小顔になれる有効な方法11選!顔小さいねと言われる愛されフェイスになる秘訣!

Description
小顔になれる方法やリンパマッサージのやり方についてまとめました。小顔になるためにはメイクや髪型を工夫する方法やリンパマッサージのやり方を取り入れていくのがおすすめ。小顔になれるヨガの方法も学んでおくと、さらに小顔に近づくことができるのではないでしょうか。小顔になれるメイクや髪型にも特徴があるので、自分の顔にぴったりな方法を見つけていくことが大切です。小顔になれる方法をチェックしていきましょう。

小顔になれる有効な方法を紹介!

すっきりとした小顔は誰もが憧れるのではないでしょうか。顔が大きいとみんなで集合写真を撮影する時などに「みんな小顔なのに、自分だけ顔が大きい…」といったコンプレックスを感じる原因にもなってしまいます。そんな場合は小顔になる方法を取り入れるのがおすすめ。メイク方法や髪型だけでなくリンパマッサージや顔ヨガなどさまざまな方法を活用するやり方であれば、憧れの小顔を手に入れることができるかもしれません。自分にぴったりな方法で理想の小顔を手に入れていきましょう。

小顔・顔やせとは?

そもそも、小顔や顔やせとはどんなものなのでしょうか。小顔とは、フェイスラインがすっきりとした状態で他の人と並んでも顔が大きく見えない状態のことを指します。顔やせ方法を取り入れることで小顔に近づくことができるのがポイント。リンパマッサージや顔ヨガなどを取り入れることで顔やせすることができ、憧れの小顔になれるのではないでしょうか。綺麗な小顔を目指すためにはさまざまな方法を活用することが大切。効果的な顔やせのやり方でみんなの注目を引くような小顔を目指していきましょう。

小顔になれない原因は?

「小顔になりたい!」と思っていても、なかなか思った通りの小顔になることができない場合もあるのではないでしょうか。小顔になりたいのになれないのにはさまざまな原因があります。1つ目として挙げられるのが顔のむくみです。もともと小顔だったとしても顔がむくんでいては小顔には見えません。また、フェイスラインに脂肪が蓄積されることも小顔を遠ざける原因となります。もともとの骨格が大きな顔に見せやすい方の場合は、メイク方法や髪型のスタイリングのやり方が合っていないのかもしれません。
このように、小顔になれない原因にはバリエーション豊かな原因が挙げられます。メイクや髪型を工夫し、むくみを解消できるようなリンパマッサージ&ヨガを取り入れることで小顔になれるのではないでしょうか。小顔になるために取り入れていきたい具体的な方法についてチェックしていきましょう。

小顔方法①【メイク】

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (91503)

小顔になるためには、まずメイク方法を工夫するやり方を取り入れていきましょう。顔の形によってぴったりなメイク方法を活用することで小顔に見せることができるようになります。顔は大きく分けて面長・丸顔・エラはりといったタイプに分けることができるので、自分の顔はどのようなタイプでどういったメイク方法であれば小顔になれるのか把握しておくことが大切。日々のメイクのやり方を変えるだけでも小顔に見せやすくなるので、簡単な方法で小顔に近づきたい場合はメイクにこだわってみてはいかがですか。

やり方①面長

面長さんの場合、顔の縦のラインが強調されて小顔に見えなくなってしまう場合がよくあります。そんな面長さんが小顔になるためには、チークを入れる方法を工夫するメイクのやり方がおすすめ。面長さんの縦のラインを強調させないためには、チークを広めに入れるメイク方法にしていきましょう。頰の部分に楕円形を描くようにふんわりと広めにチークでメイクを行います。こうすることで顔の余白が埋められ、小顔効果のあるメイクに仕上げられるのがポイント。いつもよりチークメイクに意識を傾けて小顔になってはいかがですか。

やり方②丸顔

丸顔さんが小顔になるためには、ハイライトメイクのやり方を取り入れていきましょう。ハイライトメイクの簡単な方法で顔に立体感を持たせ、小顔効果を引き出していくのがポイントになります。丸顔さんが鼻筋や額にハイライトを入れると逆に顔が膨張して見えてしまうため、ハイライトメイクをする場合は目頭のくぼみの部分に入れるのがおすすめ。また、鼻筋のくぼんだ部分にもハイライトを入れてメイクをしましょう。このメイク方法で適度な立体感を持たせ、丸顔さんも小顔に近づけます。

やり方③エラはり

エラはりさんの場合は、チークとシェーディングを活用したメイクのやり方がぴったり。チークとシェーディングでメリハリのあるメイクをしていくことによってエラがはって大きく見えがちな顔を小顔に見せることができるようになります。まずは、チークをこめかみから斜めに入れるようにメイクをしましょう。髪の生え際の辺りにシェーディングを入れるメイク方法で影を作ります。続いて、エラがはった箇所から顎にかけてシェーディングメイクをしてください。このメイクをすることでエラを目立たせず小顔に見せやすくなります。

小顔方法②【髪型】

Blur Braided Hair Brunette · Free photo on Pixabay (91507)

小顔になれるメイク方法をチェックすることができたら、続いては髪型のヘアアレンジのやり方も工夫していきましょう。フェイスラインを上手にカバーすることができる髪型のやり方を把握しておけば、メイクの効果もプラスされてさらに小顔になれるのではないでしょうか。髪型を決める場合もかのタイプに合わせるのがおすすめ。面長や丸顔、エラはりといった顔のタイプに合わせて髪型を選んで小顔に近づいてみてはいかがですか。可愛い髪型で魅力を引き出し、小顔の可愛い女性に変身していきましょう。

やり方①面長

面長さんにおすすめしたい小顔の髪型として挙げられるのが前髪ありの髪型です。前髪を作る方法によって縦のラインをカバーし、小顔に見せやすくなるとされているので面長さんはこういった髪型を取り入れてみてはいかがですか。また、面長さんは縦のフェイスラインをカバーすることも大切なので横にふんわりと広がるような髪型がおすすめ。巻き髪でふんわり感を出したり、外ハネにして横のラインを強調するなどして面長を髪型でカバーして行きましょう。髪型を変える方法だけでも小顔に近づくことができます。

やり方②丸顔

丸顔さんはフェイスラインが丸いために顔が大きく見えやすくなるため、小顔になるためにはフェイスラインに沿った髪型にするのがおすすめ。特におすすめなのがボブの髪型です。ボブの髪型はフェイスラインに沿わせやすいので、小顔効果を期待できるのが嬉しいポイント。ふんわりウェーブをかければキュートな雰囲気の髪型になれます。ミディアムやロングにしたい場合は、フェイスラインの髪は短めにして顔に沿わせるようにしましょう。この髪型にする方法で丸顔をカバーし小顔効果を引き出せるのではないでしょうか。

やり方③エラはり

エラはりさんの場合の髪型は、前髪なしがおすすめ。前髪なしの髪型にすることによってエラをカバーし、すっきりと見せることができます。前髪は長めの髪型にしてセンターパートにしましょう。エラの部分を隠せるようにフェイスラインに沿わせるように髪型を整えていく方法だと小顔に見せやすくなります。
エラはりさんがぱっつん前髪の髪型にするとエラがさらに強調されてしまう可能性が高いため、小顔になるためには前髪なしの髪型でクールに決めてみましょう。可愛らしくしたい場合は巻き髪にするなど髪型のアレンジを工夫してください。

小顔方法③【マッサージ】

126 件
着用アイテム