年下の彼氏に結婚を意識させる方法!彼と付き合うコツも詳しく紹介

Description
年下彼氏に結婚を生きさせる方法や付き合うコツについてまとめました。彼氏が年下の場合、結婚を意識させるには付き合う方法を工夫することが大切になります。結婚を意識させるコツを把握しておけば、年下彼氏に最適な方法で結婚を考えながら付き合うことができるのではないでしょうか。年下彼氏が結婚を意識しない理由も合わせてチェックして、年下彼氏に結婚を意識させるコツと付き合う方法を取り入れていきましょう。

年下の彼氏との結婚は女性のリードが必要

Couple Bride Love · Free photo on Pixabay (58938)

年下の彼氏と付き合うことになった場合、女性の方は結婚したいと思っていても年下の彼氏はなかなか結婚を意識してくれないことが多いのではないでしょうか。年下の彼氏にはたくさんの魅力がありますが、ネックなりがちなのが結婚の問題。年下彼氏はいろいろな理由で結婚を意識するまでに時間がかかることがあるので、年下彼氏と付き合うことになったら結婚を意識させる方法を取り入れてリードすることが重要になります。

彼氏側は結婚に焦っていないことが多い

年下彼氏の場合、結婚に対して時期的な余裕を感じている可能性が高くなります。年下であればあるほど、彼氏は「結婚はまだしなくても良いかな」と思っている場合が多いのではないでしょうか。年下彼氏だからこそまだ若く、結婚に対する焦りがないためになかなか結婚を意識させるのが難しいことがたくさんあると思われます。
年下彼氏がいくら結婚に焦っていなかったとしても、年下彼氏と付き合うことになった女性にとっては結婚は大きな問題です。年下彼氏とこのまま付き合うようにするのか、結婚をしてくれないからと見切りをつけて年下彼氏を別れるのか、結婚適齢期を迎えた女性にとっては大きな悩みどころ。年下彼氏のことが好きなのであれば、上手な方法で結婚を意識させることが大切になります。

意識させないと動いてくれないこともある

年下彼氏は結婚に対して焦りを感じていないため、積極的に結婚に対して何か動くという気持ちになりにくいのも大きなポイント。結婚を意識させることがないまま年下彼氏と付き合うことになってしまうと、あっという間に時間が過ぎてしまうことがあります。彼氏からプロポーズしてもらいたいという気持ちがある場合は、年下彼氏が結婚を意識するまで待っているとだいぶ時間が経って結婚への気持ちも冷えてしまうかもしれません。
このように年下彼氏に関してはなかなか結婚を意識してくれないことがよくあります。年下だからこそ年齢的な余裕もあり、わざわざ自分が積極的に動かなくても良いと年下彼氏は感じているのではないでしょうか。年下彼氏に結婚を意識させるためには女性の方からリードして付き合う方法で年下彼氏を結婚に向けてコントロールしていくことが重要ではないでしょうか。

年下の彼氏が結婚に踏み切れないワケ

年下の彼氏と結婚をしたいと思っていても、年下彼氏の方が結婚に踏み出せない理由を抱えている場合があります。年下彼氏に結婚できない理由があるとしたら、それもしっかりと知っておく必要があるのではないでしょうか。状況によっては年下彼氏に結婚を急がせると嫌になってしまうこともあるため、年下彼氏が結婚に踏み出せない理由を理解して受け止めてあげることも重要です。

経済的な不安

まだ若い年下彼氏である場合、経済的な不安が結婚に踏み出せない大きな理由となります。特に新卒で入社したばかりの年下彼氏であればなおさらではないでしょうか。責任感が強い年下彼氏であればあるほど、経済的に安定しないまでは結婚はしたくないと感じることが多いと考えられます。家族を養うということはたくさんのお金がかかるため、現実的なことを考えると年下彼氏もなかなか結婚に踏み出せないのかもしれません。
結婚に関してはたくさんのお金がかかるため、気持ちでは結婚したいと思っていても経済的な面で無理と考えている年下彼氏も多いかもしれません。せっかく結婚するのであれば、万全の体制で結婚を申し込みたいと年下彼氏は感じているのかもしれません。まだ仕事を始めたばかりの年下彼氏であれば、稼げるようになるまで待つのも上手に付き合うための1つの方法と考えられます。

