面長に似合う帽子の選び方!小顔効果のある被り方も紹介【レディース】

Description
顔の形の中でも顔に関する悩みが多いのが面長さんです。顔の長さが比較的長いために、さらにボリュームを出してしまう帽子を使ったおしゃれを楽しめないと思っている人も多いでしょう。しかし、面長さんでも帽子を使ったおしゃれを楽しむ方法があるのです。そこで、面長さんにおすすめの上手な帽子の選び方や被り方、さらには、帽子を被った時に合うおしゃれなヘアアレンジ方法や、ヘアアクセサリーも併せて見て行きましょう。

面長さんだっておしゃれに帽子を被りたい!

顔の形には色々なタイプがありますが、中でも女性がコンプレックスを持っているのが面長タイプの顔です。面長さんはいわゆる顔の長さが長い顔立ちになるので、いろんな顔のタイプの人の中でも特に小顔になりたいと感じている人が多い顔であると言えます。しかし、そんな面長さんでもその顔の形をカバーする方法が多くあり、おしゃれアイテムの帽子でも面長の顔をカバー出来る方法があると言います。

面長の印象ってどんな感じ?

一般的に、面長の顔にはどのような印象が持たれているのでしょうか。やはり上でも書いたように、顔が比較的大きいというイメージや、顔が長いというイメージを持たれていることが多いようです。ただ、何も悪い印象だけではありません。面長さんは確かに縦のラインが長いタイプではありますが、顔のラインにカーブが少ないので、大人っぽくてクールな雰囲気を持っているという印象を持たれることも多いようです。

こんな人が面長タイプ!

面長さんがどのような顔の雰囲気なのかということは分かりましたが、具体的にどのような顔つきが面長の顔に当たるのかということを見て行きましょう。以下に当てはまる顔の形の人は面長タイプであるということが言えるでしょう。

頬が縦に長い

まず、頬が縦に長いのが分かりやすい面長タイプの人の特徴です。面長タイプの人は額が広い人が多いのですが、額が広くなくても目の下から頬にかけてのラインが長ければ、顔が長く見られます。また、頬の部分が長く見られる理由としては、頬の部分に丸みが無く、縦のラインがしっかり強調されてしまうために、頬が長く見られて面長になっているという場合があります。頬に丸みが無いため老けて見られることもあります。

目と目の間が狭い

目と目の距離感は人それぞれではありますが、左右の目の距離感が短ければ、それだけ横幅が狭く感じられるので、結果として縦のラインが強調されてしまいます。面長さんの場合は、そもそも縦のラインの方が長くて顔の横幅が狭いので、他の顔のタイプの人の目と比較すると、より目と目の幅が狭いことになります。そして目と目の間が狭いことで、より面長の顔を強調してしまっていることになるのです。

目からあご下までの距離が長い

面長さんの中でも顔のパーツの広い箇所が違いますが、ほとんどの面長タイプの人に共通して言えるのが、目から顎の下までの面積が広いという特徴です。そもそも目の下から顎の下は、顔の比率で言っても長めではあるのですが、面長タイプの人は他の顔のタイプの人よりも、さらにその部分の面積が広くて長いのです。そのため、面長に見られるだけでなく、顔自体が大きめに見られてしまったりすることもあります。

頬に余白が多く縦に平面的

面長タイプの人は頬の部分の余白が多い印象があります。それによって上で書いたように、頬の長さが長く見られたり、目から顎の下までの面積が広く見られたりするのです。また、平面的という点については、先ほども書いたように頬の部分にカーブがあまりないために、より頬の余白が増えてのっぺりとした印象に見られてしまうというわけです。

唇からあご下までの距離が長い

頬の部分の面積が広いことに加えて、さらに顎のあたりの面積が広いのも面長タイプの人の特徴です。面長さんは顎がシュッとしてクールな印象がある場合がありますが、顎先がシュッとしている分、唇から顎の先までの長さがより長くなってしまうのです。逆に顎の辺りの面積が狭ければ小顔に見られる傾向がありますから、面長タイプに人で顎の長さにコンプレックスを持っている人は多いでしょう。

面長に似合う帽子の選び方とは?【タイプ別】

帽子はコーデをおしゃれにするためには欠かせないアイテムです。しかし、面長タイプの人の中には帽子をおしゃれに被ることが出来ないと感じている人も少なからずいるようです。しかし、顔の長さにコンプレックスがある面長タイプの人でも、帽子の選び方に気を付ければ、コーデに帽子を取り入れることが出来ます。そこで、面長タイプの人におすすめの帽子の上手な選び方についてもチェックしていきましょう。

