60年代ファッションの特徴を紹介!日本のレトロモダンの魅力まとめ

Description
日本で流行した60年代ファッションの特徴や、魅力的なレディースコーディネートをまとめました。60年代、日本ではレトロモダンな可愛いレディースファッションが流行していました。日本の時代の流れも感じさせるレトロモダンなレディースファッションは60年代の象徴でもあります。そんな60年代のレトロモダンなレディースファッションは現代から見ても魅力的で可愛いと評判。日本の60年代ファッションの特徴を押さえて、魅力的で可愛いレトロモダンなレディースコーデを楽しみましょう。

レディースの60年代ファッションがアツい!

Dresses Apparel Clothing · Free photo on Pixabay (156377)

「トレンド感のあるおしゃれなファッションを楽しみたい!」という場合におすすめしたいのが、レトロモダンな60年代ファッション。60年代に日本で流行したファッションは、現代でもレトロモダンで可愛いコーディネートが多い事から人気を集めています。60年代のファッショントレンドが巡り巡って現代にやって来た事で、レトロモダンなファッションスタイルを楽しむ人が急増。60年代ならではの魅力的な個性や可愛いデザインは、現在も多くのレディースファッションに影響を与えています。
今回は、60年代の魅力的なレディースファッションの特徴や、レトロモダンで可愛い60年代ファッションスタイルをまとめました。日本で60年代に流行したレトロモダンなレディースファッションは、欧米の影響を沢山受けているのが特徴的。アメリカやヨーロッパの影響を受けつつも、日本ならではの個性も加えて60年代のファッションスタイルが出来上がりました。そんな60年代のレディースファッションを現代に活かした、魅力的なレトロモダンスタイルでおしゃれを楽しんでみませんか?

60年代ファッションはレトロモダンが魅力的!

60年代は、日本に限らず世界中でファッション文化に大きな変革があった年代と言えます。第二次世界大戦が終わり、新しい時代の幕開けと共に様々な文化が生まれ、そこにファッションも大きく影響を受けるようになりました。日本においては、60年代には高度経済成長や東京オリンピック開催などによって、アメリカやヨーロッパの文化が多く入り込むようになり、そこから日本人女性のレディースファッションも大きく変化し、レトロモダンな60年代スタイルが出来上がっていきました。
そんな60年代のレディースファッションは、現代でも「可愛い!」と大人気。ファッションのトレンドは時代の流れによって巡り巡ってくるので、60年代のレトロモダンなファッションが現代においては逆に斬新に見えるのではないでしょうか。ファッションの変革期であった60年代だからこそ、色々なタイプのレディースファッションが生まれ、60年代ならではの個性を感じられるのが大きな魅力です。「ファッションで個性を出したい」という場合は、60年代のレディースファッションの特徴を取り入れていくのがおすすめ。

60年代の日本のファッションはとにかく派手!

60年代当時の日本のレディースファッションを見てみると、ポップでカラフルなアイテムや、目を引くような柄物を着ている日本人女性が多い事が分かるのではないでしょうか。60年代において、日本のレディースファッションはとにかく派手だったようです。それまで日本人女性は普段着として地味な色を着る事が多くありましたが、60年代の高度経済成長により女性の社会進出が進んだ事がレディースファッションに大きな影響を与えました。
社会進出で自己表現をする日本人女性が増え、60年代のファッションはカラフルで個性的な装いが主流となります。日本人女性が自由に自分なりのファッションを楽しむようになったのは60年代頃が景気と考えても良いでしょう。言い換えれば、現在のファッションのベースは60年代のトレンドから来ているとも考えられます。60年代の日本人女性達の装いが現在の日本人女性達のファッションにも影響を与えていると考えると、ファッション文化にも奥深い物があると感じられるのではないでしょうか。