まだ時期的に早いと思っている

年下彼氏が結婚に踏み出せない理由として続いてあげられるのが、時期的な早さです。若い年下彼氏の場合、これからいろいろなことを体験する未来が待っているのではないでしょうか。恋愛も大切ですが、自分自身をステップアップさせるためのライフプランなどを立てている年下彼氏の場合、それが達成されないとなかなか結婚に踏み出すことができない可能性があります。
男性として成熟していないため結婚には時期尚早と考えている年下彼氏も多いのではないでしょうか。結婚をするということは一人の人間としてしっかりと自立していないといけないため、まだ自分には結婚は早いと年下彼氏は思っているのかもしれません。焦って結婚をするよりも、自分が大人の男性として成長した暁に結婚をしたいと年下彼氏が考えている可能性があります。

仕事が忙しい

まだまだ働き盛りの年下の彼氏は、仕事が忙しいために結婚をして家庭を持つ余裕がないと思っている場合がります。忙しい仕事の毎日を過ごし、デートもままならないような年下彼氏だと結婚をしても結婚生活に対して十分な時間を割けないと感じているのではないでしょうか。結婚よりも仕事が優先、と年下彼氏は付き合う中で考えているかもしれません。
年下彼氏にとって仕事が正念場にある場合は、それを達成しない限りは結婚のことを考えられない立場にあるとも言えます。仕事で目的を達成してある程度の地位を築いた時でないと年下彼氏はなかなか自発的に結婚を意識することはないのではないでしょうか。仕事のことで頭がいっぱいになり、結婚まで手に回らないというのが年下彼氏の本音かもしれません。

年下の彼氏に結婚を意識させる方法とは

Heart Wedding Marriage · Free photo on Pixabay (58969)

年下彼氏にはいろいろな理由があって結婚に踏み出せない場合が多くありますが、それでもズルズルと付き合うようになってはいつまで経っても年下彼氏に結婚を意識させることはできません。さりげなく年下彼氏に結婚を意識させる方法のコツを押さえておくことで、徐々に年下彼氏に結婚を意識させることがでいるのではないでしょうか。結婚を意識させるために年下彼氏と付き合う方法のコツをチェックしましょう。

人生設計を伝えておく

年下彼氏に結婚を意識させるために取り入れておきたい方法のコツが、人生設計を伝えておくということです。そのためにいつまでに結婚をして、いつまでみ子供が欲しいのか自分でメモを取っておくと良いかもしれません。整理した段階で人生設計について年下彼氏に伝えることができれば、その時期がきたら年下彼氏に結婚を意識させることができるかもしれません。
人生設計を伝える方法で大切なコツになるのが、直近のプランではないということ。すぐに結婚したい、すぐに子供が欲しいと言ったようにプランの中に直近の日付を示すと年下彼氏の負担になり、逆に結婚が嫌になってしまうかもしれません。人生設計を伝える時は年下彼氏にプレッシャーを与えないことが結婚をスムーズに意識させる方法のコツです。

弱い面も見せて頼る

年下彼氏が年上の女性と付き合うと、「この人は自分がいなくても強く生きていくことができる」と感じる場面が多いのではないでしょうか。年上の女性だからこそキャリアを始めとしたさまざまな面で年下彼氏よりも前を行っていると感じることが多いのがこの理由です。そういったイメージをなくすために、たまには年下彼氏に弱い面を見せることも結婚を意識させる方法のコツではないでしょうか。
いつもはしっかりとしている年上の彼女が弱い面を見せる方法によって、年下彼氏は「この人には自分がいないとダメなんだ」「自分に心を許してくれているんだ」という気持ちさせるのが結婚を意識させるコツ。心を許しているということを見せ、一緒にいたいと思わせるようなか弱さを出すことも結婚を意識させるには重要ではないでしょうか。

子供が欲しいことをアピールする

子供が欲しいことをアピールするのも大切なコツになります。子供が欲しい女性にとって、結婚が遅すぎるのは大きな弊害となってしまう場合があるため、結婚が欲しいという気持ちはしっかりと伝えておいた方が良いでしょう。子供が欲しいという意思を伝えておけば、年下の彼氏もどのくらいで結婚を意識した方が良いのかはっきりとわかりやすくなります。
年下彼氏が子供好きの場合は、この方法で伝えることで家庭を持って子供を育てるために頑張ろうというモチベーションが生まれるかもしれません。子供を作って幸せな家庭を築くためには経済力もしっかりとつけることが大切です。年下彼氏のやる気を引き出し、男性としてステップアップした段階で結婚できるようになるのがベストではないでしょうか。

