化粧直しはフェイスパウダーが使える!おすすめのアイテムと使い方を種類別に紹介

Description
完璧に化粧をして出掛けても、時間が経つと皮脂や汗などによって顔がテカっていたりファンデーションがヨレたりなど、化粧崩れが気になることがあります。そんな時に化粧直しの強い味方となるのがフェイスパウダーです。サッと短時間で綺麗な状態にしてくれるフェイスパウダーは、お出掛けの際には必ず持っていたいアイテムです。今回は化粧直しでのフェイスパウダーの使い方や、化粧直しにおすすめのプチプラ・デパコス人気フェイスパウダーをご紹介します。

化粧直しに使いたいフェイスパウダーを紹介♡

フェイスパウダー

フェイスパウダー

完璧に化粧をして出掛けても、時間が経つと皮脂や汗などによって顔がテカっていたりファンデーションがヨレたりなど、化粧崩れが気になることがあります。そんな時に化粧直しの強い味方となるのがフェイスパウダーです。サッと短時間で綺麗な状態にしてくれるフェイスパウダーは、お出掛けの際には必ず持っていたいアイテムです。今回は化粧直しでのフェイスパウダーの使い方や、化粧直しにおすすめのプチプラ・デパコス人気フェイスパウダーをご紹介します。

時間がたつとメイク崩れが気になる

朝に完璧な化粧をしても、午後になると皮脂でファンデーションがヨレたり肌がテカってしまいます。しかし仕事場で時間が無い中、沢山のメイク道具で化粧直しをするのも中々難しいことです。しかし、崩れた化粧のまま午後の時間を過ごすのも気が進みません。そんな中、化粧直しの強い味方となってくれるのがフェイスパウダーです。

フェイスパウダーは化粧直しのマストアイテム

仕事で忙しい方達だけでなくプライベートでお出掛けしている時でも、崩れた化粧をサッと綺麗に仕上げてくれる化粧直しに便利なアイテムが、フェイスパウダーです。化粧の仕上げにも欠かせませんが、化粧直しにも欠かせないアイテムです。

ファンデーションとはどう違う?

ファンデーションは肌色のムラや質感を整えたり、シミやそばかすなどの肌悩みを隠すなど効果があります。ファンデーションのタイプには、パウダーやリキッドやクリームなどがあり肌質に合った物を選ぶことができます。化粧直しにファンデーションを使うと、厚塗り感が出てしまうのでおすすめできません。フェイスパウダーはファンデーションの上から重ねることで、化粧崩れやヨレを防ぐ効果があります。油分を含まない物が多く、さらっとした付け心地が特徴なので化粧直しにも使うことができます。

ルースタイプとプレストタイプの2種類がある

フェイスパウダーにはルースタイプとプレストタイプの2種類あります。ルースタイプは粉状タイプのフェイスパウダーで、化粧の仕上げに使うとふんわりとした印象に仕上げてくれます。化粧直しに特におすすめなのが、フェイスパウダーに圧をかけて固形状にしたプレストタイプものです。どちらも、ファンデーションを密着させたり化粧ヨレを防ぐ効果があり、化粧直しには欠かせないアイテムです。

【化粧直し】ルースパウダーの使い方

ここからルースパウダーのメリットや、化粧直しでのルースパウダーの使い方を解説します。化粧直しが苦手な方にも簡単なので、正しい使い方で化粧直しをして化粧したてのような綺麗な仕上がりを目指しましょう。

ルースタイプのメリットは?

ルースタイプは粉状のまま使用するので、正しい使い方をすればふんわりとした質感を演出できます。パウダー自体の色は無色や色の薄い物が多いので、化粧直しで使用してもナチュラルに仕上げることができます。また、ルースタイプは化粧直し時にムラになりにくいというメリットがあります。

余分な皮脂を取る

化粧直しをする前に、ティッシュなどで肌を押さえて余分な皮脂を取りましょう。余分な皮脂が残ったまま化粧直しをしてしまうと、パウダーが肌に乗りにくくなってしまいます。また、さらに化粧崩れしやすい肌になってしまうので、化粧直し前に肌を整えることが大切です。

パウダーをパフにとり手の甲でパフをなじませる

化粧直しでのルースパウダーの使い方は、パウダーをパフに取り手の甲などで余分なパウダーを落としながらパウダーを馴染ませましょう。馴染ませずに化粧直しをしてしまうと、パウダーが肌の上でムラになる原因となります。フェイスパウダーを使った化粧直しのポイントは、余分なパウダーを落とすことです。

直したい部分にポンポンと軽くのせる

化粧直しをしたい部分に、フェイスパウダーを擦らないようにしながらポンポンと軽く乗せていきます。小鼻や目の周りなどのヨレが起きやすい細かい部分は、パフを折り畳んで隅までしっかりパウダーを乗せながら化粧直しをするのがおすすめです。丁寧な化粧直しが美しく仕上がるポイントとなります。
88 件
着用アイテム