スカーフコーデで周りと差をつける!大人女子にぴったりなおしゃれアレンジ術!

Description
春夏秋冬使えるスカーフのおしゃれなコーデや巻き方アレンジをまとめました。首や腰など、コーデのおしゃれなアクセントとして使えるスカーフは選び方も大切。自分にぴったりなおしゃれな巻き方を取り入れて、スカーフコーデを春夏秋冬通して楽しんでみませんか?アレンジを加えれば首や腰など、色々な所のアクセントとしてスカーフコーデを楽しむ事が出来ます。選び方のポイントも押さえて、スカーフコーデでおしゃれを満喫しましょう。

アクセントにスカーフを使ったコーデ術を紹介!

「おしゃれなコーディネートを楽しみたい!」という場合のアクセントとして使えるのがスカーフ。スカーフが1枚あるだけでおしゃれ感が増して素敵なコーディネートに仕上げる事が出来るようになります。スカーフでコーディネートのおしゃれを楽しむ為には、スカーフの巻き方や選び方が大切なポイント。スカーフにはバリエーション豊かな巻き方があるので、自分が作りたいコーディネートに合わせて選ぶようにしましょう。また、スカーフのサイズ選びや色柄選びといった選び方もコーディネートの印象を左右します。
今回は、スカーフをアクセントに活用したおしゃれなコーディネートや巻き方、選び方についてまとめました。自分にぴったりなスカーフ選びのポイントをチェックしておけば、普段のコーディネートのアクセントとして取り入れやすくなるのではないでしょうか。上品な巻き方やカジュアルな巻き方など、様々な巻き方でスカーフコーディネートの雰囲気が変わります。トレンドの巻き方を取り入れてスカーフコーデを楽しんでみましょう。春夏秋冬を通しておしゃれなアクセントになるスカーフでコーディネートを格上げしませんか?

スカーフの魅力

トレンドアイテムとして人気を集めているスカーフですが、どういった所に魅力があるのでしょうか。スカーフの魅力として挙げられるのがコーディネートのアクセントになるという事です。シンプルなコーディネートだったとしてもスカーフが入る事でアクセントになり、一気におしゃれ感がアップ。「今日のコーデ、何かが物足りないな」という場合はスカーフをアクセントに使って素敵な装いに仕上げてみませんか?また、色々な巻き方が出来るのもスカーフの特徴。首や腰に付けたり、ヘアに付けたり好みの巻き方が出来ます。
首や腰、ヘアだけでなくバッグにスカーフをつけるコーディネートも人気。1枚のスカーフで色々な巻き方をしていけば、バリエーション豊かなコーディネートを楽しめるようになります。スカーフは春夏秋冬通してコーディネートに取り入れる事が出来るアイテムであるのも大きな魅力。春夏の爽やかなコーディネートにも秋冬のシックなコーディネートにもスカーフは相性ぴったりです。汎用性が高く、自分好みの巻き方が出来るスカーフは1枚持っておいて損がないのではないでしょうか。スカーフでおしゃれを楽しんでみましょう。

スカーフの選び方

スカーフをおしゃれなコーディネートに取り入れたい場合に大切になるのが選び方。スカーフの選び方によってコーディネートの印象も変わってくるので、自分がどういったコーディネートをしたいかによってスカーフの選び方を変えてみましょう。普段のコーディネートに使いやすいスカーフが1枚あれば、こなれ感のあるおしゃれな着こなしの出来上がり。スカーフが程良いアクセントになり、「そのコーデ素敵だね」とみんなから褒められるようなファッションに仕上げられます。そんなスカーフの選び方を見ていきましょう。

使い方に合わせたサイズを選ぶ

コーディネートに使えるスカーフ選びのポイントとして挙げられるのがサイズ。スカーフには様々なサイズがあるので、使いやすいタイプのサイズ選びが重要になります。一般的に、スカーフにはミドルサイズ・ロングサイズ・大判サイズがあるので、それぞれのサイズの特徴について把握しておきましょう。
首や腰に巻きたいのか、ヘアアレンジにも使いたいのかなど用途に合わせてスカーフのサイズ選びを取り入れてコーディネートに役立ててみてください。サイズ感が合わないと折角のスカーフが使いづらくなってしまうので気をつけましょう。

①ミドルサイズ

色々なコーディネートにスカーフを役立てたい時に活躍してくれるのがミドルサイズのスカーフ。ミドルサイズのスカーフは50cm四方になっている場合がほとんどです。このくらいのサイズのスカーフなら首に巻いても生地が余らないので、おしゃれなこなれ感を演出する事が出来るのが嬉しいポイント。普段のコーディネートのアクセントとしてスカーフを取り入れたい時にぴったりです。首だけでなくバッグのアクセントとしても取り入れられるので、活用してみてはいかがですか。
初めてスカーフを使う方にもおすすめのサイズです。スカーフのサイズ選びで迷ったら、まずはミドルサイズを選んでおいて間違い無いでしょう。

②ロングサイズ

ロングサイズのスカーフは、長方形になったスカーフでミドルサイズよりもワンサイズ大きくなっています。長方形になっているので長さを出しやすく、ストールのように首にスカーフを巻きたい時にぴったり。また、長さがあるのでヘアアレンジのアクセントとしても使いやすくなっています。お団子ヘアなどのまとめ髪にロングサイズのスカーフを巻きつければおしゃれなアレンジの出来上がり。ラフな巻き方でも十分におしゃれに決まるので、ヘアアレンジにも使いたい時はロングサイズを取り入れる選び方がおすすめです。
ロングサイズのスカーフは首だけでなく腰に巻きたい時にもおすすめです。ロングサイズなのでベルトのように腰に巻きつけやすく、おしゃれなボトムスアレンジとして取り入れるのに最適。スカートやパンツなど、普段のコーディネートにロングサイズのスカーフを腰に巻きつけておしゃれ感をプラスしてみませんか?

③大判サイズ

バリエーション豊かな巻き方が出来る事で人気を集めているのが大判サイズのスカーフです。100cm四方になっている事が多く、首や腰に巻きつければミドルサイズのスカーフよりもインパクトのあるアクセントになるのが魅力。首や腰につける巻き方以外には、肩からかけてストールのように羽織るのもおしゃれです。また、スカーフの対角同士を結んでいくと簡易的なバッグの完成。ちょっとしたお出かけにスカーフバッグを使うのも良いかもしれません。おしゃれ上級者になりたい時に最適なスカーフのサイズです。

素材で選ぶ

スカーフ選びでは素材も大切になります。一般的にスカーフの素材として使われる事が多いのがポリエステルやシルク。ポリエステルのスカーフはプチプラな事が多く、気軽にスカーフをコーディネートに取り入れたい時におすすめです。ポリエステルなら洗濯機でも洗いやすいので、お手入れが簡単なスカーフが良い時にもポリエステルが最適なのでは無いでしょうか。上質な雰囲気を感じさせたい場合にはシルクのスカーフを選びましょう。エルメスなどのハイブランドのスカーフはシルク製である事がほとんどで肌触りが異なります。
滑らかで上質なシルク製のスカーフは、エレガントさをコーディネートにプラスしたい時にぴったり。ただし、シルクはデリケートなのでお手入れをする時は繊細に扱うようにしてください。
110 件
着用アイテム