クッションファンデの使い方!憧れのツヤ肌を手に入れるポイントは塗り方が大事!

Description
魅力的な美肌になれるクッションファンデの特徴や使い方、おすすめの人気商品をまとめました。クッションファンデで魅力的な美肌を作る為にはクッションファンデの特徴を押さえた使い方をするのがおすすめ。化粧直しでの使い方も知っておくと役立ちます。パフの使い方や下地の有無、パウダーでの仕上げなど基本的なクッションファンデのポイントを把握しておけば、簡単に美肌が作れるように。下地機能などを持ち合わせた、便利なクッションファンデの使い方をチェックしていきましょう。

美肌に見せるクッションファンデの使い方を紹介!

「魅力的な美肌になりたい!」という場合におすすめしたいのがクッションファンデーション。クッションファンデーションは、簡単な使い方で下地から仕上げまでオールインワンで完了させる事が出来る、便利なベースメイクコスメです。薄付きなのに、しっかりと肌をカバー出来る人気のクッションファンデーションであれば、ナチュラルで魅力的な美肌になれるのではないでしょうか。クッションファンデーションがどのような特徴があって、どういった使い方であれば魅力的な美肌になるのか知っておくと便利です。
今回はクッションファンデーションの特徴&魅力、美肌を作る為の使い方についてまとめました。下地は使った方が良いのか、パウダーで仕上げる必要があるのかなど、クッションファンデーションの使い方の基本を押さえておけば、簡単に美肌に仕上げる事が出来るようになります。また、クッションファンデーションの人気おすすめ商品もご紹介。クッションファンデーションには色々な人気商品があるので、おすすめの中から自分にぴったりなクッションファンデーションを見つけるようにしてみましょう。

クッションファンデの特徴・魅力

最近、人気が出てきたクッションファンデーションですが、一体どういった所が魅力なのでしょうか。そこで、まずはクッションファンデーションの特徴についてご紹介します。クッションファンデーションとは、リキッドファンデーションが染み込んだスポンジをコンパクトに入れたタイプのファンデーションであるのが特徴。クッションファンデーションは、スポンジにしっかりとファンデーションが染み込んでいるので、パウダーファンデーションを使うような感覚でパフを用い、ツヤのある美肌に仕上げられる所が大きな魅力です。
リキッドファンデーションを使う場合は手が汚れやすくなりますが、クッションファンデーションはパフにファンデーションを取って直接肌に塗れるので、手が汚れません。また、コンパクトタイプで持ち運びしやすい為、化粧直しにもぴったりなのが魅力。気になる所をパフでさっと押さえるだけで、化粧直しをする事が出来る所が特徴です。化粧直しで簡単に美肌を取り戻したい、という場合にもクッションファンデーションの特徴を活かしてみましょう。クッションファンデの特徴や、魅力を踏まえた使い方なら美肌になれるはずです。

クッションファンデが崩れる原因

Paper Parchment Stains · Free image on Pixabay (153623)

リキッドファンデーションやパウダーファンデーションにはない特徴や魅力のあるクッションファンデーションですが、特徴を活かした使い方をしていないと「使ってみたらすぐに崩れてしまった…」となってしまうかもしれません。クッションファンデーションの使い方が間違っていると魅力を十分に引き出す事が出来ず、化粧直しの頻度が高まってしまう可能性があります。そうならないように、クッションファンデが崩れる原因の特徴を把握しておく事が大切。正しい使い方でクッションファンデの魅力を発揮させていきましょう。
特徴や魅力を生かした正しい使い方でクッションファンデーションを用いれば、理想の美肌に仕上げやすくなります。メイクをする段階でしっかりとベースが出来ていれば、不要な化粧直しの時間を作らなくても良くなるのではないでしょうか。いつでも魅力的な美肌をキープ出来るように、クッションファンデーションが崩れる原因についてチェックしてみてください。

原因①パフでスライドして塗っている

Sponge Down Cosmetics Accessories · Free photo on Pixabay (148294)

クッションファンデーションは、パフでスポンジに染み込んだファンデーションを取ってから顔に塗るのが特徴です。しかし、パフの使い方が間違っていると、クッションファンデーションがしっかりとフィットしなくなってしまうので気をつけましょう。パフを肌の上でスライドさせて塗る使い方はNG。パフをスライドさせた時はクッションファンデーションが付いて馴染んだように見えますが、表面だけにファンデーションが付いている事になるので後から崩れやすくなります。
クッションファンデーションは、パフで肌に叩き込むように馴染ませる使い方が最適。こういった使い方をする事で、クッションファンデーションの特徴を生かしやすくなります。

原因②保湿不足による乾燥

Sad Girl Sadness Broken · Free photo on Pixabay (148296)

クッションファンデーションが崩れる原因として、続いて挙げられるのが保湿不足という事です。肌にツヤ感を与えられるのが特徴のクッションファンデーションですが、保湿が十分に出来ていないとファンデーションが肌に馴染まず、崩れる原因となってしまうでしょう。保湿不足によるメイク崩れはクッションファンデーションに限らず、他のファンデーションでも起き得る事です。メイクをする前はしっかりと保湿をしておく事でメイクが崩れにくくなり、魅力的な美肌をキープしやすくなるのではないでしょうか。

原因③パフに付けすぎ

「シミやくすみを消したい!」という気持ちが強すぎて、クッションファンデーションをパフに沢山取っていませんか?クッションファンデーションは、少量をパフに付けるだけでも十分に効果を発揮してくれるのが特徴です。その特徴を活かさず、クッションファンデーションをパフで厚塗りするとメイク崩れの原因に。
クッションファンデーションを厚塗りするとナチュラル感もなくなり、不自然な印象になってしまうかもしれません。薄付きでもカバー力が高いクッションファンデーションの特徴を活かして、パフで厚塗りしないようにしましょう。

原因④パフの汚れ

クッションファンデーションに付属しているパフを繰り返し使っていると、徐々に汚れていきます。パフの汚れを放置しているとパフに付いたファンデーションや皮脂などが酸化して、細菌が繁殖する原因となるので気をつけましょう。不衛生なパフを使っていると肌荒れの原因となり、それが結果としてメイク崩れを引き起こします。何日も同じパフを繰り返し使っている、という場合はパフを清潔な状態にしてからクッションファンデーションを使うのがおすすめ。パフの汚れ具合を確かめて、清潔に使ってみてください。

パフの洗い方

クッションファンデーションのパフを洗う頻度は、1週間に1回程度を目安にしましょう。1週間の終わりに、パフを洗うようにする習慣を作っておくと良いかもしれません。パフの洗い方はとても簡単。ビニール袋にぬるま湯を入れたら、専用のクレンジングか中性洗剤を入れます。そこへパフを入れたら、もみ洗いしてください。パフから汚れが出てきたらぬるま湯ですすぎます。洗剤をしっかりと落としてから陰干しをし、しっかりと乾いたらOK。パフを洗う事を考えて、幾つか予備のパフを持っておくと便利です。

クッションファンデの使い方【基本】

クッションファンデーションが崩れる原因を把握出来たら、基本的な使い方について学んでいきましょう。クッションファンデーションの使い方はとても簡単ですが、使い方が間違っていると特徴を活かしきれない場合があります。クッションファンデーションでツヤのある美肌を作る為にも、使い方にはこだわりましょう。基本的な使い方さえ覚えておけば、化粧直しの必要がないくらいの魅力的な美腹になれるのではないでしょうか。
95 件
着用アイテム