奥二重さんの為のアイラインの引き方!まぶたに隠れずパッチリ見せる!

Description
奥二重はキリッとした目元で知的な色っぽさがありますが、パッチリとした二重に憧れたり、目元を大きく見せるメイクをしたいと考える奥二重の女性が多いです。目元を大きく見せるためにはアイラインが重要です。ただし、奥二重の厚めのまぶたで隠れることやにじむことがあるので、アイラインの引き方のポイントを押さえることが大切です。また、パンダ目になりやすい奥二重のアイメイクの対処法もご紹介します。

奥二重さんの目元を美しく見せるアイラインの引き方を紹介

アイメイクは目元の印象を変えて、メイク全体の雰囲気を作ります。アイメイクの中でもアイラインは目元を大きく見せたり、優しい印象、キリっとした大人っぽい印象などに仕上げる重要なメイクです。アイラインは睫毛のラインに沿って引いていくものですが、目の形によってアイラインの引き方は様々です。特に、奥二重の女性はアイラインの太さや引き方に悩んでしまう方も多いようです。

奥二重はアイラインを使ってもまぶたに隠れる?

奥二重の女性がアイラインの引き方で悩んでしまうのは、奥二重の厚めのまぶたに原因があります。奥二重の女性はアイラインを引いても、目を開けた時に厚いまぶたでアイラインが隠れるのです。目を開けた時にもアイラインが見えるようにアイラインを太くする女性もいますが、アイラインが太すぎると目を閉じた時に目が真っ黒に見えたり、不自然な印象になってしまいます。
また、奥二重の女性は、まぶたのよってアイラインが隠れるだけでなく、まぶたの摩擦でアイラインがにじむこともあります。いつの間にかパンダ目になっていることもあるので、アイラインの引き方に悩む奥二重の女性は多いです。

奥二重でもアイライン次第で大きく見せることができる

奥二重のアイラインは隠れる、にじむというイメージが強いために、アイラインの引き方が難しいように感じるかもしれません。ですが、奥二重の目の形を活かしてアイラインの引き方を変えれば目を大きく見せることが出来ます。二重のアイラインの引き方を奥二重の女性に実践しても、化粧映えはしません。奥二重の目の形に合わせて、奥二重の魅力を引き出すアイラインの引き方を覚えましょう。

奥二重でもパッチリ見せるアイラインの引き方

奥二重の女性はキリッとした大人っぽい目元が印象的ですが、自分の元々持つ目元の印象とは違ったメイクもしたいはずです。切れ長なアイメイクではなく、二重のようなパッチリとした目元に憧れる奥二重の女性も多いです。こちらでは、奥二重をパッチリ見せて化粧映えする目元に仕上げるアイラインの引き方をご紹介します。

アイラインを引く場所は

奥二重の女性の目元を大きく見せるためには、アイラインを引く場所を覚えましょう。奥二重のアイラインは、基本のアイラインの引き方と同じように目頭から目尻までしっかりと引きます。ポイントは目尻のアイラインで、少し長めに描くことが大切です。
横幅のあるアイラインを描くことで目元を大きく見せることが出来て、化粧映えするアイラインに仕上がります。目尻は跳ね上げると色っぽい目元、下げ目に描くと優しい目元になります。自分のなりたいイメージに合わせて、目尻のアイラインを変えていきましょう。

①中央から目尻に細めに平行のアイラインを引く

奥二重のアイラインの引き方は、細めに平行にアイラインを引いていくことがコツです。まずは、まぶたの中央から目尻に向かってのアイラインを引いていきましょう。まぶたを指で少し上に引っ張った状態でアイラインを引くと睫毛のラインに添って綺麗に引くことが出来ます。奥二重のアイラインはリキッドアイライナーがおすすめですが、リキッドが苦手な方はペンシルで描いてからリキッドを足していきましょう。

②目頭から中央に細めに平行のアイラインを引く

中央から目尻のアイラインが引き終わったら、次は目頭から中央にかけてのアイラインを引いていきましょう。目頭から中央のアイラインはまぶたで隠れるので太く引いてしまいがちですが、伏し目がちになった時にナチュラルに見えるのは細めのアイラインです。まぶたを指で少し上に引っ張って、睫毛のラインに沿ってアイラインを引いていきましょう。

③目尻のみ太めにアイラインを書き足す

目頭から目尻までのアイラインを繋げたら、最後は目尻のアイラインを調整していきます。奥二重の女性の目元を大きく見せるためには、目を開いた時にも見える目尻のアイラインが重要です。目尻は発色のいいリキッドアイライナーやジェルアイライナーで少し太めのアイラインにしていきましょう。
目尻のアイラインを描く時は、目をたまに開けてアイラインを確認しながら描くと失敗しません。目尻のアイラインは跳ね上げるのも、下げ目に描くのもお好みで大丈夫ですが、アイラインが隠れることのないよう長めに引きましょう。奥二重のアイラインの引き方のコツを知ってアイメイクすれば、化粧映えする目元に仕上がるはずです。

奥二重を活かすアイラインのコツ

87 件
着用アイテム