オーダーメイドからプレタポルテへ変化

60年代は日本だけでなく、世界的にオートクチュール(オーダーメイド)からプレタポルテへ、ファッションスタイルが移行していった時期でもあります。60年代以前は、富裕層である貴族がオートクチュールで自分の洋服を仕立てるのが上品でエレガントと考えられていました。しかし、60年代に入ると女性の社会進出が進んだ事で、キャリアウーマン達が気軽におしゃれを楽しめるプレタポルテ(既製品の洋服)が好まれるようになります。60年代以前と以後とでは、ファッションの生産スタイルも大きく変わるようになりました。
60年代に入ると、イヴ・サンローランやバレンシアガなどの革新的なブランドが登場し、ハイクオリティなプレタポルテコレクションを発表。そこからプレタポルテが広まるようになり、60年代のレディースファッションには欠かせない物となりました。このように、60年代はファッションを楽しむ方法についても大きな変化が現れたと言えます。今では当たり前になったファッションスタイルも、60年代にその大部分が基礎付けられたのではないでしょうか。

60年代ファッションの特徴!【パンツスタイル】

Jeans Pants Trouser Buttons · Free photo on Pixabay (156378)

60年代ファッションの基本的な情報をチェック出来たら、レトロモダンで可愛い60年代ファッションの魅力や特徴について見ていきましょう。パンツスタイルやスカートスタイルなど、60年代はレディースファッションに色々な選択肢が生まれた年代でもあります。それまでのファッションスタイルから大きな変化が生まれた60年代には色々なファションの特徴があるので、60年代の可愛いレトロモダンスタイルを楽しみたい時は要チェック。まずは、60年代の魅力的なパンツファッションを見ていきましょう。
60年代は、女性のファッションにパンツスタイルが組み込まれるようになった年代です。60年代以前は、パンツスタイルは男性のファッションとされてきました。しかし、60年代に入ると女性の社会進出が進み、自分なりのファッションを楽しむ女性が急増。そこへイヴ・サンローランを始めとした60年代を代表するファッションブランドがレディースパンツスタイルを続々と発表した事から、女性もパンツスタイルを楽しむようになりました。そんな60年代のトレンドだった魅力的なパンツスタイルの特徴をチェックしましょう。

パンタロン

60年代ファッションのパンツスタイルの特徴として、まず挙げられるのがパンタロン。パンタロンとは、膝から徐々に裾が広がっているタイプのパンツの事です。60年代ファッションと言うと、パンタロン姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。60年代以前は男性の物だったパンツスタイルは、パンタロンのようなフェミニンな要素のあるデザインが発表された事で、女性のファッションとして魅力を増すようになりました。60年代の女性が自分のファッションを楽しむ為に、パンタロンは欠かせないアイテムとなっていきます。
60年代のトレンドだったパンタロンは、バギーパンツなどと名前を変えて、現在でも人気のファッションアイテムとして注目されています。現在では切りっぱなしのデニムバギーパンツなど、様々な形に変化していますが、裾広がりのデザインは60年代と変わりません。こうした事からも、60年代のファッショントレンドが現在のファッションにも大きな影響を与えている事が分かるのではないでしょうか。60年代の革新的なファッションは現在においても大きな魅力を持っています。

ジャンプスーツ

60年代にパンタロンが流行すると、様々なパンツスタイルが60年代のファッションシーンに登場するようになりました。そのうちの1つが、60年代の女性のファッションとして好まれたジャンプスーツです。ジャンプスーツとは、トップスとボトムスが一体化したファッションアイテムの事。このスタイルは、60年代のキャリアウーマン達の間で人気を集めるようになりました。60年代のジャンプスーツは幾何学模様や派手なカラーが使われる事が多く、それが60年代ファッションの特徴として魅力を増していく事になります。

サブリナパンツ

サブリナパンツも、60年代に大流行したファッションアイテムです。サブリナパンツがトレンドとなったきっかけは、60年代に人気を博した女優・オードリーヘップバーン。オードリーヘップバーンがサブリナパンツを着用した所、人気に火がついて60年代の女性達がこぞって取り入れるようになりました。60年代は体のラインが出るようなファッションが女性に好まれるようになり、ぴったりと脚にフィットするサブリナパンツも、そのトレンドを取り入れたおしゃれなアイテムとして60年代の女性に愛用されるようになります。
102 件
着用アイテム