結婚式にふさわしいイヤリングのおすすめは?選び方や気になるマナーを紹介

Description
結婚式のお呼ばれにふさわしいイヤリングは、フォーマルな場に合わせた上品なものを選ぶのがポイントです。イヤリングは種類もデザインも豊富なので選ぶのに迷ってしまいそうですが、上手に組み合わせれば可愛いフォーマルのコーデが完成します。結婚式は新郎新婦をお祝いするためのものなので、派手過ぎるのも地味なのもマナー違反になってしまいますが、場の雰囲気にあったものを選べば大丈夫です。今回は結婚式にふさわしいイヤリングの選び方やマナーを調査しました。

結婚式のお呼ばれにふさわしいイヤリングって?

結婚式のお呼ばれの時は花嫁を祝福するための上品なファッションを身に着けますが、マナーの細かい部分がわかり難いという意見があります。服装だけでなイヤリングやネックレスなどのアクセサリーも気になっている人もいるかも知れません。結婚式のアクセサリーはパールのイメージもありますが、パールのイヤリングだけでは華やかさに欠けてしまう事もあります。
結婚式のお呼ばれファッションは上品さがありつつ華やかさも大切なので、イヤリングなどのアクセサリーで工夫すると良いです。今回は結婚式にふさわしいファッションとイヤリングについて調査しました。

結婚式の時間帯に合わせて考える

結婚式のお呼ばれファッションは時間帯によって服装のマナーが少し違っています。花嫁よりも目立つものや花嫁が身に着けるものは避けるなど、時間帯に関わらないマナーもあります。細かい部分にはなってきますが、結婚式はマナーに厳しい方が出席されている場合もあるのでチェックしておく方が良いです。
昼の結婚式は光るアクセサリを避け、夜にはキラキラと光るものをつけてゴージャスな印象にします。イヤリングも時間帯によってマナーが違っていて、ゴールドなど光るものは目立ちますので昼は避けておくのがおすすめです。しかし小ぶりなものであればゴールドなどのイヤリングでも非常識とまでは思われません。

定番かつ無難なおすすめはパール

結婚式は夕方などの昼夜の判断がつきにくい時間帯で行われる場合もあります。結婚式の雰囲気に合わせてイヤリングを合わせても良いのですが、お呼ばれファッションに迷うならパールがおすすめです。パールは昼夜関わらず結婚式のべーシックなお呼ばれファッションアイテムとされていて、失敗する事がほとんどありません。フォーマルな場所はマナーに厳しい方が参加される事も多いです。個性のあるファッションを良く思わないご年配の方などがいるのであれば、パール素材のイヤリングを選んでおくと安心です。

必ずしもイヤリングをつける必要は…

結婚式のお呼ばれファッションで身に着けるアクせサリーはイヤリングだけではありません。ネックレスやヘアアクセなど、顔周りを華やかにできるものはイヤリングの他にも沢山あります。またイヤリングやピアスを身につけなければいけないマナーはなく、イヤリングなしのコーデでも問題はありません。可愛いデザインのネックレスやヘアアクセで十分華やかな雰囲気にする事ができるなら、あえて引き算のコーデをしてイヤリングなしの上品な印象にするという方法もあります。

昼の結婚式にふさわしいイヤリングは?

昼間の結婚式にふさわしいイヤリングであれば、キラキラしていない素材のものになります。派手なビジューが散りばめられているイヤリングや、キラキラと強い光を反射するラインストーンが並べられたイヤリングは避けておきましょう。ベーシックなものであればパールが万能ですが、翡翠・珊瑚もおすすめです。小ぶりで控え目なデザインのゴールドやシルバーなども良いかも知れません。黒のワンピースとパールのみのコーデだと地味過ぎる場合があるので、結婚式らしい上品で華やかなデザインのイヤリングを選びましょう。

定番のパール

昼の結婚式に参加するのであれば、おすすめできるイヤリングのひとつが定番のパールです。パールは演技が良い宝石と言われていて、「健康」「長寿」「富」「円満」などの石言葉があるそうです。大切な友人に愛情を持っている意味も含まれているので、結婚式に身に着けていくにはぴったりでしょう。もしパールのイヤリングを持っているなら、イヤリングなしにするよりもつけていくと縁起が良いでしょう。
パールのイヤリングはマナーの面から見てもベーシックな宝石なので、地味になり過ぎないように気をつけておけば失敗がありません。一粒のバールも可愛いのですが、デザインの入ったパールのイヤリングであればコーデが簡単です。イヤリングなしでも全く問題はないのですが、可愛いデザインのパールイヤリングは上品さもありますし結婚式を華やかにします。

光りすぎない落ち着きのあるものを

避けておきたいのはキラキラとした光が強いイヤリングです。花嫁よりも目立ってはいけないというマナーもあるのですが、昼の時間帯にキラキラしたイヤリングをしていると、光が反射して主役の新郎新婦が見れなくなってしまう参加者が出てきたりするようです。参加者全員が気持ちよく結婚式を祝えるように、昼間の時間帯はキラキラ光るイヤリングは避けておきましょう。迷う場合はイヤリングなしにして、ネックレスなどを少し華やかにしてバランスをとるなどの対処方法もあります。

パール以外の素材も紹介

昼の結婚式につけるイヤリングは、パール以外でも使える宝石はあります。光が控え目な珊瑚・翡翠・トルコ石などがおすすめで、どれも強い光が反射しないので昼向きになります。珊瑚はピンク色など可愛い色使いのものも多く、女性らしくて柔らかい雰囲気のイヤリングが見つかるかも知れません。翡翠は緑色でトルコ石は青色ですが、上品なデザインのイヤリングであればシックなコーデができるでしょう。
お呼ばれのファッションは花嫁よりも目立ってはいけないマナーがありますが、お祝いにふさわしい華やかさも大切です。昼の結婚式であっても、光が強くない小ぶりなアクセサリーを身につけて可愛いコーデを完成させましょう。

夜の結婚式にふさわしいイヤリングは?

夜の結婚式につけるイヤリングは、キラキラしたゴールドや宝石でぐっと煌びやかにしましょう。あまり派手すぎるものは避けなければいけませんが、夜の結婚式はキラキラと輝くダイヤモンドやゴールドなどを身に着けてコーデします。イヤリングもダイヤモンド・ゴールド・シルバーなどで、華やかさを演出しましょう。
67 件
着用アイテム