練り香水の作り方まとめ!簡単に手作りできる自分だけのレシピは?

Description
ワセリンやニベア、ミツロウなどを使った練り香水の作り方をまとめました。自分で練り香水を手作りすることができたらとても便利。好みのアロマの香りで手作り練り香水を楽しみませんか?シアバターやワセリン、ニベアといった材料、アロマ、容器を準備すれば簡単な作り方で手作り練り香水は完成します。ヴァセリンとワセリンとどちらが練り香水に良いのかも含めて作り方をチェックしましょう。

練り香水の作り方はとっても簡単

練り香水というと市販されているイメージが強いかもしれませんが、実は簡単な作り方で手作りすることができます。ワセリンやシアバター、ニベア、ミツロウなど身近な材料を使った作り方なら、初心者の方でも気軽に手作り練り香水にチャレンジできるのではないでしょうか。好みのアロマエッセンシャルオイルを使えば、心地良い香りのオリジナル練り香水が出来上がります。「香りを楽しみたいけど、好みの練り香水がないなあ」という場合は、手作り練り香水にチャレンジしませんか?簡単な練り香水の作り方をご紹介します。

練り香水とは?

まずは練り香水とはどんなものなのかをチェックしていきましょう。練り香水とは、ミツロウやシアバターといったものを原料にした香水のことです。ミツロウやシアバターなどにアロマエッセンシャルオイルといった好みの香りを混ぜて練りこむことで完成。香水というと液体状の香水を思い浮かべるかもしれませんが、こちらはアルコールをベースとして製造しているのが特徴です。
アルコールを使用しているので香りが揮発しやすく、人によってはキツい香りを感じる場合があるかもしれません。練り香水の倍はミツロウやシアバターなどを原料としているため、揮発しにくいのが特徴。ふんわりとしたアロマの香りが広がります。香水の香りが苦手、という方も練り香水なら気軽に良い香りを楽しめるのではないでしょうか。

作り方を覚えれば好きな香りで練り香水が作れる

練り香水は、実は簡単な作り方で手作りすることができます。「好みの香りがない!」という場合は、練り香水を手作りしてみませんか?ミツロウやシアバターの他にニベアやワセリンといったものを原料にした作り方も可能。好みの原料を使い、アロマの香りをたっぷり楽しめる練り香水の作り方を学んでいきませんか?

練り香水の作り方【ミツロウ編】

まずは、ミツロウを使った練り香水の作り方見ていきましょう。ミツロウとは、ミツバチの巣であるロウを精製することによって作ったものです。ミツロウは保湿効果が期待できるのが魅力。また、ひの皮脂と近い成分なので馴染みやすいのも嬉しいポイントです。肌に直接つける練り香水に使うのに最適な原料ではないでしょうか。ミツロウは練り香水以外にはろうそくや床ワックスといったものを手作りするのにも使われます。

ミツロウを使用した練り香水に必要なモノ

Oil Geranium Leaves · Free photo on Pixabay (105052)

ミツロウを使った練り香水の作り方に必要な材料をご紹介します。ミツロウの他にホホバオイル、つまようじ、割り箸、湯煎用の鍋、湯煎用の容器、練り香水を入れる容器、お好みのアロマエッセンシャルオイルや香水を準備しましょう。ホホバオイルは保湿効果があるオイル。肌に馴染みやすいので、スキンケアに使う方も多い人気アイテムです。ホホバオイルとミツロウを合わせることで、さらなる保湿効果を期待できるのではないでしょうか。

ミツロウとホホバオイルを湯煎で溶かす

ミツロウはブロック状に固まっているので、湯煎でとかしています。湯煎用の容器にミツロウとホホバオイルを入れたら、お湯を沸かした湯煎用の鍋に入れてください。ミツロウ:ホホバオイルは1:2の割合で入れます。ホホバオイルが少ないと硬いテクスチャーに、多いと柔らかいテクスチャーになるので好みで調整してください。湯煎にかけるとミツロウはすぐに溶けてくるので、溶けたら湯煎用の鍋からあげます。

好きなオイルや香水を入れる

Leaf Mint Herb · Free photo on Pixabay (105055)

湯煎からあげたら、お好みのアロマエッセンシャルオイルや香水を数滴垂らします。5滴くらいで十分に香りが出てくるので、調整しながら香りをプラスしていきましょう。つまようじか割り箸を使って混ぜ合わせたらOKです。ミツロウは固まりやすいのでこの作業は素早く行うのが作り方のポイント。寒い部屋で作業を行なっているとすぐに固まってしまうことがあるので、暖かい場所で手作りするのがおすすめです。

容器に移して冷ます

しっかりと混ぜ合わさったらお好みの容器に注ぎ入れます。ミツロウの場合、容器に注いでから5分ほどで固まるので、しばらく待ちましょう。固まったら手作り練り香水の完成です。とても簡単な作り方なので、初心者の方でも気軽に手作りすることができるのではないでしょうか。ミツロウが固まらないように早めに作業をしていくことが大切になるので、手作り前に作業工程を確認しておいてください。

練り香水の作り方【ワセリン編】

続いて、ワセリンを使った練り香水の作り方をご紹介します。ワセリンを使った作り方はミツロウよりも準備するものが少なく、比較的リーズナブルに手作りすることができるので、試しに練り香水を作ってみたい場合に良いかもしれません。ワセリンは全身に使うことができる保湿ケアアイテムとして知られているのも魅力的なポイント。「ワセリンに似たようなものでヴァセリンもあるけど、これはどうなの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ヴァセリンについては後ほど詳しくご紹介します。

ワセリンを使用した練り香水に必要なモノ

ワセリンを使った練り香水の作り方に必要なのは、白色ワセリン、お好みのアロマエッセンシャルオイルや香水、割り箸、容器になります。白色ワセリンは100円均一ショップでも手に入れることができるので、気軽に練り香水を作りたい場合に良いのではないでしょうか。

ワセリンを容器に入れる

まずは、ワセリンを好みの容器に入れます。ワセリンはもともと滑らかなテクスチャーなのでミツロウのように湯煎にかける必要がありません。こういったところもワセリンで練り香水を手作りすることのメリット。使用する容器は可愛いデザインにするのがおすすめです。持ち運ぶのが楽しみになるので、ぜひ好みの容器を使ってみてください。

好きなオイルや香水を入れよく混ぜると完成

63 件
着用アイテム