ダイエットでも罪悪感なしの夜食はコレ!空腹に耐えられなくなった時のおすすめは?

Description
ダイエット中に空腹を感じた時に罪悪感なく食べられる夜食やおすすめレシピ、太る食べ物についてまとめました。空腹を感じてダイエット中に夜食が食べたくなったら、スープのような消化に良くて温かい食べ物がおすすめ。夜食に食べると太る食べ物もあるので、ダイエット中に空腹になったら避けるようにしましょう。温かいスープなどのおすすめレシピを参考にして、太る事なくダイエット中の夜食を楽しみましょう。

罪悪感なし!ダイエット中のおすすめの夜食を紹介

Italian Cuisine Food Vegetables · Free photo on Pixabay (153260)

ダイエット中、夜に空腹を感じたら「何かちょっと食べたいな…」という気持ちになりませんか?ダイエット中は夕飯を控える事も多いからこそ、寝るまでの時間に空腹を感じやすくなります。「でも、ダイエット中だから夜食を食べるのはやめておこう」と空腹を我慢して寝ると、空腹のせいで上手く寝付けなかったり、イライラとしたストレスを抱えたりといったように、様々な障害が起きてしまうかもしれません。ダイエットでストレスを溜めない為には、罪悪感なく美味しく食べられる夜食を取り入れるのがおすすめです。
今回は、ダイエット中に夜食におすすめしたい食べ物や消化に良いレシピについてまとめました。ダイエット中でも罪悪感なく夜食を楽しみたい時は、食べ物やレシピを工夫していきましょう。ダイエット中だったとしても、カロリー控えめな食べ物を活用したレシピであれば、罪悪感なくいただけるのではないでしょうか。消化に良い食べ物である事や、温かい&消化に良い食べ物である事など、ダイエット中の夜食のポイントも要チェック。罪悪感を抱える事なくお腹を満足させる夜食をダイエット中に楽しんでみましょう。

空腹になるのは自然なこと

Moon Woman Silhouette · Free image on Pixabay (153223)

「夕食を食べたのに、また空腹を感じるようになってしまった…」と、ダイエット中は自分の空腹に関してストレスを感じたり、罪悪感を覚えるようになる場合があります。頑張ってダイエットをしているのに、空腹を我慢出来ないような状態になると、イライラしてしまう事が多いのではないでしょうか。しかし、空腹を感じるのは当たり前の事です。ダイエット中で食事の量を減らしているのであれば、寝る前に空腹になってしまうのは自然な事なので、それに対して罪悪感を覚えたり、ストレスを抱えたりしなくても大丈夫です。
寝る前の空腹でイライラしがち、という方は罪悪感のない夜食を取り入れていくのがおすすめです。夜食として食べてもダイエットの妨げにならないような食べ物であれば、翌日に「また食べてしまった…」と罪悪感を覚える事もなくなるのではないでしょうか。ポイントをしっかりと押さえておけば、夜食を食べてもダイエットにそれほど大きな影響を与える事はないと言われています。空腹を感じた時の夜食でも安心して食べられる食べ物や、消化に良いレシピを役立てていきましょう。

夜に食べると太る理由

Architecture Fachwerkhäuser Night · Free photo on Pixabay (157871)

「夜食は太る!」というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。確かに、夜食を食べ過ぎると太る原因になり、ダイエットの妨げになってしまうかもしれません。夜に食べると太ると言われているのには色々な原因があるので、それらを取り除いていけば夜食を食べても太るという事はないのではないでしょうか。まずは夜食によって太る原因を把握して、なるべく太る事がないような食べ物を取り入れていく事が大切になります。夜食で太る原因についてまとめたので、ダイエットの参考にしてみてください。

