【最新】眉毛の書き方基本とコツ!初心者でも簡単にできる方法は?

Description
ペンシルやパウダーなどの道具を使った初心者でも簡単な眉毛の書き方をまとめました。平行眉毛やアーチ眉毛など、2019年のトレンド眉毛の書き方を把握しておけば、初心者でも簡単に理想の眉毛に近づくことができます。パウダーやペンシルといった道具も揃えて、初心者が簡単にできる眉毛の書き方を学んでいきませんか?平行眉毛をはじめとした2019年最新眉毛をチェックして、簡単な初心者向けの書き方を取り入れていきましょう。

【2019年最新】眉毛の書き方を徹底調査

眉毛は顔全体の印象を決めると言っても過言ではないくらい重要なパーツ。眉毛の形によって柔らかな印象に見えたり、クールに見えたりと言ったようにさまざまなタイプに変わることができるので、なりたい自分のイメージに合わせた眉毛の書き方をするのがおすすめ。メイク初心者でも眉毛の書き方の基本を知っておけば簡単に理想の眉毛になれるので、ぜひ眉毛を整えて垢抜けてみましょう。

眉毛の黄金比を知っておこう

初心者でも簡単に眉毛を綺麗に書くためには、眉毛の黄金比を知っておくのがおすすめ。見た目の良い眉毛にするためには黄金比というものがあり、それに合わせた眉毛の書き方によって垢抜けた印象にすることができます。まずは、眉がしらと眉尻を見てみましょう。この2つの点が平行になるようにするのが眉毛の書き方の黄金比になります。
続いて、眉がしらと目頭を見ます。眉がしらは目頭よりも内側に来るように書くのがポイント。小鼻の膨らみの延長線上くらいの位置に眉がしらを持ってくると黄金比に沿った眉毛の書き方になります。眉山は眉毛の全体の長さの2/3くらいの位置に持っていくと綺麗に見えるのでチェックしておきましょう。小鼻と目尻の延長線上に眉尻を持ってくると眉毛のバランスが整います。このように眉毛の黄金比を覚えておけば初心者でも簡単に眉毛を書くことができるのではないでしょうか。

自分の理想はどんな眉毛かイメージしよう

眉毛の黄金比を把握したら、続いては自分がなりたい理想の眉毛の形をイメージしてみましょう。眉毛の形と一口に言っても、平行眉毛やアーチ眉毛、つり眉毛などバリエーション豊かな眉毛の形があるので、どういった自分になりたいのか考えておくことが大切になります。垢抜けた印象になりたい場合は2019年トレンドの眉毛の形を把握するのも重要。2019年最新の眉毛なら、おしゃれな雰囲気になれます。
初心者であったとしても、黄金比を押さえた上で理想の眉毛の形をイメージしておくことで2018年のトレンドバッチリな眉毛の書き方を楽しむことができるのではないでしょうか。初心者だからといって眉毛を整えるのを怠っていると、2018年のおしゃれを十分に楽しむことができません。2018年のトレンド顔になれるように自分がなりたい眉毛の書き方をチェックしていきましょう。

初心者必見!基本の眉毛の書き方

それでは、2018年の旬顔になるための眉毛の書き方について学んでいきましょう。初心者でも簡単な眉毛の書き方を把握しておけば、2018年のトレンド感のあるメイクを楽しむことができます。初心者で眉毛を整えるために必要なのが眉毛の書き方の順番。順番を押さえておくことで綺麗な眉毛に仕上げることができるので、最適な眉毛の書き方を見ていきましょう。

眉尻の下側を書く

眉毛の書き方で最初に書いていくのが眉尻です。眉尻の位置を決めることで、全体の眉毛の位置も決まるので鏡を見ながら書いていきましょう。黄金比では、眉尻は小鼻と目尻の延長線上に位置するようにするのがポイント。指でなぞるなどして、眉尻の位置を決めてください。位置が決まったら、眉尻の下側をアイブロウペンシルで書いていきます。

書いた下側と眉尻の上側を繋げる

ペンシルで下側の眉尻を書くことができたら、続いて上側の眉尻を書きます。下側の眉尻から書くことによって、位置が決まりやすくなるのでこの順番を守っていきましょう。下側の眉尻と繋がるように形を意識しながら書いてみてください。眉尻は先端部分を細く、眉山に至るまでに徐々に理想の太さになるようにしていくと垢抜けた印象になります。

眉がしらの下側を書く

眉尻から眉山にかけて眉毛を書くことができたら、眉がしらの方へ繋げていきます。眉がしらも眉尻と同じように下側から描いていきましょう。眉がしらの黄金比率は、目頭の内側、眉尻と平行の位置になるようにするのが書き方のコツです。眉尻と目頭の位置を確認しながら眉がしらの下側を書いていくようにすると初心者でも簡単に整えられるのではないでしょうか。

眉がしらの上側が必要なら書く

眉がしらは基本的に上側は書かなくても大丈夫です。眉毛が密集しやすい眉がしらは書き足しすぎると眉毛が濃くなりすぎて不自然になってしまうかもしれません。もし、眉がしらの部分が薄いのであればアイブロウパウダーで軽く書き足すのがおすすめ。アイブロウパウダーならふんわりと足りない部分をカバーできるのでナチュラルに眉毛を仕上げられます。このように順番を守っていけば初心者でも簡単に理想の眉毛にできるのではないでしょうか。

超簡単な眉毛の書き方のコツ

基本的な眉毛の書き方について見ていきましたが、初心者の場合は書き方のコツを把握しておくことも大切です。コツを知っておけば、さらに簡単に初心者でも眉毛を書くことができるのではないでしょうか。道具を使いながら眉毛を書くことに慣れていけば、コツを意識しなくても眉毛メイクをすることができるようになるので頑張ってみましょう。

眉毛は片方ずつではなく両方一気に完成させる

眉毛を書くときは片方ずつ形を書いていくのではなく、両方一気に仕上げていく書き方がおすすめ。片方の眉尻の位置を決めたらもう片方の眉尻の位置も決めるなど、部分ごとに交互に書いていきましょう。こうすることで左右で同じ眉毛の書き方に仕上げやすくなります。片方ずつ書いていると、後で見たときに形に違いが出てきてしまう場合があるので、初心者の方は一気に眉毛を書いていくようにしてみてください。

大きな鏡を使って書く

眉毛を書くときは大きな鏡を使う書き方がおすすめ。大きな鏡であれば、顔の全体を見ることができるので眉毛を描きやすくなります。眉毛の黄金比は、顔のパーツのバランスから決まるのがポイント。眉毛だけを見るのではなく、目の位置や小鼻の位置なども確認しながら眉毛を書き足す位置を決めていきましょう。全体の完成形を見やすいのも大きな鏡を使うメリットです。
初心者の場合、小さい鏡を使った書き方だと失敗する可能性が高くなります。小さい鏡を使っていると顔の全体を見ることができず、バランスを整えにくくなるのではないでしょうか。眉毛だけを見ている分には良くても、書いた後に全体を見てみたらアンバランスになっていた、ということになりかねません。眉毛の書き方で失敗するとやり直しが面倒なので、最初から大きな鏡を見て書いてみてください。
72 件
着用アイテム