年下の彼氏に結婚を意識させるきっかけとは

Flowers Bridal Bouquet Wedding · Free photo on Pixabay (58998)

このように年下彼氏に結婚を意識させるコツはいろいろありますが、結婚を意識するようになるきっかけ作りも大切になります。自分たちの結婚に対して具体的な話をする以外にも結婚を意識させるきっかけを作ることができたら、さらにスムーズに年下彼氏が結婚に対して前向きに考えるようになるのではないでしょうか。

他の人の結婚の話題を出す

年下彼氏に結婚を意識させるきっかけとしてあげられるのが他の人の結婚式の話題です。もし、友人などの結婚式に行った場合はその時の話を年下彼氏にしてみましょう。結婚をした友人が幸せそうだったことなど、結婚に対してポジティブなイメージが持てるような話をすることがきっかけ作りのコツになります。
年下彼氏が結婚式に招待された時も大きなチャンスです。特に同年代の男性が結婚式をすることになった場合は、年下彼氏も結婚を意識する大きなきっかけになるのではないでしょうか。もし、年下彼氏が結婚式に招待されたということを話していたら、後日、どんな結婚式だか聞いて結婚に対してポジティブな気持ちを盛り上げてみましょう。

他の結婚している夫婦に会う

年下の彼氏の場合、結婚をして家庭を持つ自分がなかなかイメージできないために結婚に踏み出せない場合もあります。そういった年下彼氏の不安をなくすために、すでに結婚したカップルに二人で会いに行くのもきっかけ作りとしては効果的。結婚の先輩に話を聞くことで結婚に対する不安を払拭し、ハードルを下げていきましょう。
もし、先輩夫婦に子供がいるのであればさらに結婚の参考になるのではないでしょうか。先輩夫婦が子供と楽しそうな結婚生活を送っているのを目の当たりにすれば、年下彼氏も「結婚って良いな」と感じるはずです。このようにして年下彼氏が結婚に対して良いイメージを持ち、結婚したいと思うようにしてみましょう。

親に紹介する

なかなか結婚を意識してくれない年下彼氏については親に紹介するのも効果的ではないでしょうか。親に紹介するということは真剣に交際しているという考えを伝えることにもなり、自ずとして年下彼氏も結婚を意識することになるのではないでしょうか。結婚をすると家族との付き合いも増えるため、親を紹介する時はマイナスイメージを持たれないようにすることも重要です。

年下の彼氏と結婚するように付き合うコツ

Wedding Love Happy · Free photo on Pixabay (59020)

年下彼氏との結婚に持っていくためには付き合う中での工夫も大切になります。付き合う方法のコツをチェックして、結婚への意識を引き出していきましょう。

年下扱いをしすぎない

彼氏のことを年下扱いしすぎないことが付き合う中では大切になります。年下扱いしすぎると「どうせ俺なんて…」という気持ちが強まり、結婚への気持ちも冷めてしまうのではないでしょうか。

包容力で包み込むことを意識する

年下の彼氏であるからこそ、結婚に対して不安を感じることがたくさんあるかもしれません。そんな年下彼氏の不安を拭い去るように包容力を見せて結婚に対するハードルを下げることも年上の彼女としては重要になるのではないでしょうか。

彼氏のプライドも守る

包容力は示しつつも、年下彼氏のプライドは守るようにしましょう。年下彼氏のプライドを立てて自信を持たせることで「今なら結婚ができる」「結婚したい」という気持ちを引き出すことができるかもしれません。

年下の彼氏をコントロールして結婚に持ち込もう

Couple Wedding Dawn · Free photo on Pixabay (59025)

年下彼氏は年齢が若いこともあり、結婚に対して焦りがない場合があります。年上女性の方には結婚までにタイムリミットがあることを付き合う中でそれとなく伝えていきましょう。しかし、年下彼氏にプレッシャーをかけることになると、重荷になって結婚に対するマイナスイメージが強まるかもしれません。自然に意識させることで結婚に持っていけるようにしてはいかがですか。
56 件
着用アイテム