結婚式のパンプスのヒールの高さや太さはどのくらい?色やデザインのマナーも紹介

Description
結婚式に招待されると「どんな服装にしよう」と悩んでしまう方も多いはず。招待された結婚式で自分が着る服装の準備に忙しくて、合わせるパンプスの事を忘れていて焦った、なんて事もありますよね。結婚式に出席する時の服装が素敵でも、服装に合っていないパンプスやマナー違反のパンプスを履いていたら、折角準備した服装が台無しです。招待された結婚式で失敗しないために知っておくべき色や素材、デザイン、マナーについてご紹介します。結婚式におすすめなブランドパンプスのコーディネートもご紹介します。

結婚式にお呼ばれしたらどんなパンプスを選ぶべき?

結婚式に招待されたら、真っ先にどんな服装を着ていくかを考えますよね。服装の準備に忙しくて合わせる「パンプス」の事を忘れていませんか?どんなにおしゃれで素敵な服装をしていても、服装と合わない「パンプス」やマナー違反の「パンプス」を履いていたら台無しです。招待された結婚式へ「お祝いする気持ちを表したおしゃれな服装とパンプス」で出席できたら、相手にもお祝いの気持ちが伝わります。デザインや素材の注意点をご紹介します。

足元のマナーまでしっかりチェックしておこう

足元のマナーは意外とチェックされている事が多いです。「服装はおしゃれでも足元がマナー違反ね」なんて思われたら悲しいですよね。招待された結婚式でマナー違反の靴を履かないように、結婚式の靴のマナーについて確認してみましょう。

NG例①ブーツ

どんなに高価でデザインが素敵なブーツでも、ブーツは「カジュアル」な扱いになりマナー違反になります。結婚式に着ていく服装にぴったりでも、ブーツは「フォーマル」な場にふさわしくありません。もし招待してくれた方が「ブーツ履いて大丈夫」と言ってくれても、マナー違反で他の出席者に不快な思いをさせる可能性が有るので、ブーツを履くのは避けましょう。

NG例②オープントゥのパンプス

オープントゥのパンプスも「カジュアル」な靴の扱いになりマナー違反になります。最近では、オープントゥのパンプスやサンダル、ミュールなどは結婚式で履いても大丈夫!なんて声も有りますが、正式な「フォーマル」な場ではマナー違反となります。招待してくれた人の為にも、オープントゥのパンプスを履くのはやめましょう。

NG例③動物柄や革素材のパンプス

動物柄の素材を使ったパンプスや、革素材を使ったパンプスは「生き物の殺生」を連想させる為、お祝いの場にはふさわしくなくマナー違反と言われています。「ワンポイントなら大丈夫?」と思うかもしれませんが、動物柄の素材や革素材のパンプスは避けて、他のパンプスを合わせるのをおすすめします。

NG例④カジュアルなスニーカー

歩きやすく安定感のあるスニーカーも「カジュアル」なのでマナー違反になります。「フォーマル」な服装をわざと崩すためにスニーカーを合わせるおしゃれ上級者もいますが、他の参列者に不快な気持ちを与えないためにも、スニーカーを履くのは避けましょう。

結婚式に選ぶべきパンプスマナー【ヒールの高さと太さの基準】

結婚式へ出席する時は、パンプスだったらどんなデザインでもOKという訳ではありません。パンプスでも選ぶデザインによってはマナー違反となる事が有ります。これから、結婚式にふさわしいパンプスについてご説明します。

高さは3㎝くらいのヒールがベター

結婚式におすすめのパンプスは、ヒールの高さが3センチ前後のパンプスです。ヒールが高すぎると安定感がなく不安定な印象になる事が有ります。3センチ前後のヒールは女性の足を品よくおしゃれに見せてくれるので、おすすめです。ただし、ヒールに自信がない方や、妊娠中の方、体調の悪い方は無理をせずローヒールのパンプスを選びましょう。

太すぎるヒールやウェッジソールは避けて!

デザインがおしゃれで素敵なパンプスでも、太いヒールだったりウエッジウッドのヒールのパンプスは「カジュアル」な印象になってしまいます。おしゃれなパンプスは素敵ですが「カジュアル」になる太いヒールやウエッジウッドのヒールは避ける事をおすすめします。

結婚式に選ぶべきパンプスマナー【色やデザインの基準】

結婚式にふさわしいパンプスでも、ドレスや身に付けるアイテムと合わないパンプスだと、残念ながらマナー違反と思われる事も有ります。着るドレスの色毎にお勧めしたいパンプスや、結婚式のふさわしいパンプスのデザインについてご紹介します。

黒や紺モノトーン系のドレスの場合

62 件
着用アイテム