大人っぽいメイクのやり方まとめ!脱童顔で色気を手に入れる方法を解説

Description
メイクをすることで女性は自信を持ちます。メイクは元々持っている魅力的なパーツを際立てたり、コンプレックスを隠すことも出来る女性の魔法です。メイクには様々なテクニックがあり、上手にメイクをすることで可愛く見せたり、大人っぽい印象にすることが出来ます。こちらでは、大人っぽいメイクのやり方についてご紹介します。元々、童顔の女性は大人っぽいメイクに憧れるはずなので、大人っぽいメイクをぜひチェックしてみて下さい。

脱童顔!大人っぽいメイクとは?

大人っぽいメイクというのは、女性を綺麗に見せるメイクのことです。女性は可愛いと言われるのも嬉しいですが、大人っぽい、綺麗と言われてみたいと思うはずです。童顔の女性は可愛いと言われることはあっても綺麗と言われることはあまりないかもしれません。年齢的には大人の女性なのに、童顔だから大人っぽい雰囲気にならないことを悩んでいる女性もいます。

「大きな目」「丸い顔」…コンプレックスに思う人も…

童顔はいつまでも若々しくて羨ましいと思う人も多いですが、童顔の人にもそれなりの悩みがあるようです。大きな目や丸い顔は可愛らしくて癒し系に見えますが、本人は子供っぽく見られてしまうのが嫌と思っていることもあります。大人っぽい服が似合わなかったり、男性からも色気がないと思われてしまうことがあるようです。女性は可愛いよりも綺麗と思われたい生き物なのかもしれません。

大人の色気を引き出す色とは?

Cosmetics Makeup Eyeshadow · Free photo on Pixabay (89685)

童顔の女性が大人っぽい色気を出す方法は、メイクを大人っぽい雰囲気に変えるのがポイントです。大人っぽいメイクといっても、ただ濃いメイクにすればいいわけではありません。いきなり濃いメイクになるとギャップがあったり、子供がメイクをしているみたいに見えるので注意しましょう。大人っぽいメイクで色気を出すには、メイクをする時の色味を意識するのがポイントです。
アイシャドウ、リップ、チークの色味はメイクの印象を変えます。明るいピンクは可愛くなりすぎてしまうので、少しくすんだピンクやローズ系など落ち着いた色味を選ぶといいでしょう。ツヤ感のあるメイクにすると上品で大人っぽい印象になるので、パールが細かいアイシャドウ、ハイライトやシェーディングにこだわるのもおすすめです。

大人っぽいメイクをするときのポイント

大人っぽいメイクにする方法は、お顔のパーツごとにやり方にポイントがあります。こちらでは、大人っぽいメイクにする方法を各パーツごとにご紹介します。いつものメイクを少し変えるだけで、大人っぽいメイクになるはずです。色気のある女性になるためにもチェックしてみて下さい。

大人っぽいメイクのポイント①:眉毛

眉はお顔の印象を変える重要なパーツです。大人っぽいメイクにするためには、眉を少し変えてみましょう。まず、童顔に見えてしまう眉の特徴をチェックしましょう。眉の色が薄い、太い、短いという眉はどうしても子供っぽい印象に見てしまいます。可愛く見せたいメイクの時はいいのですが、童顔から大人っぽいメイクに変えていきたいという時は眉を変えましょう。
大人っぽい眉にする方法は、色が濃い、細い、長めの眉を意識してメイクすることです。あまり細くしすぎるとキツイ印象になるので注意しましょう。また、平行眉よりも少しアーチのある眉の方が凛とした印象になります。眉を少し変えるだけで上品な色気のある女性になるので、ぜひ実践しましょう。

大人っぽいメイクのポイント②:アイメイク

童顔の女性はくりっとした目元が特徴です。可愛らしく、羨ましがられる目元ですが、大人っぽいメイクにしたいのであれば、目元は少しキリっとした印象に変える必要があります。大人っぽいアイメイクのポイントは、目元を縦ではなく横に大きく見せることです。アイラインを切れ長に見えるように描きましょう。アイシャドウの色味もブラウンやゴールド、ボルドーなど大人っぽい印象になるようにしましょう。
横幅のある目元をつくる方法は、つけまつ毛を使ったやり方もあります。目尻だけつけまつ毛をつけると、目幅が広がるのでキリッとした印象になり、大人っぽい色気が出ます。マスカラをつける時も、目尻のまつ毛や下まつ毛を意識してつけることで印象が変わります。

大人っぽいメイクのポイント③:フェイスカラー

大人っぽいメイクにする方法は、フェイスカラーを上手に使うことです。童顔に見えてしまうのは、骨格が原因の場合もあります。丸い輪郭はどうしても可愛い印象になり、童顔に見えてしまうからです。そんな時は、フェイスカラーで上手にシェーディングし、ハイライトで立体感を持たせるメイクをしましょう。チークの色味や入れ方も工夫することで大人っぽいメイクになります。

大人っぽいメイクのポイント④:シェーディング

大人っぽいメイクにするにはシェーディングを上手にいれて、丸みのある輪郭をスッキリさせる方法がおすすめです。丸顔のシェーディングは顔の横幅を削るイメージでいれていきます。大きなブラシでシェーディングすると自然に仕上がります。正面から見た部分だけでなく、顔の裏までブラシをかけて自然に見えるようにぼかしましょう。また、ノーズシャドウで堀を深く見せて、大人っぽいメイクに仕上げるのもおすすめです。

大人っぽいメイクのポイント⑤:ハイライト

大人っぽいメイクのやり方で欠かせないのが、ハイライトです。ハイライトをいれることで顔に立体感が出るので、大人っぽいメイクになります。鼻筋、おでこ、眉尻の下、目の下、顎にハイライトをいれましょう。ハイライトはパールの細かいものを選ぶと上品なツヤ肌に見せてくれます。
キラキラ光りすぎてしまうと上品な色気が出ないので、発色に注意しましょう。クリームタイプは肌馴染みがいいですが、べったりつきすぎてしまうことがあるので、初心者はパウダータイプを使った方法がおすすめです。シェーディングとハイライトをバランスよくいれることで、堀が深く見えて大人っぽい顔に見せてくるはずです。
78 件
着用アイテム