プチプラチークのおすすめブランドは?人気ランキングを紹介

Description
肌に自然な血色を与えてくれるメイクに欠かせないチーク。今回はプチプラなのにデパコス並の実力を発揮すると人気を集めるチークをまとめてご紹介致します。チークはサっと入れるだけで、肌をふんわりと色付けてくれる優秀コスメでもあります。そんなチークも定番のパウダーからジェルタイプまでプチプラコスメにも多岐に渡って登場しており、コスメ通の間でもプチプラチークがおすすめされているのが目立つようになりました。今回はプチプラチークに注目し、人気を集めるおすすめチークから、使い方のコツまで幅広くご紹介致します!

プチプラブランド別の人気おすすめチークをご紹介

今やコスメ界を賑わせており、美容雑誌などでもおすすめアイテムとして大きく取り上げられるプチプラコスメ。ドラッグストアなどで手軽に購入出来る価格なのに、仕上がりや質感はデパコスに負けないくらい優秀なアイテムがズラリと並びます。その中でも特にチークはプチプラブランドから一般的なパウダータイプから、自然なツヤ感を出せるクリームタイプなど、どんどん使いやすく進化したラインナップが目立ちます。ここではまず基本的なチークについての役割や、デパコスとプチプラの違いなどについてまとめました。

デパコスとプチプラコスメの違いは?

デパコスブランドとプチプラブランドの大きな違いは、やはり「価格」です。同じチークでも、プチプラブランドの物なら1,000円以下で購入出来てしまいます。しかしながらデパコスブランドは高発色でモチの良さが特徴です。デパコスブランドのチークを使ったら、その質感と仕上がりが病みつきになり、もうプチプラブランドに戻れなくなってしまったと言う方も、世間には多くいらっしゃるようです。またデパコスブランドのカウンダーにはメイクのプロがいますので、自分の肌色や好みに合わせてチョイスしてくれるのも魅力です。

チークの役割は?

チークの役割として一般的に知れ渡っているのが、「肌にほんのりとした血色を与える」ではないでしょうか。しかしチークにはそれ以外にも役割や効果があります。例えば、メイク全体のバランスを整えるであったり、素肌に透明感を与えるのもチークの役割と言えます。健康なのに顔色が悪いと言われてしまいがちの方は、もしかしたらチークが上手く活用出来ていないのかも知れません。チークには生き生きとした血色を与えますので、若々しく見える効果や柔らかで女性らしい雰囲気をアップする効果も期待出来ます。

役割①印象を変える

Two Girls Russian Model · Free photo on Pixabay (103521)

チークは入れ方や色で顔の印象が大きく変わってきます。チークを使用していないと言う方もいますが、やはりメイク全体のバランスを整えたり、透明感を与えてくれる事もあり、チークを使うのがおすすめとされています。体調や年齢により、顔色が悪くなってしまうと、いくらアイメイクを頑張って仕上げても、全体的にパっとせず、疲れた印象が全面に押し出されてしまいます。ファンデーションで元々の血色を消してしまった場合も同様ですので、バランス良くチークを入れて自然な透明感や素肌感を目指していきましょう。

役割②小顔効果

チークは自然な血色を素肌に与えるのは勿論ですが、使い方や色味で小顔効果まで期待出来ます。小顔に見せるためのブラウンチークがコスメブランドから登場しており、フェイスラインに使う事で、自然なシェーディング効果を得る事が出来ます。フェイスライン以外にも、小鼻の横に軽くブラウンチークを馴染ませる事で、鼻筋が通って見えると、コスメファンの間ではおすすめの使い方として広がっているようです。また頬の高い位置に暖かみのあるチークを乗せる事で、顔全体にメリハリが出ますので、小顔効果に結びつきます。

役割③血色を良く見せる

素肌にナチュラルな血色を与える事は、チークにとって1番の役割です。ただし肌に乗せる位置や色味が不自然だとチークだけが浮いた印象になり、悪目立ちしてしまいます。それ以外にもまるで芸人さんのようなコミカルな感じになってしまったり、幼さが強調されて若々しいから遠ざかった「若作りメイク」という悪い印象に仕上がってしまいます。チーク1つで顔の印象が大きく変わってきますので、ナチュラルな血色感メイクを心掛けましょう。そうする事で表情に生き生きとした活力がプラスされ、幸せそうな印象を残してくれます。

プチプラチークの失敗しないおすすめの選び方

プチプラブランドからも多くのチークが登場していますが、一般的なパウダータイプであったり、クリームチークなど、種類が多岐に渡っていて、どれを選んでいいのか悩みがちです。加えてチークには幅広い色味が揃っていますので、自分の肌色に馴染む色はどれなのかも迷ってしまう方は大勢います。しかしプチプラブランドだと手に取りやすい価格で、定番のチークカラーから新しい色味まで挑戦しやすいのが魅力です。ここではプチプラブランドのチークを選ぶ際のおすすめポイントをまとめましたのでチェックしてみましょう。

選び方①タイプで選ぶ:パウダータイプ

プチプラチークの中でも定番で種類も豊富なパウダータイプ。パウダーチークの特徴は、量の調整がしやすく、メイクに慣れていない初心者の方でも、サっと塗るだけでふんわりとした柔らかな雰囲気を纏える事でしょう。軽やかな質感はパウダーチークならではで、ラメやパールなどが配合されているものは、肌にナチュラルな血色と透明感を与えてくれます。メイク初心者の方や、ナチュラルメイクを楽しみたい方にパウダータイプのチークはおすすめです。素肌に内側から滲み出るような優し気な血色を与えるお手伝いをしてくれます。

選び方①タイプで選ぶ:練り・クリームタイプ

定番のパウダーチークに加えて、プチプラブランドではクリームタイプのチークも人気を集めています。クリームチークは肌にスルスルと伸ばしていき、自然なツヤと血色を素肌に与えてくれる効果があります。指先などでポンポンと馴染ませながらふんわりと広げてあげる事で、生き生きとした表情に仕上げてくれます。またクリームチークの特徴として、パウダータイプに比べて保湿力が高く、乾燥しやすい季節には大活躍してくれるのも嬉しいポイントでもありますので、ツヤ感としっとりを求める方にクリームチークはおすすめです。

選び方①タイプで選ぶ:リキッド・ジェルタイプ

チークの種類として、パウダーやクリームの他にリキッドタイプも登場しています。リキッドチークはパウダーと違って使い方が一見難しそうに感じますが、特にテクニックは必要とせず、初めてリキッドチークに挑戦する方でもクリームチークと同じような感覚で使えますのでおすすめです。リキッドチークの特徴は、やはり何と言ってもそのみずみずしさで、ツヤ感は申し分ないくらいです。メイクの仕上がりに、ツヤ感と透明感を重視するのであれば、チークはリキッドタイプを選ぶのがおすすめです。
114 件
着用アイテム