オーガニック化粧水おすすめ19選!自然派にも安心な高品質ブランドを選ぼう!

Description
オーガニック化粧水のおすすめ19種類をランキング形式にしてご紹介致します。「毎日使うスキンケアは、なるべく肌に優しいオーガニックのものを使いたい」そんな自然派の方にまずおすすめしたいのがスキンケアの基本となるオーガニック化粧水です。オーガニック化粧水は乾燥肌やニキビ肌の方でも使いやすいアイテムが多数展開されており、プチプラでも保湿力が高く美白効果も期待できる優秀なものもあると口コミなどで人気を集めています。今回はオーガニック化粧水に注目し、選び方やオーガニックのスキンケアについてもまとめました。

自然派必見!おすすめのオーガニック化粧水をご紹介

化粧水は乾燥やニキビ気にならない美肌作りに欠かせないスキンケアアイテムです。そんな毎日使う化粧水こそ肌への負担が軽いアイテムを選びたいもの。そこで注目したいのがオーガニックの化粧水です。オーガニック化粧水には天然由来成分を配合するなどし、成分に拘って作られているのが魅力。その為、敏感肌やニキビ肌の方でも安心して使える化粧水が多く、美白アイテムも展開されています。ここではまずオーガニックのスキンケアについてまとめましたので、チェックしてみましょう。

オーガニックコスメって何?

まずはオーガニックコスメについてです。オーガニックとは「有機」と言う意味を持ち「何となく肌に優しそう」とナチュラルなイメージを持つ方が多くいるのではないでしょうか。オーガニックコスメとは、農薬や化学肥料を使わずに育てられた植物成分が主な原料で作られた化粧品を指し、自然由来の成分を中心に配合されているのが特徴。有機栽培された植物は農薬や化学肥料を使わないので肌や環境への負担も軽く、人間が本来持つ自然治癒力を高めながら、肌を整える事に着目したスキンケアアイテムです。

オーガニックコスメは乾燥するって本当?

お肌の乾燥ケアのつもりでオーガニックコスメを取り入れたにも関わらず、思うような効果を実感出来なかった経験はありませんか?この場合「保湿力が足りなくて、肌に合わなかったのかな」と思ってしまいがちですが、石油由来成分配合のケミカルコスメを使い続けている肌に良く起こりがちな事なのです。
ケミカルコスメに含まれる合成界面活性剤が肌のバリア機能にダメージを与える事で、肌が乾燥しやすい状態になります。その状態を緩和させる為に合成ポリマーが肌に薄いビニールのような膜を作り、水分の蒸発を防いているのがケミカルコスメの仕組み。そしてオーガニックコスメには、この合成ポリマーは含まれていません。その為、素肌が無防備となりカサつきや乾燥が強まったように感じてしまうのです。
オーガニックコスメを使い始めた事によって、肌の乾燥が気になってしまうかも知れませんが、根気よく続けて使う事が大切です。肌本来が持つバリア機能が元に戻れば自然と乾燥が落ち着いてくるでしょう。諦めずにオーガニックコスメを継続して取り入れ、乾燥知らずの美肌を目指しましょう。

オーガニックと無添加の違いは?

オーガニックと無添加の違いはご存知でしょうか?「どちらも肌への負担が軽そう」と言うイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。オーガニックと無添加、この2つはこのような違いがあります。まずオーガニックですが、先述した通り「有機栽培の天然植物成分を中心に作られたコスメ」であり、対する無添加は「肌への刺激が強いとされる102種類の指定成分を除いて作られたコスメ」となります。
どちらも肌への優しさを配慮されたスキンケアですが、オーガニックコスメには石油由来成分が使われておらず、無添加コスメには使われている所が大きな違いと言えるでしょう。オーガニックも無添加も低刺激で作られている為、敏感肌やニキビ肌の方でも使いやすいですが、オーガニックコスメの方がより自然に近いと言えそうです。

オーガニック化粧水の選び方

ここではオーガニック化粧水の選び方のポイントについてご紹介致します。オーガニック化粧水はドラッグストアで販売されているプチプラのものから、デパコスまで多くの種類が世に出ており、その中から選ぶともなれば「どれを買っていいのかわからない」と悩んでしまいがちです。しかしながらちょっとしたポイントを押さえる事で、オーガニック化粧水の選び方がとてもスムーズになります。それではオーガニック化粧水の選び方のポイントについてチェックしてみましょう。

オーガニック認証を受けたものを選ぶ

まず1つ目の選び方のポイントは「オーガニック認証を受けたものを選ぶ」です。オーガニック認証とは、土壌から完成品全ての工程において、環境だけでなく生物への負荷を配慮して製造する手法が、有機栽培(オーガニック)で作られた植物を使った製品であることを証明するための認証です。認証基準は国や団体によって異なりますが、それぞれ厳しい審査基準が設けられています。
オーガニック化粧水の選び方で難しいと感じてしまった場合は、このオーガニック認証マークをチェックするのが1つのポイントです。海外ではオーガニックコスメへの関心が高い為、一定の基準をクリアしたコスメやブランドが認証マークを付ける事を許されています。オーガニック化粧水の選び方として、このオーガニック認証マークをひとつの目安にしてみましょう。
しかしながら日本ではコスメに対するオーガニック認証の明確な基準がなく、曖昧な状態が続いていると言われています。その為、化粧水に少しでもオーガニック成分が配合されていれば「オーガニック化粧水」と表記する事が出来てしまうのです。少しでも自然に近いオーガニック化粧水を選ぶには基準を見極め、どの成分がオーガニックなのかを確認してから購入するのも選び方の大事なポイントであると意識しておきましょう。

メーカーのオーガニック基準で選ぶ

オーガニック化粧水の選び方のポイントとして「メーカーのオーガニック基準で選ぶ」事も押さえておきたい所です。オーガニック認証を受けていない化粧水でも、メーカーが独自に掲げた「オーガニック基準」が安心出来る内容であれば、認証を取得していなくとも他の化粧水に比べて信頼性が高まるもの。少しでも世界の認証基準に近いオーガニック化粧水を選ぶ為には、メーカーの公式サイトなどで成分表や、品質基準をチェックする事もおすすめの選び方ですので押さえておきましょう。

保湿性の高いものを選ぶ

次にオーガニック化粧水の選び方として大切なのが「保湿性の高いものを選ぶ」です。スキンケアの基本でもある化粧水の目的は、肌に必要な潤いを与える事。オーガニックの化粧水に含まれる保湿成分も、自然由来成分を使われている事が多く、乾燥しやすい敏感肌の方でも安心して使える事が魅力です。ホホバオイルやアルガンオイルなど、化粧水に含まれている保湿成分をチェックし、肌を労わりながら保湿出来るオーガニック化粧水を取り入れるようにしましょう。

添加物の有無で選ぶ

112 件
着用アイテム