アイライナーおすすめランキング21選!落ちにくい&にじみにくいアイテム!

Description
メイクの中でも主張が激しいのに難しいアイライナー。失敗するとメイクは台無し、汗や涙でにじんでしまえば悲惨な目元になってしまうアイライナーには、悩みに合わせた様々な商品が数多くラインナップされています。その中から自分に合うアイライナーを見つけるのは一苦労です。そんなアイライナーの人気アイテムをランキングにまとめてみました。人気ランキングを参考に、お気に入りのアイライナーを見つけてみませんか?

人気でおすすめのアイライナーをランキングで紹介!

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (146475)

アイライナーは目の印象を大きく左右するアイメイクです。失敗すると悲惨な結果を招く難しい印象のあるアイライナーの人気おすすめ商品をランキングで紹介して行きましょう。アイライナーの人気商品をランキングで紹介する前に、自分に合ったアイライナーを選ぶために知っておきたい知識を紹介します。
アイライナーには現在4種類のタイプが販売されており、タイプによっては使いやすい物もあれば、発色が良い物まで様々です。自分のメイクの仕方に合うアイライナーを選べるように、アイライナーの種類と、アイライナーの色が与える印象についてまとめてみました。まずは、アイライナーの役割について改めて説明しておきましょう。

アイライナーの役割は?

アイメイクの中でアイライナーの役割は、目のラインをはっきり際立たせて目をぱっちりと見せる効果にあります。アイライナーを、まつげの隙間を埋めるように使う事で、目元をはっきりさせる術が主流となっており、たったこれだけのメイクで目元がくっきりとして見え、デカ目効果が期待出来ます。

アイライナーの選び方

アイライナーには現在4種類のタイプが販売されています。タイプの他にはカラーですが、カラーに至っては膨大な数のバリエーションがあります。タイプによってはメイクの仕方が、カラーによっては相手に与える印象が大きく変わります。アイライナーの選び方として重要なタイプや色について説明しましょう。

アイライナーの種類で選ぶ

アイライナーにはいくつかの種類があります。初心者でも使いやすいペンシルタイプ、濃くはっきりとラインが引けるリキッドタイプ、リキッドよりも堅めで使いやすいジェルタイプなど、素材によって使いやすさや発色も様々です。アイライナーを選ぶ前にどのタイプがどんな特徴を持っているかしっかり押さえておきましょう。

アイライナーの種類①ペンシルタイプ

ペンシルタイプのアイライナーは堅めの素材で、色が付きにくいのが特徴です。色が付きにくい点はデメリットのように感じられますが、アイライナー初心者にはおすすめの種類になります。一回で色が付かないので、失敗が少ないのが特徴です。綿棒などで軽く擦れば落とせるので、修正しやすいと言うメリットもあります。ぼかしなどの工夫でナチュラルメイクにもおすすめのアイライナータイプです。

アイライナーの種類②リキッドタイプ

アイライナーのリキッドタイプは発色が良く、色づきやすい点にあります。ただ、リキッドを塗るテクスチャーが筆なので、柔らかすぎると手ぶれによりキレイなラインが引けないなど、不器用な人にはおすめ出来ないタイプとなります。くっきりとしたラインが引けるので、目尻のアクセントを付けるのにうってつけのタイプでもあります。

アイライナーの種類③ジェルタイプ

ペンシルタイプの難点である色づきの悪さを克服したのがジェルタイプのアイライナーです。ペンシルよりも柔らかいジェル素材となっており、体温で溶けて1塗りするだけでしっかり発色してくれます。ペンシルタイプの太線も引けるので、使い方によってはメイクバリエーションが豊かになります。

アイライナーの種類④クリームタイプ

近年クリームタイプのアイライナーが販売されていますが、その品質は先程紹介したジェルタイプと同じものです。ペンシルタイプの形状で、ペンシルタイプよりも柔らかめのテクスチャで色付きと発色がしっかりしているのが特徴となります。

アイライナーの色で選ぶ

Eyeliner Shading Cosmetics · Free photo on Pixabay (146470)

アイライナーは種類でも発色に違いが出ますが、色によって相手に与える印象は様々です。定番のブラックはキリッと際立つ目元に、ブラウンはブラックよりも柔らかな印象に、と色が与える印象を押さえて、目標となるアイラインに合うカラーを選びましょう。

黒でキリッとシャープな印象に

ブラックのアイライナーは濃くはっきり発色するのが特徴で、まつげの根元に太くラインを引く程に、洗練されたクールな印象になって行きます。引き締めるカラーとも言われており、塗りすぎると目が小さく見えてしまうので、上まぶたにのみ引くのがおすすめです。

ブラウンで優しくナチュラルな印象に

114 件
着用アイテム