パンダ目の原因は?崩れを防ぐアイメイク方法と簡単なコツを徹底解説

Description
朝バッチリメイクをしても、昼ぐらいに鏡を見るとメイクが崩れてパンダ目になってしまうことがあります。パンダ目とはアイメイクが崩れて目の下が黒くなり、パンダの目のようになってしまうこと。デートや仕事の間、パンダ目の状態で過ごしていたと思うとショックです。こちらでは、パンダ目になってしまう原因をご紹介します。また、パンダ目にならないようにメイク崩れを防ぐアイメイク方法と簡単なコツについてもチェックしましょう。

泣いてもないのに目元が崩れる残念なパンダ目

泣いた時にアイメイクが崩れてパンダ目になってしまうのは分かりますが、普通に過ごしていただけなのにパンダ目になってしまうこともあります。これでは、メイク崩れが気になって、仕事やデートに集中できません。こちらでは、パンダ目とはどんなメイク崩れなのかをチェックしましょう。

鏡を見たらパンダ目に…

朝、メイクを仕上げた時は完璧でも、気づいたらアイメイクが崩れてパンダ目になってしまうことがあります。鏡を見てパンダ目にびっくりしてしまうことも。パンダ目とはアイメイクの崩れから起こる現象で、アイシャドウのヨレやアイライン、マスカラが崩れて下まぶたに移った状態です。目の下が黒いのでパンダ目と呼ばれています。パンダ目はあまり美しい姿とは言えないので、なるべく回避したいものです。

アイメイクの方法でパンダ目を防げる

見た目でテンションが下がってしまうパンダ目ですが、アイメイクの方法を少し変えるだけでパンダ目を防ぐことができます。原因になるアイシャドウ、マスカラ、アイラインなどのアイメイクをカットするのではなく、パンダ目を防ぐためにメイクを足したり、アイメイクが崩れにくいマスカラの塗り方を覚えることでパンダ目を簡単に防ぐことができます。

パンダ目になってしまう原因は?

目の下が黒くなってしまうパンダ目は鏡を見た時にテンションが下がるもの。同じようなメイクをしていても、1日中綺麗な目元をキープしている女性もいるので、どうして自分だけメイクが崩れるのかと悩む方もいるかもしれません。パンダ目を防ぐためには、パンダ目になってしまう原因を知りましょう。パンダ目の原因を知ることで、アイメイク崩れを防ぐ方法が分かるはずです。

パンダ目の原因①水分と油分

Drops Of Water Liquid · Free photo on Pixabay (98695)

アイメイクが崩れてパンダ目になってしまう原因は、肌の水分や油分が関係しています。パンダ目になってしまうのはマスカラやアイラインが崩れてしまうことが原因ですが、マスカラやアイラインが滲んで崩れるのは目元に水分や油分が分泌されるからです。汗をかくと、水分と共に皮脂が分泌されます。そうするとアイメイクがヨレやすくなるのです。スキンケアの油性成分などが浮き出てメイク崩れすることもあります。
涙目の女性はどうしてもアイメイクが崩れやすいです。涙目のパンダ目回避方法はマスカラやアイライナーをウォータープルーフタイプのものに変えることです。ウォータープルーフは水分に強いのでアイメイクが崩れにくくなります。ただし、ウォータープルーフは水分には強くても、油分には弱い性質があるので、ウォータープルーフでもメイク崩れするのであれば、涙目以外にもパンダ目の原因があるかもしれません。

パンダ目の原因②摩擦と目の形

摩擦や目の形が原因でパンダ目になってしまこともあります。目元をこすったり、触ったりする癖がある人は、どうしてもアイメイクが擦れるのでパンダ目になりやすいです。クリームタイプのアイシャドウを使っている方は、油分があるので摩擦でアイメイクがヨレやすく、パンダ目になってしまうこともあります。
また、目の形がアイメイクの崩れる原因になることも。まず、一重や奥二重の女性は瞼の脂肪が厚いことが多いので、どうしてもまつ毛が瞼に触れてしまいます。そうすると摩擦する回数が多いので、アイメイクが崩れやすいです。涙袋の膨らみが大きい女性は、まばたきなどでまつ毛が涙袋に触れやすくなることが原因でパンダ目になります。

パンダ目を防ぐ簡単なアイメイクのコツは?

パンダ目を防ぐためには、アイメイクが崩れにくいメイクのコツを覚えましょう。いつものアイメイクを少し工夫するだけの簡単な方法なので、忙しい朝でもちゃちゃっとできます。アイメイクのコツを覚えて、パンダ目知らずの目元になりましょう。

フェイスパイダーを使う

パンダ目を防ぐアイメイクの簡単なコツは、フェイスパウダーを使うことです。アイメイクの崩れは水分と油分が原因なので、目元の水分と油分をオフするために、目元に軽くフェイスパウダーをのせるのです。ベースメイクの段階できちんと対処しておきましょう。また、クリームタイプのアイシャドウはどうしても油分が多いために崩れにくいです。パンダ目が気になる方は、パウダータイプのアイシャドウに切り替えましょう。

マスカラを塗る時に一工夫

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (98699)

パンダ目にならないためのアイメイクのコツは、マスカラにもあります。マスカラが下まぶたにこすれるとどうしてもパンダ目になりやすいので、まつ毛をしっかりカールさせて下まぶたとの摩擦を防ぎましょう。パンダ目になりにくいマスカラのコツは、ウォータープルーフタイプを選ぶこととマスカラ下地を使うことです。マスカラ下地は睫毛のカールをキープしてくれるアイテムです。
カールしたまつ毛をキープするマスカラのコツは、ビューラーでしっかりまつ毛を上げます。この時、まつ毛の根本、中間、毛先と三段階に分けてまつ毛を上げるのがコツです。そして、マスカラ下地を塗って、ウォータープルーフタイプのマスカラを重ね塗りしましょう。

目のタイプ別!パンダ目を防ぐメイク

51 件
着用アイテム