ナチュラルアイメイクの作り方!自然でパッチリな目元を演出する方法とは?

Description
女性を魅力的にしてくれるメイクには様々な種類があります。白肌で透明感のあるオルチャンメイク、ツヤ感を出したメイク、パーティー向けのお呼ばれメイクなどがあり、それぞれ女性を美しく見せるメイクです。最近はバッチリメイクよりもナチュラルメイク志向で、顔のパーツを活かしたメイクがトレンドです。こちらでは、ナチュラルアイメイクのやり方をご紹介します。寒色系や暖色系などの色味やポイントを押さえたアイメイクでトレンドの顔を作りましょう。

ナチュラルアイメイクの作り方をご紹介!

メイクを綺麗に仕上げるためにはベースメイクでしっかりと土台を作り、肌を綺麗に見せることがポイントです。そしてアイメイクやリップメイクなどのポイントメイクでなりたいイメージに仕上げます。こちらでは、流行りが続いているナチュラルメイクとはどんなメイクのことを指すのかをチェックしましょう。

ナチュラルメイクとは?

ナチュラルメイクとはその名の通り、自然に見せるメイクです。バッチリメイクのように化粧をしている感が強くなく、素肌感や透明感をポイントに置いたメイクです。色味を抑えてすっぴんに近いメイクにするという訳ではなく、顔のパーツを活かしたナチュラルなメイクに仕上げます。実は、バッチリメイクよりもナチュラルメイクの方が手が込んでいて時間がかかることもあります。
元々の顔立ちを活かすためにアイシャドウの塗り方を目の形に合わせたり、まつ毛に自然なカールを付けるためにホットビューラーを使ったりと、ナチュラルメイクは意外と時間がかかります。その分、仕上がりは美しく、ナチュラルなのに魅力的な女性に見せることが出来ます。ナチュラルメイクのポイントを押さえて魅力的な女性になりましょう。

ナチュラルアイメイクのアイシャドウの選び方

ナチュラルメイクにするためにはアイメイクは重要です。アイメイクは目元の印象が変わるため、アイシャドウの色選びや塗り方を間違えるとバッチリ過ぎる目元になってしまいます。ナチュラルな美しさを引き出すためにも、アイシャドウの塗り方や選び方をきちんと知りましょう。こちらでは、ナチュラルアイメイクのアイシャドウの選び方をご紹介します。

肌色に合わせて選ぶ

アイシャドウを塗った時に色の発色が悪かったり、なんとなく似合わないと感じることがあります。そんな時は、アイシャドウの選び方で失敗している可能性があります。自分に似合うアイシャドウを選ぶ時のポイントは自分の肌の色を知ることから始めます。
肌の色は大きくイエローベースとブルーベースに分かれます。イエローベースとブルーベースでは、それぞれ似合う色が変わってくるので、自分の肌がどちらの色かを確認してアイシャドウ選びをしましょう。肌の色に合ったアイシャドウは馴染みが良く、目元を綺麗に見せてくれるはずです。

肌色①イエローベース

日焼けをした時に小麦色の肌になる、血管が緑の女性はイエローベースの肌をしています。イエローベースの女性は明るい髪色、ゴールド系のアクセサリーが似合う特徴があります。イエローベースの女性はオレンジやゴールドなどの暖色系のアイシャドウがぴったり合います。ピンク系のアイシャドウやチークを選ぶ時はサーモンピンクやコーラルピンクが肌に馴染みやすくておすすめです。

肌色②ブルーベース

日焼けをした時に肌が赤くなる、血管が青の女性はブルーベースの肌をしています。ブル-ベースの女性は黒髪やシルバー系のアクセサリーが似合う特徴があります。ブルーベースの女性がアイシャドウを選ぶ時は寒色系がおすすめです。ネイビー、パープル、グレーなどのアイシャドウがぴったり合います。ピンク系のアイシャドウやチークを使う時は、青みピンクやラベンダー系がおすすめです。

アイシャドウの種類で選ぶ

アイシャドウは暖色系や寒色系などの色味だけでなく、タイプも様々です。一般的なのはパレットになったパウダータイプのアイシャドウで、グラデーションアイメイクが作りやすく初心者にもおすすめです。ただし、パウダータイプのアイシャドウは粉っぽくなって発色がいまいちと感じる方もいます。
目元を華やかにしたい時はクリームタイプやジェルタイプのアイシャドウがぴったりです。肌に密着してツヤ感のあるアイメイクに仕上がります。ただし、ヨレやすくメイク崩れしてしまうこともあります。他には、グロス型のリキッドタイプやペンシル・クレヨン型のアイシャドウもあります。手が汚れないのでサッとメイク出来ます。
アイシャドウのタイプによってメリット・デメリットがあるので、自分が使いやすく、肌馴染みや発色がいいと感じるアイシャドウを見つけましょう。アイシャドウを選ぶ時は見た目や色味に惑わされがちですが、肌にのせた時の印象やキープ力も大切なので、テスターで試してから購入するのがおすすめです。

基本的なアイシャドウの塗り方

123 件
着用アイテム