面長に似合う帽子の選び方①キャップ

まずは、面長タイプの人に似合うキャップの選び方についてからです。面長タイプの人におすすめの帽子は、浅く被れるタイプのキャップです。キャップのトップ部分が長かったりボリュームのある物の場合は、それを被ることによって面長の顔をさらに長く見せてしまうことになります。また、キャップのつばのデザインにも注目しましょう。帽子のつばはラウンド型になっているものが面長さんにはおすすめです。

面長に似合う帽子の選び方②カンカン帽

次に、面長さんにぴったりのカンカン帽の選び方についてです。夏になるとカンカン帽をコーデに取り入れたいところですが、面長さんはどのようなポイントに注意した選び方をしたら良いのでしょうか。カンカン帽に関しても、上で書いたようなキャップと同様、深さがそこまで深くなく、比較的浅いデザインのカンカン帽が面長さんには似合うでしょう。また、つばが狭い物を選ぶことでさらに小顔効果も期待出来ます。

面長に似合う帽子の選び方③ベレー帽

次に面長さんに似合うベレー帽の選び方についてです。ベレー帽は秋冬のコーデに取り入れたいおしゃれアイテムですし、より女性らしさを強調出来ます。ベレー帽に関しても、ボリュームが控えめなデザインを重視した選び方をすることが大事です。ベレー帽は柔らかい素材の物が多いですから、被った時にクタっとなるような物を選びましょう。特に、ニット素材のベレー帽であれば縦にボリュームが出にくいのでおすすめです。

面長に似合う帽子の選び方④ニット

ニット帽は冬のおしゃれに欠かせない定番アイテムであると言えます。ただ、イメージとしてはニット帽は縦のラインが印象的な帽子なので、帽子の中でもより面長さんには似合わないのではないかと思われがちです。しかし、面長さんにもピッタリの選び方があります。上に伸びるようなデザインのニット帽ではなく、後ろに垂れるようなデザインのニット帽を選ぶことです。柔らかい素材の物であれば後ろに垂れやすいでしょう。

面長に似合う帽子の選び方⑤キャスケット

キャスケットはボリュームが割とある帽子なので、面長さんには難しそうな帽子ではあります。しかし、そんなキャスケットでも面長さんに似合うデザインの物を選べば、おしゃれに被ることが出来ます。大切なのは、全体的にすっきりとしたデザインの物を選ぶことです。他の帽子と同様、つばが短い物であれば面長さんにも似合うでしょう。生地についても、しっかり目の生地よりもソフトな肌触りの薄い生地の物がおすすめです。

小顔効果のある被り方も紹介【タイプ別】

面長さんにも似合うデザインの帽子の選び方が出来ても、被り方が正しくなければ面長をカバーすることは出来ません。それぞれの帽子のデザインに合った上手な被り方をして、面長を小顔に見せられるように工夫しましょう。

面長に小顔効果のある被り方①キャップ

まずは、面長さんにおすすめのキャップの被り方からです。縦にボリュームが出にくいデザインのキャップを選んだら、しっかりと深めの被り方をすると面長をカバーすることが出来ます。額の部分を帽子のつばで隠すように被れば、縦のラインをしっかりとカバーすることが出来ます。せっかく浅いデザインの帽子を買っても、浅めに被ってしまっては、縦のラインをカバーすることが出来ません。

面長に小顔効果のある被り方②カンカン帽

次に、面長さんにおすすめのカンカン帽の被り方についてです。カンカン帽はしっかりとした形が特徴的ですから、被り方を一工夫するといろんな雰囲気に見せることが出来ます。帽子をあえて深めに被ると、大人っぽい印象の面長さんがより大人っぽくクールに見えるでしょう。また、浅い帽子であれば、斜めに被ってあえて前髪を出す被り方もOKです。こなれ感が出た大人の女性の雰囲気になります。

面長に小顔効果のある被り方③ベレー帽

次に、面長さんにおすすめのベレー帽の被り方についてです。ベレー帽は帽子の中でも被り方が少々難しいです。頭にちょこんと乗せるような帽子の被り方も可愛いのですが、面長さんの場合はボリュームが出ることで縦のラインが強調されてしまいます。ですから、面長さんの場合は帽子が前髪を覆うように、深めに被るのがおすすめです。さらに、帽子を後ろに倒し気味にするとボリュームも出にくいでしょう。

面長に小顔効果のある被り方④ニット

次に、面長さんにおすすめのニット帽の被り方です。ニット帽は縦のラインが出やすい帽子ですが、面長さんの場合は帽子を後ろに垂らすように被ると良いでしょう。また、帽子を深めに被って額を隠すことで、顔の縦のラインをしっかりとカバーすることが出来ます。その際、前髪は上げずに斜めに流したり、サイドの髪の毛を出して顔の横のラインをカバーするスタイリングにすれば、より小顔効果が期待出来ます。

面長に小顔効果のある被り方⑤キャスケット

帽子の中でも比較的ボリュームが出やすいキャスケットの被り方についてですが、面長さんの場合はとにかくボリュームが出ないように被るのが大事です。キャスケットのトップ部分を少し潰すなどしてボリュームを減らしましょう。また、ベレー帽の被り方と同様に、後ろに少し倒し気味にして被ることでも、ボリュームダウンさせて小顔に見せることが出来るでしょう。

帽子を被る時のヘアアレンジを紹介!

