ニキビ跡に効果的な化粧水17選!色素沈着や肌の凸凹などのお悩みを解決!

Description
ニキビに悩まされたことがあるという女性は多いでしょう。ニキビ跡にもクレータタイプ、赤みタイプ、色素沈着タイプと色々あるので、それぞれのタイプに合わせたアプローチをすることが大事です。そこで、ニキビ跡に効くとおすすめの化粧水を紹介します。ニキビ跡を治すにはとにかく根気が必要ですから、今回紹介するニキビ跡におすすめの化粧水を使い、丁寧にニキビ肌をケアして美肌を目指しましょう。

ニキビ跡におすすめの人気化粧水をご紹介!

肌の悩みは年齢によって理由が違ったりするものですが、比較的幅広い世代の女性が悩んでいるのがニキビに関する悩みです。ニキビと言うと、10代の青春真っ只中の時に出来るものというイメージが強いかもしれませんが、若い人だけではなく大人になってから出来るニキビに悩まされるという人も意外と多いものなのです。
若い時には皮脂が多いため、それが原因でニキビが出来てしまうということが多いです。しかし、大人になってからは若いころに出来るようなニキビとは違い、所謂「大人ニキビ」などと言われるようなニキビが出来ます。生活習慣・ストレス・ホルモンなど、理由は様々ですが、ニキビに対して外からアプローチするケア方法に関しては、若い頃に出来るニキビに対する物とはほとんど同じなのです。

ニキビ跡ケア化粧水の効果とは?

ニキビが出来ると、その痛みや見た目がとにかく嫌だという人が多いでしょう。ニキビが出来てしまうとどうしても気になってしまって、無意識のうちにニキビを触ってしまうということも多いです。ニキビは触らないのが一番なのですが、雑菌などが付いた手で触ってしまうと、ニキビが悪化してしまってニキビが治りにくくなってしまったり、また、早く治そうと誤った方法で潰してニキビ跡になってしまうこともあります。
ニキビ自体は潰すことで治ったかのように見えたとしても、それによって出来るニキビ跡のケアはかなり難しいものです。しかも、ニキビ跡の種類に関しても色々あります。例を挙げると、皮膚に赤みが残ってしまうようなニキビ跡や、皮膚に凹凸が出来てしまうようなニキビ跡、そして一番多いのが皮膚に色素沈着してしまうタイプのニキビ跡などです。いずれのニキビ跡もとても目立つものなので、何とかケアをしっかりして改善させたいものです。
そんな「ニキビ跡に効果がある」と言われている化粧水などは、各メーカーから数多く出ています。ニキビ跡に悩んでいる人であれば、色々調べてニキビ跡に試してみたことがあるのではないでしょうか。しかし、いまいちどの化粧水がニキビ跡に効果があるのか、そもそも本当に効果が期待出来るのかという点については、疑問を持っている人もいるかもしれません。
上で書いたように、ニキビ跡には色々な種類がありますが、それぞれのニキビ跡に効果があるとされている化粧水の種類は豊富であり、実際その化粧水を使うことでニキビ跡が改善されたという声も聞かれます。化粧水などによるニキビ跡に対して、外からのアプローチにプラスして、内面からアプローチすることも大事ですが、少なくともニキビ跡向けの化粧水を使うことでニキビ跡に何らかの効果が表れることはあるようです。

美容液・乳液との違いは?

