。効果的に顔に立体感を出したい場合は、ハイライトの入れ方や使い方を工夫したメイクをするのがおすすめ。ハイライトの入れ方の順番など、基本的な使い方を把握しておけば日々のメイクに役立てる事が出来ます。効果的に立体感を出せるメイクにおすすめの人気ハイライトも含めて、チェックしていきましょう。

小顔×ツヤ肌に!ハイライトメイクの入れ方を紹介

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (160964)

「立体感のある小顔になりたい!」という場合におすすめなのが、ハイライトメイク。いつものメイクにハイライトを入れるだけで、立体感やツヤ感を与えられると言われています。ハイライトがメイクに入っているかいないかによって全体の印象も変わってくるので、メイクにこだわりたい場合はハイライトを入れてメイクを楽しんでみませんか?ナチュラルにハイライトをメイクに使うには、入れ方や使い方の順番を把握しておく事が大切。基本的な入れ方・使い方を覚えて、メイクをハイライトに活用してみましょう。
今回は、ハイライトメイクの使い方の順番や入れ方についてまとめました。ハイライトを効果的に使う為には、立体感が出る入れ方をしてメイクする事が大切になります。ハイライトの入れ方や使い方が間違っていると、不自然なメイクになってしまう可能性があるので気をつけてください。ハイライトの入れ方や使い方だけでなく、おすすめしたい人気のハイライトについてもご紹介します。使いやすく、丸顔や面長も立体感のある小顔になれると評判の人気のハイライトをメイクに役立ててみてはいかがですか。

ハイライトメイクとは?

Woman Portrait Face · Free photo on Pixabay (160965)

そもそも、ハイライトとはどういったメイク方法なのでしょうか。ハイライトとは、肌よりもトーンの明るい色をポイント毎に入れる使い方によって、顔に立体感を与えるメイク方法の事を指します。ファンデーションなどのベースメイクの最後の順番で取り入れる事がほとんどです。肌に効果的にハイライトを入れれば、ナチュラルなツヤ感と立体感を出す事が出来るのが魅力。顔が平坦に見えてしまうがちな場合も、ハイライトを上手に使ったメイクを取り入れる事で理想の顔立ちに仕上げやすくなります。
ハイライトは丸顔や面長など、顔のコンプレックスをカバーしやすいメイク方法でもあります。ハイライトの入れ方や使い方を工夫する事で、丸顔や面長といった顔立ちのコンプレックスも立体感のある小顔に見せやすくなるのが嬉しいポイント。「面長が気になる」「丸顔がコンプレックス」といった場合も、効果的な使い方の順番を覚えてハイライトを活用してみませんか?

シェーディングとの違いは?

Make Up Brush Makeup · Free photo on Pixabay (160966)

ハイライトと同じようなメイク方法としてシェーディングがあります。ハイライトとシェーディングの違いは、色のトーン。ハイライトは肌よりも明るい色を使ってツヤと立体感を出しますが、シェーディングは肌よりも暗い色を使って影を作るのが特徴になります。シェーディングで影を作る事で、フェイスラインを引き締めて見せるのがメイク方法のポイント。使用する順番はハイライトと同じようにベースメイクの最後になりますが、それぞれ効果が異なるので使い方を間違えないようにしましょう。
本来シェーディングを入れるべき箇所にハイライトを入れると、顔が膨張して見えてしまう可能性があるので入れ方には注意が必要。入れ方の順番や使い方を覚えてハイライトとシェーディングを併用すれば、更に顔の立体感を出しやすくなります。ハイライトを使う時はシェーディングも取り入れてメイクを楽しんでみませんか?ナチュラルにハイライト&シェーディングを入れるだけで、理想の顔立ちに近づきやすくなります。

ハイライトメイクの効果

Face Girl Close-Up · Free photo on Pixabay (160969)

人気を集めているハイライトメイクですが、具体的にはどういった効果を期待する事が出来るのでしょうか。ハイライトや入れ方や使い方によって様々な効果を引き出す事が出来るので、理想の顔立ちに仕上げたい時は活用してみるのがおすすめです。普段のメイクに物足りなさを感じている場合は、ハイライトを入れてワンランク上のメイクを楽しんでみましょう。どのような顔立ちになりたいかを考えながら、効果的なハイライトメイクの入れ方や使い方の順番を工夫してみてください。

目元に立体感を出す

People Woman Girl · Free photo on Pixabay (160970)

ハイライトの効果としてまず挙げられるのが、目元に立体感を与える事が出来るという点です。ハイライトを入れてツヤをプラスすると、目元の立体感がアップするのが魅力。下瞼など、目の周辺にハイライトを使う入れ方によって立体感が増します。顔がのっぺりとして見えがちな時などは、目元にハイライトを入れて立体感を出していきましょう。全体的に立体感が出ると目元をパッチリと見せやすくなるので、アイメイクにこだわりたい時もハイライトをメイクに取り入れる方法がおすすめです。

鼻を高く見せる

Girl Lavender Flowers · Free photo on Pixabay (160971)

ハイライトメイクには鼻を高く見せる効果があるのも人気の理由です。鼻筋などにハイライトを入れると立体感が出て、鼻が高くなったように見せられるのが嬉しいポイント。「もうちょっと鼻を高く見せたいな」という場合は、普段のメイクにハイライトを加えてみましょう。少しハイライトを入れるだけでも立体感が増して高く魅力的な鼻に見せやすくなります。
鼻を高く見せたい時は、ハイライトだけでなくシェーディングも活用して影も作ると立体感がアップ。入れ方や使い方の順番にこだわって、ハイライトとシェーディングを併用してみてください。

クマが目立たなくなる

Portrait Woman Girl Beautiful · Free photo on Pixabay (160973)

ハイライトは、クマを目立たなくさせたい時にもおすすめのメイク方法です。クマが目立ってしまう場合、下瞼にハイライトを軽く乗せる入れ方でメイクしてみましょう。ハイライトを少し入れるだけでも目元が明るくなり、クマをカバーしやすくなります。目元にハイライトを入れればクマだけでなくくすみも隠しやすくなるので、全体的に若々しい雰囲気に。
クマをしっかりと消したい場合は、コンシーラーとハイライトを使うのがおすすめです。コンシーラーを使う順番はファンデーションの前。コンシーラーでクマを隠し、ファンデーションを塗ってからハイライトを入れるという順番でメイクをしてみましょう。コンシーラーとハイライトでクマをカバーすれば、厚塗りにならずにパッと明るい目元に仕上げやすくなります。

肌のツヤ感を演出

Portrait Woman Girl · Free photo on Pixabay (160975)

ハイライトメイクは立体感を出すだけでなく、肌にツヤ感を出してくれるのも人気を集めている理由です。肌よりもワントーン明るいハイライトを使う事で、ツヤっとした印象を与える事が出来るようになるので、人気のツヤ肌メイクに仕上げたい時にもハイライトを使うメイク方法がおすすめ。肌にツヤ感が足りない時は、さりげなくハイライトを入れて明るく華やかなメイクに仕上げてみてはいかがですか。頰や顎など、ポイント毎にツヤをつけて素敵なメイクにしていきましょう。

小顔に見せる

113 件
着用アイテム