次に、面長さんが帽子を被った時におすすめのヘアアレンジを紹介します。帽子を被る時にどのような髪型をするのかということもとても大事で、それによって面長をカバー出来たり、小顔に見せることが出来たりという効果があります。帽子を被ると頭を覆うことになるので、ヘアアレンジをする必要がないと思うかもしれませんが、それは勿体無い発想です。帽子から出る髪の毛をどのように処理するのかもとても大事です。

ヘアアレンジ①編みおろし

まず、面長さんが帽子を被った時におすすめのヘアアレンジは編みおろしです。編みおろしとは、後ろで1つにまとめるヘアアレンジで、顔周りがとてもスッキリして見える髪型ですから、帽子を被っている時にはぴったりの髪型なのです。おすすめの編みおろしのやり方は、髪の毛を大きく2つに分けてそれぞれ三つ編みをします。その三つ編みをそれぞれツイストさせてゴムで纏めてしまえば、あっという間に完成します。
ポイントは、すべての髪の毛を三つ編みでまとめるのではなく、サイドの髪の毛を残すようにして三つ編みするのがおすすめです。そうすることによって顔周りに髪の毛が残り、おくれ毛として帽子の脇から見せることが出来て、ラフな雰囲気を出せます。また、サイドにおくれ毛を出すことによって面長さんのフェイスラインをカバーすることも出来るのです。

ヘアアレンジ②外ハネ

帽子を被る時に髪の毛を外ハネにアレンジするのもおすすめです。特に外ハネアレンジは、ボブからショートボブくらいの長さの面長さんにおすすめのヘアアレンジです。帽子からはみ出た髪の毛が外にはねることによって、より女性らしいかわいらしさを主張することが出来ます。面長さんは顔の形がすっきりしていることから大人っぽく見られがちですから、ヘアアレンジによって可愛い雰囲気を出すというのも良いでしょう。
外ハネにするメリットは、シンプルな髪型をおしゃれに変えられるという点です。ボブスタイルなどは下の部分が重くなりがちな印象なのですが、その毛先をあえて外にはねさせることによって、ボブスタイルにも軽さを出すことが出来ます。さらに耳にサイドの髪の毛をかけて耳を出すようにすれば、よりすっきりとした印象の髪型を作ることが出来て、帽子スタイルをおしゃれに見せられるメリットもあります。

ヘアアレンジ③ゆるふわお団子

次におすすめなのが、ゆるふわのお団子スタイルです。お団子ヘアと聞くと頭の高い位置でするお団子をイメージする人も多く、帽子スタイルの時にはすることが出来ないのではないかと思っている人も多いかもしれません。しかし、頭の下の辺りにふんわりとしたお団子を作ることで、帽子を被っていてもお団子スタイルを楽しむことが出来ます。低い位置でポニーテールを作ったら三つ編みをして、それを根元に巻き付けます。
たったそれだけのヘアアレンジなので、お団子がゆるくふんわりとした感じに仕上がり、そのゆるふわな感じが大人可愛い雰囲気を感じさせてくれるのです。このお団子スタイルの時にも、すべての髪の毛をまとめるのではなくて、おくれ毛を出すようにすれば、こなれ感を出すことが出来ますし、顔周りをカバーして小顔に見せることも出来ます。キャップの時は、後ろの穴からお団子を出すというのも手です。

ヘアアレンジ④サイドアレンジ

最後におすすめするのがサイドのヘアアレンジです。サイドアレンジとはサイドに髪の毛を持ってきたへアアレンジのことです。特にロングヘアの面長さんの場合ですが、帽子を被ると後ろで髪の毛をまとめることが多いでしょう。実際ここまで紹介してきたアレンジも後ろでまとめるへアアレンジでした。サイドでまとめることでヘアアレンジにも変化が出ますし、横幅を出すことが出来るので縦のラインをカバー出来ます。
サイドアレンジの1つの例としては、サイドにポニーテールをしたサイドテールです。サイドで長い髪の毛をざっくりとまとめ、毛先を肩の方向に流すようにすれば完成です。ロングの人であればボリュームを出すことが出来るので、目線が髪の毛の行くことによって面長をカバーしたり小顔に見せる効果も期待出来るでしょう。さらにまとめてシニヨン風にすると、とても可愛い帽子スタイルを作ることが出来ます。