今回紹介するのは、ニキビ跡に効果がある化粧水に関してですが、肌ケア用品にはその化粧水に加えて、美容液や乳液があります。そもそも化粧水と美容液・乳液の違いとは何なのでしょうか。肌ケアをしっかりするためには、化粧水と美容液・乳液の違いもしっかりと把握しておいた方が良いでしょう。
化粧水は肌に水分を与える役割を持っています。それに対して美容液は、肌に栄養を与えるために美容成分を浸透させる役割、そして乳液は化粧水の水分と美容液の美容成分を、しっかり肌に閉じ込める役割をそれぞれ持っています。テクスチャ的に乳液は肌の保湿のための物と思いがちですが、実は違うのです。保湿をしっかりと化粧水で行ったら、乳液で蓋をしなければ化粧水を使う意味もなくなってしまうのです。
化粧水・乳液・美容液には、それぞれの役割がしっかりとあることが分かりましたが、化粧水・乳液・美容液の付ける順番がとても大事になってきます。化粧水の後に乳液を塗るという人も実は多いように思われますが、上でも書いたように乳液は蓋をする役割ですから、肌に必要な物を塗った一番最後に乳液を塗るのが正しいのです。ですから塗る順番としては、化粧水→美容液→乳液となるので間違えないようにしましょう。
ニキビ跡がある人の場合は、洗顔した後にニキビ跡用の化粧水でしっかりと肌に水分を与え、その次にニキビ跡に特化した美容成分が入った美容液を肌に馴染ませ、そして最後に乳液を肌に付けてしっかりと蓋をしてあげれば、ニキビ跡用のスキンケアは完璧であると言えます。

ニキビ跡化粧水の選び方

続いて、ニキビ跡に効果があると言われている化粧水の、上手な選び方について見て行きましょう。冒頭でも書いたように、ニキビ跡と言っても、肌に赤みが出るタイプやクレーターが出来るタイプ、色素沈着してしまうタイプなど様々ですから、それぞれのニキビ跡に合った化粧水を選ぶ必要があります。それぞれのタイプに応じた正しい選び方や、化粧水に入っている成分別の選び方などを押さえて行きましょう。

ニキビ跡の症状で選ぶ①クレータータイプ

まず、クレータータイプのニキビ跡についてです。クレータータイプのニキビ跡は、見た目がまるで月に出来るクレーターのように凸凹しているもので、見た目が気になってしまいます。クレーターのようなニキビ跡は、かなり強い炎症が起きたために肌が硬くなって、縮んでしまうことによって出来ます。ニキビによる強い炎症によって肌の中のコラーゲンが壊されてしまって、クレーターになってしまうのです。
クレータータイプのニキビ跡は、壊れてしまったコラーゲンを再生させればクレーターが改善すると言われていますが、外科的な処置がクレーターには一番効果的です。しかし、もちろん化粧水でもクレーターのようなニキビ跡に効くものがあります。ただし、クレータータイプのニキビ跡を完全に治すということは難しく、肌自体を柔らかくすればクレータータイプのニキビ跡の悪化を防止することは可能です。
クレータータイプのニキビ跡を改善させるためには、肌の生まれ変わりを促すような成分が入った化粧水が有効でしょう。クレーターを改善させるために肌を柔らかくするには、保湿効果に特化した化粧水や肌にハリを与えるような成分が入った化粧水を選ぶのが良いです。成分としては、ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン・プラセンタなどが入った化粧水がクレータータイプにはおすすめです。

ニキビ跡の症状で選ぶ②色素沈着タイプ

次に色素沈着してしまうニキビ跡に効く化粧水の選び方についてです。色素沈着は、ニキビ自体が治っても、ニキビが出来ていた部分にメラニン色素が沈着してしまい、シミのような茶色や紫の濃い色が残ってしまうことです。そんな色素沈着タイプのニキビ跡へのアプローチ方法は、肌のシミなどを改善する際の化粧水の選び方とほぼ同じです。つまり、シミに効く成分が入っている物や美白効果のある化粧水を選びましょう。
また、美白効果に加えてメラニンにアプローチするような成分や、肌のターンオーバーを促進するような成分が入った物も考慮すると良いでしょう。具体的な成分としては、ビタミンC誘導体が一番有効な成分であると言えます。また、ビタミンC誘導体よりもさらに強い美白効果が期待出来ると言われているハイドロキシンという成分も、色素沈着タイプのニキビ跡には効果があると言われています。
143 件
着用アイテム