ワセリンとリップクリームの違いとは?効果やケアのやり方・おすすめを紹介

Description
冬になると空気の乾燥と共に唇の乾燥が気になりますよね。保湿しないと荒れたりひび割れたりしてしまうので、冬は唇のケアが重要な季節です。唇のケアと言えばリップクリームが思いつきますが、最近ではワセリンを唇に塗ってケアする方も増えているようです。特にワセリンを使ったパックは良く保湿をしてくれるそうですよ。今回は、注目されているワセリンによるケアとワセリンとリップクリームとの違いやおすすめのワセリンについてご紹介します。冬の唇ケアに是非参考にしてみてください。

ワセリンって唇に濡れるの?リップとの違いは?

冬が近くなると唇が乾燥してしまい、荒れたり皮が破けたりすることが増えてきますよね。体の部位の中でも、唇は角質がとても薄い部位です。そのため皮脂腺がなく乾燥しやすいため、冬場はどうしても唇のトラブルが増えてしまいます。
Lip Sensuality · Free photo on Pixabay (38976)

唇が荒れていると人に会う事に気が進まなくなったりしますよね。ひび割れまで悪化すると食事をする時に唇が染みてしまい、辛い経験をした方もいらっしゃると思います。唇のトラブルを防ぐためにも乾燥する秋冬は唇の保湿ケアに注意しなければなりません。
Face Make Up Lip · Free photo on Pixabay (38980)

唇の保湿と言えばリップクリームが代表的ですが、最近では「ワセリン」という薬をリップ代わりに塗る方も増えているようです。この「ワセリン」って乾燥に効果があると聞いたことがありますが、いまいちどんな薬かわからないですよね。唇に塗ったりしても良いのでしょうか。
Lips Women Makeup · Free photo on Pixabay (38988)

今回は、最近唇の保湿で注目されている「ワセリン」と「リップクリーム」の違いや効果についてご紹介して参ります。どんなケアのやり方がおすすめなのか、人気の商品についてもまとめてみました。是非この記事を参考にして、乾燥が気になる時期の唇ケアに役立ててください。
Lips Red Woman · Free photo on Pixabay (38991)

ワセリンを唇に塗って大丈夫?

ワセリンは肌の乾燥状態により、医療機関でも処方される安全な外用薬です。勿論薬なので過剰に塗ることは良くありませんが、唇に薄く塗る程度なら問題ないと言われています。子供と一緒に使えるので、安心できますね。
Mouths Lips People · Free photo on Pixabay (38998)

ワセリンとリップクリームの違い

ワセリンとリップクリームでは、油分で唇の皮膚を保護・保湿するという点では同じです。この二つの違いはリップクリームに含まれている成分です。リップクリームにも「ワセリン」は良く使われているのですが、それに加えて商品によってはつみつやコラーゲン、美容液を配合されています。その為、ワセリンは唇の保湿をしてくれる事に対して、リップクリームは美容効果がプラスされている事が多いです。最近では色付きのリップクリームも発売されていますよね。
Lip Balm Lipstick Cosmetics · Free photo on Pixabay (39004)

ワセリンを使ったリップケアのやり方

ワセリンとリップクリームの違いについて覚えた後は、ワセリンを使ったリップケアのやり方を見ていきましょう。ワセリンが乾燥に効果があることは聞いた事がありますが、実際どのようにして使用していくのはについて、あまり詳しく知りませんよね。次はワセリンの効果や正しい塗り方、おすすめのワセリンパックのやり方についてご紹介します。
Lip Balm Lipstick Cosmetics · Free photo on Pixabay (39007)

ワセリンにはどんな効果があるの?

ワセリンとは、医療機関やドラッグストアで手に入れることが可能な保湿がある塗り薬です。顔に使う事が出来るので、乾燥を防ぐためのスキンケアとしても使用される安全性が高い薬です。油分が多く含まれているので、スキンケア後にワセリンを塗ると水分の蒸発を防いでくれるため、仕事中や睡眠中でも乾燥することなく、お肌を乾燥から守ってくれます。
Beauty Woman Portrait · Free photo on Pixabay (39011)

ワセリンの正しい塗り方

ワセリンの正しい塗り方は、薄く少量を唇に塗る事です。実は乾燥を防ぐために何度も重ね塗りをしたり大量に塗ってしまうと、かえって乾燥を招いてしまいます。また、乾燥が気になる冬場は気温が低くなります、気温が低いとワセリンは固まってしまい適量に塗る事が難しくなってしまいます。冬場にワセリンを塗る時は手や指先に少量とって温めてから唇に塗るようにしましょう。
Model Face Portrait · Free photo on Pixabay (39015)

ワセリンパックのやり方

通常使いであれば、ワセリンを塗るだけでも唇の保湿保護をしてくれますが、早く「唇をツルツルにしたい」という方であれば、より効果がある「ワセリンパック」がおすすめです。即効性があるので、友達と会う日やデートの前日に唇が荒れていた時でも前日にワセリンパックをする事で、翌日の唇の状態が大分変ってきます。ワセリンパックのやり方をご紹介しますので、是非参考にしてみてください。
Lip Flower Woman · Free photo on Pixabay (39018)

必要なものは①ワセリン②はちみつ③ラップの3つです。まず、パックの準備としてワセリンとはちみつを1:1で混ぜ合わせます。ラップは唇より大きめのサイズに切っておきましょう。ワセリンパックの準備はこれだけです。次に洗顔後のキレイな唇に先ほど混ぜたワセリンパックを塗っていきましょう。少しはみ出すくらいの範囲に塗って、唇をワセリンパックで覆うように塗るのがコツです。
Model Face Beautiful Black And · Free photo on Pixabay (39028)

その後はラップを上からかぶせて5分~10分程度置いてふき取るか、軽く洗い流してから薄くワセリンを塗ればOKです。簡単ですよね。これだけではちみつの消炎効果により、唇がつるつるになります。ワセリンは温める事でテクスチャが柔らかくなるので、ワセリンパックをする一番おすすめなタイミングはお風呂上りです。是非試してみてくださいね。
64 件
着用アイテム