人気おすすめアイライン21選!初心者にもおすすめの選び方&引き方!

Description
アイメイクは顔の印象を変える重要なメイクです。アイメイクはアイシャドウ、アイライン、マスカラと順にメイクしていきますが、アイラインの選び方や引き方によってメイクの雰囲気が変わります。こちらでは、人気おすすめアイライン21選をご紹介します。初心者でも描きやすいアイライン、落ちにくいウォータープルーフタイプのアイライン、肌に優しい低刺激のアイライン、プチプラ、デパコスなど、様々なアイテムをチェックしていきましょう。

おすすめの人気アイラインをご紹介!

アイラインとはアイシャドウの上から目のふちに引くコスメです。目元を強調したり、引き方によって印象を変えることが出来ます。最近のアイライナーは進化していて、描きやすいペンシルタイプ、アイラインが落ちないウォータープルーフタイプ、ハッキリとした目元を作ることが出来るリキッドタイプやジェルタイプなどのアイライナーがあります。

アイラインの役割は?

アイラインなしでもメイクを完成させることは出来ますが、アイラインがあった方が目元がハッキリとして美しく見せることが出来ます。目のふちにアイラインを引くことで肌と目との境目ふがハッキリとするので、目元が強調されて大きく見えます。また、睫毛の生え際にアイラインを引くことでまぶたのラインが強調されて視線を集まり、普段よりも睫毛もハッキリと濃く見せる効果があります。

初心者にもおすすめ!アイラインの選び方

アイラインの役割や重要性は分かりましたが、アイライナーの種類が多いために選び方に悩むメイク初心者の方もいるはずです。こちらでは、アイライナーの種類やそれぞれの特徴、悩み別のアイライナーの選び方についてご紹介します。アイライナーの選び方に悩んでいるメイク初心者の方はチェックしてみましょう。

アイラインの種類で選ぶ

アイライナーには様々な種類があります。一般的なペンシルタイプやリキッドタイプのアイライナー、ハッキリとしたアイラインを描くことが出来るジェルタイプのアイライナー、皮脂や汗に強いクリームタイプのアイライナーとそれぞれに特徴があります。それぞれのアイライナーの特徴を知って、初心者でも描きやすいアイライナー、汗や皮脂に強くハッキリと濃いアイライナーなど目的に合わせてアイライナーを選びましょう。

アイラインの種類①ペンシルタイプ

初心者でも描きやすいアイライナーはペンシルタイプです。鉛筆のように削って使うものと繰り出し式になったものがあります。睫毛の隙間を埋める時にも使いやすくおすすめです。ペンシルタイプのアイライナーはぼかしやすく、失敗した時にも綿棒などで修正しやすいので、アイラインを描くのに慣れていない初心者の方も安心して使うことが出来ます。ナチュラルなアイメイクにしたい時にもおすすめです。

アイラインの種類②リキッドタイプ

目元をハッキリとさせて強調したい時におすすめなのは、リキッドタイプのアイライナーです。リキッドアイライナーは筆のような形状をしていて、キリっとしたアイラインを描くことが出来ます。目尻を跳ね上げる時にもおすすめのアイライナーです。リキッドアイライナーはアイラインを濃くハッキリと描くことが出来ますが、初心者の方には扱いが難しく、修正しているうちにアイラインが太くなってしまうこともあるようです。

アイラインの種類③ジェルタイプ

アイライナーの選び方はアイラインのキープ力で決めるのもおすすめです。専用の筆でジェルを取ってアイラインを引くジェルアイライナーは、汗や皮脂に強いのでアイラインを長時間キープしてほとんど落ちません。リキッドアイライナーのようにキリっとしたアイラインを描くことが出来るので、目元をしっかりと強調してくれます。ジェルアイライナーは涙目の方や、汗や皮脂でメイクが崩れやすい方におすすめです。

アイラインの種類④クリームタイプ

クリームアイライナーは汗や皮脂に強く、スルスルとした描き心地が人気のアイライナーです。ペンシルタイプのアイライナーのように、睫毛の隙間を埋めながらアイラインを描くことが出来ます。芯が柔らかいのでアイラインの伸びがよく、描きやすいです。ペンシルタイプと違うのはアイラインを描いて1分程で色が定着するのでぼかしづらいところです。扱いに慣れてしまえば、汗や皮脂によるヨレもないのでおすすめです。

アイラインの色で選ぶ

アイライナーの選び方はペンシルやリキッドなどの種類だけなく、色味から選ぶのもおすすめです。アイラインは色味によって印象が変わります。目元をしっかりと強調したい時は黒のアイライン、柔らかくナチュラルな印象に仕上げたい時はブラウン系のアイラインがおすすめです。
黒やブラウン以外のカラーのアイラインも人気です。ネイビーやボルドーなどのアイラインにすると上品な印象の目元にすることが出来ます。アイライナーの選び方に迷う時は、自分のなりたいイメージに合わせたアイライナーの色を考えるといいかもしれません。

悩みや目的で選ぶ

155 件
着用アイテム