角栓を綿棒で取れない時のコツとケア方法!硬い時の対処法やオリーブオイルの使い方

Description
気になる小鼻の角栓。角栓はメイクに影響を及ぼすだけでなく、しっかりとケアしていかないとどんどん増えていったり悪化していってしまいます。すっぴんになった時も、角栓があると残念な気持ちになりますよね。そんな、気になる角栓ですが、綿棒で取ることが出来ると話題になっています。今日は角栓を綿棒で取れない時のコツやケア方法、またオリーブオイルなどのオイルの使い方まで細かく解説します。

気になる角栓…取れない時のケア方法が知りたい!

鼻にポツポツと出てきてしまう角栓。この角栓があるとメイクにも支障が出てきてしまいますし、何よりもすっぴんになった時に、角栓が目立ち気になりますよね。気になる角栓ですが、毛穴パックなどで取ろうと思っても中々キレイに取れませんよね。角栓は毛穴パックなどで無理にとってしまうと、返って毛穴が広がってしまう危険もありますので、きちんとケアしておいて角栓レスになりましょう。では、気になる角栓の取れない時のケア方法を紹介します。

指?綿棒?そもそも角栓って取っていいの?

Question Marks Punctuation Symbol · Free image on Pixabay (47237)

鼻の角栓ですが、毛穴パックや指で押すと取れることもあり、癖になって角栓をとっている人もいるのではないでしょうか。鼻の角栓ですが、指で取るという人と、綿棒で取るという人がいますが、実際に角栓はとっても良いのでしょうか。実は鼻の角栓は取った方が良い角栓と、取らない方が良い角栓があります。
そもそも角栓とは何でしょうか。肌に無数にある毛穴ですが、肌は本来バリア機能があり雑菌などを自然とカバーしてくれていますが、肌の毛穴は無防備な状態になっていますので、雑菌などが入りやすくなってしまいます。そこへ皮脂が入ることで、雑菌などを入らないようにしてくれています。ですので、角栓を取ってしまうと雑菌が入りやすくなってしまい、ニキビなどの原因になってしまう可能性があります。
しかし、本来は毛穴に皮脂などがあっても目立たないようになっていますが、乾燥や皮脂が多く分泌されてしまっていると肌のターンオーバーによって排出されなかった角栓や皮脂が毛穴に溜まったままになり、毛穴の中で黒くなってしまったり固くなってしまいます。それが、気になる角栓です。このように黒く酸化してしまった角栓は取ってしまうのがおすすめ。その際ですが、指だと刺激が強いので綿棒で取るのがおすすめです。
Cotton Swabs Gxl Hygiene Body · Free photo on Pixabay (47258)

綿棒で角栓を取る方法は至って簡単です。オリーブオイルやホホバオイルなど無添加であり肌に優しいオイルを綿棒に染み込ませておきます。洗顔をして、蒸しタオルなどで毛穴を開いておき、そこへ綿棒をあてて優しく角栓を取りましょう。くるくると回すだけで、キレイになっていきますよ。

角栓を放置するのはNG

先程紹介したように、角栓は毛穴に元々あるものですが、肌の状態が良いと自然とターンオーバーに合わせて排出され、また新しい皮脂が分泌されます。しかし、肌の状態が崩れてしまっていると排出するサイクルがうまく働かないので、角栓は黒く酸化してしまいます。そうすると、古くなった角栓には雑菌なども多くなり炎症を起こしてしまいニキビの原因になってしまいます。
黒くなって目立っている角栓は、もう古い角栓になりますので放置しておくのは、ニキビなどの原因になりますので、速やかに対処することが大切です。角栓は正しい対処をしてあげると、キレイに毛穴も引き締まり元に戻りますので、しっかりとケアしてあげましょう。

ただ、無理に角栓を取るのもNG

気になる角栓ですが、黒く酸化した角栓は正しい対処方法で取ってあげることが大切です。しかし、キレイに取れない角栓の場合、無理やり取るのはNGです。取れない角栓を無理やり取ろうとすると、取り出した角栓の後はぽっかりと穴が開いた状態になってしまいます。元々、角栓が出来るという時点で肌は乾燥していたり、皮脂が過剰に分泌されている状態になりますので、穴が開いたままだとそこへさらに、皮脂が過剰に分泌され、穴に溜まっていってしまい、さらに大きな角栓が出来てしまいます。
ですので、角栓が取れないからといって無理やり取ってしまうのではなく、取れない角栓を取れる状態にまで肌の調子を整えてから、取り除くことが正しいケアになります。取れないからといって、指爪で取ろうとすると、肌を傷つけてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

角栓を綿棒で除去する際のコツ

気になる角栓ですが、毛穴パックや指や爪で角栓を取り除こうとしている人も多いのではないでしょうか。実は、毛穴パックや爪や指で角栓を除去するのはNGで、爪だと肌を傷付けてしまったり、爪についた雑菌が取った角栓の跡に入ってしまい炎症を起こしてしまう可能性があります。ですので、角栓を取るのには必ず綿棒を使用しましょう。綿棒は100円程度で購入することが出来ますので、1つ持っておくと便利ですよ。

綿棒で無理矢理押し出さない

爪や指で角栓を押し出さず、綿棒で優しく取り除くのがベストですが、綿棒で無理やり押し出してしまうと、結局一緒になってしまいます。綿棒はオイルをたっぷりと染み込ませておき、鼻に優しくあててくるくると転がすように、マッサージしましょう。中々取れないからといって、綿棒で角栓を押し出してしまうと、角栓がさらに大きくなり、どんどん目立っていってしまいます。

綿棒で強くこすらない

79 件
着用アイテム