帽子に合うヘアアクセサリーを紹介

次に、帽子を被った時におすすめのヘアアクセサリーについても見て行きましょう。ヘアアレンジと同様、帽子の時にはヘアアクセサリーをあまり付けない方が良いのではないかとも思われがちです。しかし、帽子から出た髪の毛の部分にヘアアクセサリーをプラスすることで、帽子スタイルをより可愛く見せることが出来るのでおすすめです。ヘアアクセサリーにも色々な種類がありますから、髪型に合わせて楽しみましょう。

①ヘアピン

まずおすすめのヘアアクセサリーは、シンプルなヘアピンです。ヘアピンはただ髪の毛を留めるものという認識があるかもしれませんが、十分ヘアアクセサリーとしても使えます。おすすめなのは、根元にワンポイント付いたヘアピンです。小粒のパールだと大人っぽくなりますし、小さなポンポンだと冬に被る帽子などに特に似合うでしょう。帽子のデザインに合わせてヘアピンのデザインも変えてあげるととてもおしゃれです。
おすすめのヘアピンの使い方は、ロングヘアでまとめた時に、サイドの部分にヘアピンを重ね付けする方法です。例えば、上で紹介したような編みおろしのようなスタイルの時にヘアピンを付けてあげると、より大人可愛い雰囲気を作れるでしょう。編みおろしをしたら、編み込んだ根元の部分の辺りにヘアピンを2つほど平行に付けてあげると、シンプルな編みおろしにアクセントをつけることが出来ておしゃれに仕上がります。

②ヘアゴム

続いておすすめのヘアアクセサリーはヘアゴムです。髪の毛をまとめる時には、ついついシンプルな飾りっ気のないゴムを使ってしまうかもしれませんが、そのゴムに装飾が付いていれば、シンプルな1つ縛りなどのへアアレンジも華やかにすることが出来るので、別にヘアアクセサリーを付ける必要もなくとてもお手軽にヘアアレンジを楽しむことが出来ます。ヘアゴムアレンジは、ミディアムからロングヘアの人におすすめです。
ヘアゴムのヘアアレンジの場合も、上で紹介した編みおろしスタイルの時に使うと良いでしょう。また、サイドにボリュームを出すようなサイドアレンジの時に、装飾のあるヘアゴムを使えば、前から見た時にもヘアアクセサリーがちゃんと見えますし、さらにサイドに目が行くようになるので、面長さんの顔の形をカバーしてくれる効果も期待出来るはずです。シンプルなまとめ髪の時はヘアゴム選びを工夫してみましょう。

③バレッタ

バレッタも、帽子を被る時のヘアアレンジをする際におすすめのヘアアクセサリーです。バレッタはすっきりと髪の毛をまとめる時などに使うのがおすすめです。例えば上で紹介したヘアアレンジの中では、ゆるふわのお団子スタイルに似合うでしょう。バレッタを付ける位置は、お団子の根元部分です。そしてつけるヘアアクセサリーは、思い切って大きめの華やかなデザインの物にするのがおすすめです。
さらに、お団子ヘアをアレンジしてサイドにお団子を作ってあげると、面長さんの場合は輪郭をカバーして小顔に見せることが出来るので、より似合うでしょう。上で書いたように大きめのアクセサリーを付けることで、前から見た時にそのアクセサリーが見えますから、さらに小顔に見せることも出来ます。ヘアアレンジとヘアアクセサリー両方で面長さんの顔の形をカバーすることが出来るので、ロングヘアの人は試してみましょう。

④シュシュ

最後に紹介するヘアアクセサリーはシュシュです。シュシュは、とてもお手軽にへアアレンジを楽しむことが出来る、おすすめのヘアアクセサリーです。シュシュ自体は、ヘアアクセサリーの中でもより女の子らしい雰囲気を出しやすい物なので、可愛い雰囲気に仕上げたい時や、可愛い雰囲気のヘアアレンジなどに合わせてあげるのがおすすめです。キャップなどに敢えてシュシュを合わせるというのもまたおしゃれでしょう。
シュシュの使い方の例としては、上で挙げたヘアアレンジの中ではやはり編みおろしに合わせるのがおすすめです。編みおろし自体がとても可愛いスタイルなので、シュシュとの相性も抜群です。三つ編みをまとめたゴムの上からシュシュを巻き付けるだけで、毛先に華やかさをプラスすることが出来、後ろから見た時に可愛い雰囲気が感じられます。

帽子やヘアスタイルの工夫で面長をカバーをしよう♡

面長さんは顔の形にコンプレックスがあることで、帽子を使ったおしゃれを楽しめないと思いがちです。しかし、面長さんの顔をしっかりと考慮した帽子の選び方や被り方をするだけで、面長の顔をしっかりとカバー出来たり、さらには小顔に見せることも出来ます。自分に似合う帽子を見つけて、もっとおしゃれを楽しんでみましょう。
102 件
着用アイテム