理由①新陳代謝が抑制される

夜食を食べると太ると言われているのには、新陳代謝が大きく関わっています。脂肪を燃焼する働きも持ち合わせた新陳代謝は、朝起きてから徐々に上がっていき、夜にかけて落ちていくのが特徴。新陳代謝が下がる事によって体が休眠モードに入ります。新陳代謝が活発な昼のうちは食べ物が消費されやすいですが、新陳代謝が下がっていく夜にかけては、食べ物によるエネルギーが消費されにくくなってしまうのが問題。寝る前の食べた物がエネルギーとして消費する事が出来ず、太る原因になると言われています。
新陳代謝をダイエットはとても深い関係があるので、ボリューム感のある食べ物はなるべく昼間のうちに食べるのがおすすめ。新陳代謝が活発になっている時間帯であればエネルギーとして消費しやすくなります。逆に夜食にボリュームのある食べ物を食べると、それが代謝されずに体に残ってしまう可能性が高くなるので気をつけましょう。

理由②脂肪に変わりやすい

基礎代謝が落ちている夜の時間帯に食べると脂肪に変わりやすいのも太る原因。代謝が出来ない分、食べた物が脂肪となって体に溜まる可能性があるので、なるべく低カロリーな夜食を食べる事が大切です。

理由③エネルギー消費が低い

夜の時間帯は新陳代謝が落ちるのに加えて、昼間ほど動き回らないのも夜食によって太る原因になります。昼間は仕事や学校、家事などで動き回る事が多いかもしれませんが、夜のリラックスタイムはあまり体を動かさない事の方が多いのではないでしょうか。新陳代謝が落ちている状態で、ほとんど動かずにいるのに夜食を食べ過ぎると、脂肪に変わりやすくなってしまいます。食べた夜食がエネルギー消費されず、脂肪として体内に蓄積されていくので気をつけてください。
エネルギー消費が出来れば大丈夫ですが、消費しきれなかった分は体内に残ると考えると良いかもしれません。夜の時間帯はエネルギー消費が低いという事を十分に意識して、低カロリーで安心な夜食を食べるようにしていきましょう。

ダイエット中の食事のポイント

Cook Food Plate · Free photo on Pixabay (153228)

夜食には、太る原因になるようなポイントが幾つかある事がわかりました。夜の時間帯は新陳代謝が落ち、エネルギー消費がしにくくなっているので、夜食の選択を間違えると太るようになってしまう事を忘れないようにしましょう。それを踏まえた上で、夜に空腹を感じた時は太る事のないヘルシーな夜食を食べるのがおすすめです。ダイエットの大敵はストレス。「あれもダメ」「これもダメ」といったように、何にでも制限をかけてしまうとストレスがどんどん溜まって、暴飲暴食の原因になってしまうかもしれません。
そうならないように、夜食として食べても太るリスクを減らせるヘルシーな食べ方のポイントをチェックしていきましょう。「これだったら安心して食べられる」という食べ方を自分で把握しておけば、ダイエット中も罪悪感なく夜食を楽しむ事が出来るようになります。

ポイント①硬いものを選ぶ

太る事なく夜食を楽しみたい時におすすめなのが硬い食べ物です。硬い食べ物をしっかりと咀嚼していく事によって満腹中枢が刺激され、少量であったとしても満足感を得られるのが嬉しいポイント。硬いものをしばらく噛んでいるうちに空腹が落ち着いて、イライラとしてストレスを感じる事もなくなるのではないでしょうか。スルメなど、噛みごたえがあるのに加えてカロリーも控えめな食べ物を夜食に取り入れてみてください。

ポイント②時間をかけてよく噛んで食べる

Clock Pocket Watch Movement · Free photo on Pixabay (153229)

時間をかけて食べるのも重要なポイント。夜食を準備してからすぐに食べてしまうと、満腹感を感じる事なく食事が終わってしまいます。「まだお腹が空いているから」と夜食の量をプラスする事で太る原因となる為、気をつけましょう。空腹で夜食を食べる場合はいつも以上によく噛んで食べる事を意識します。咀嚼回数を増やし、食事を味わう事で満足感を得られやすくなるようにしてみてください。少量の夜食でもよく噛んでいけば十分にお腹を満たす事が出来るようになります。
早食いが習慣化している方は夜食だけでなく、他の食事でもよく噛む事を意識してみましょう。よく噛めば消化にも良くなるので、体の事も考えて時間をかけて食べるようにしてみてください。
144 件
着用アイテム