同棲のお金で初期費用にかかる金額は?1ヶ月の生活費ってどのくらい?

Description
同棲をする上で初期費用にかかるお金ややりくりをしてお金が貯まる方法をまとめました。同棲にかかる初期費用のお金はもちろんのこと、同棲をスタートした後もお金の分担管理方法をやりくりして貯まるようにしておくのがおすすめ。楽しい同棲にするためにも初期費用の管理やお金が貯まるやりくり方法はとても大切なポイントです。初期費用にかかるお金や貯まるお金の管理方法をチェックして、同棲を満喫しましょう。

同棲にかかる初期費用のお金はどのくらい?

知っておきたい同棲の初期費用のお金

Holding Hands Couple · Free photo on Pixabay (37017)

恋人との同棲が決まったらワクワクとした気持ちになりますが、一方で現実的なお金の問題も出てきます。同棲で生活を共にするということはお金の話も絡んでくるため、しっかりとお金を把握しておくことが大切。同棲を始めるにあたって最初に出てくるのが同棲の初期費用です。初期費用がどのくらいかかるのかを把握してから同棲ができるかどうか判断するのも1つの方法ではないでしょうか。

同棲の初期費用にかかるお金は家賃の5ヶ月分ほど

Money Tower Coins · Free photo on Pixabay (37018)

一般的に、同棲の初期費用にかかると言われているのが家賃の5ヵ月分。同棲をスタートするにあたって物件を探すときは、初期費用がどのくらいかかるのか、初期費用を払えるくらいのお金を貯まることができるのかを考えながら家賃を設定することも重要なポイントです。物件が決まっても初期費用が払えなければ同棲をスタートさせることはできません。

具体的な同棲の初期費用にかかるお金の内訳

同棲にかかる初期費用の内訳を具体的に見ておきましょう。賃貸契約でよく目にする敷金とは、家賃滞納や修繕費用に当てられるお金のことで、一般的に家賃一ヶ月ほどかかります。礼金は大家に納めるお金のことで、最近は礼金なしのところも多数。不動産業者に払う仲介手数料は家賃一ヶ月分が多いです。前賃金に関しては1〜2ヵ月分のところがほとんどではないでしょうか。
Bank Note Dollar Usd · Free photo on Pixabay (37020)

この他に鍵交換費用や火災保険費用、共益費といったものが初期費用としてかかってきます。初期費用がかさんだことで同棲が破綻する、ということもあるので初期費用のお金についてはしっかりと把握しておきましょう。

家具や生活雑貨は同棲前にやりくりするのがおすすめ

Couch Furnitures Indoors Interior · Free photo on Pixabay (37022)

賃貸関係以外でかかる初期費用と言えば、生活雑貨系です。同棲を始めるにあたって家具などを一新したい気持ちになりますが、そうすると初期費用がかさむのが問題。初期費用をなるべく抑えてお金をやりくりしたい場合は、お互いの家にある家具や雑貨を持ち寄って使えるものを選別していきましょう。同棲を始めてお金に余裕が出てきたら少しずつ新しいものを買うと良いかもしれません。

同棲を始める前にお金が貯まる工夫をしよう

Cashbox Money Currency Cash · Free photo on Pixabay (37023)

このように、同棲には意外とお金がかかります。初期費用のことを考えずに同棲を決めてしまうと、後からお金の問題が起きる可能性があるのではないでしょうか。同棲は見切り発車せず、初期費用を貯まるようにしてからスタートさせるのがおすすめです。

【パターン別】同棲を始めた後のお金の分担管理方法

同棲中の生活にかかる一ヶ月のお金の内訳

Euro Seem Money · Free photo on Pixabay (37034)

それでは、同棲中の生活にかかる一ヶ月のお金の内訳についても見ていきましょう。家賃・光熱費・通信費・食費・日用品費などが一ヶ月にかかる同棲中のお金の内訳としてあげることができます。これらの一ヶ月にかかるお金は、同棲する時にお互いで分担して管理する方法がおすすめ。お金の分担を決めておかないと管理しづらくなるので気をつけましょう。

新卒社会人彼氏と学生彼女の同棲の場合

Business Suit Man · Free photo on Pixabay (37035)

タイプ別に同棲中のお金の分担管理方法をチェックしていきましょう。新卒社会人彼氏と学生彼女の場合、社会人になった彼氏の方が収入があるため家賃や食費、光熱費などを多めに分担する管理方法が多いようです。生活費にかかる一ヶ月のお金は20万円ほどと言われています。ただし、学生彼女に仕送りがある場合、新卒社会人彼氏のお財布事情が苦しくなったら多めにお金を出すパターンもありました。

お互い社会人同士のお金の分担管理方法

Beard Business Walking · Free photo on Pixabay (37037)

お互いに社会人となり、それなりにお金にも余裕のあるカップルが同棲した場合は折半するパターンが多いようです。ただし、どちらかの収入が多い場合はそちらがお金を多めに出して分担する方法を取ることが多数。一ヶ月の生活費は平均で30万円ほどでした。社会人カップルの場合はお金に余裕があることが多いので、一ヶ月の生活費の他に娯楽費も少し多めに出してデートなどを楽しむことがたくさんあるようでした。

会社員彼氏とフリーター彼女のお金の分担方法は?

Adult Couple Walking · Free photo on Pixabay (37039)

会社員彼氏とフリーター彼女の場合、一ヶ月の生活費は20万円ほどのパターンが多数。フリーター彼女の方の収入が不安定なので会社員彼氏の方が一ヶ月の生活費の大半を支払うことが多いようでした。会社員彼氏が多めに生活費を払う代わりに、彼女は家事を中心に行うなど役割分担をすることでバランスを取っているようです。
65 件
着用アイテム