結婚式にオールインワンでお洒落に差がつく!着こなし術やマナーのポイントも

Description
結婚式にお呼ばれされた際には、毎回着ていく洋服に頭を抱えてしまうものです。いつもワンパターンになりがちな場合は、最近流行のオールインワンを取り入れてみてはどうでしょうか。オールインワンだとおしゃれでシックに着こなせるので、確実に周りと差を付けられるはずです。そこで、結婚式に着るオールインワンの着こなし方やマナー、さらには合わせる小物類に関してまとめてみました。

結婚式のお呼ばれに♡今トレンドのオールインワン!

結婚式に出席する際に、着て行く洋服に毎回迷ってしまうという人も多いでしょう。洋服としてはドレスワンピースが定番であり、着られる物としては一番多いように思われます。しかし、最近の結婚式における女性の服装を見てみると、パンツスタイルの人も随分と多くなってきたように見受けられます。実は、最近のトレンドというのが、オールインワンコーデのようなのです。

オールインワンって?

そもそもオールインワンとはどのようなアイテムのことを指すのでしょうか。オールインワンとは上下がつながった洋服のことを指します。普段着るような洋服でも、最近ではオールインワンの物が増えてきており、シックでスタイリッシュなコーデを好みとしている女性らが着ていることが多いように思われます。コーデがとても楽な上に着心地も良いので、とても人気が高いようです。

結婚式にオールインワンはアリ?

オールインワンと聞くとどちらかというとカジュアルな印象が強いと思いますから、中には結婚式にはふさわしくない格好なのではないか、と感じている人もいるでしょう。しかし、オールインワンでも結婚式向けに生地に光沢があるものや、シルエットが美しいものもあります。ですから、オールインワンも結婚式にももちろん着て行ける洋服に分類されるのです。

結婚式に着ていくオールインワンコーデのコツ

それでは実際に、オールインワンを結婚式に着て行く場合には、どのような点に気を付けて着れば良いのでしょうか。オールインワンと一口に言っても、細かい部分のデザインはそれぞれで全く異なります。それらのデザインに合ったコーデの仕方が、オールインワンを着る上では必要になりますし、デザインによってはそのまま着ない方が良いものもあります。オールインワンの着こなし方のポイントを見ていきましょう。

袖ありであれば羽織らなくてもOK!

オールインワンの選び方の1つとして、袖ありタイプかどうかという選び方があります。結婚式で着るドレスなどは、袖ありタイプより袖なしを着る人の方が多いように思われます。しかし袖ありだと袖部分の装飾も楽しめたり、より上品さを出すことが出来るなどのメリットがあります。また、袖なしだと肌寒い時にはジャケットや羽織が必要になりますが、袖ありだとジャケットも羽織も必要ないので荷物も少なくて澄みます。
袖ありのオールインワンを選んだ場合、ちょっと重く感じてしまう場合もありますが、袖部分にレースがあしらわれていたり透け素材の生地が使われていれば、袖ありでもそこまで重さは感じません。また、ちょっと腕に自信がないという人も袖ありのオールインワンを着れば、見せたくないところもカバーでき、なおかつ上品なコーデに仕上がるので、袖ありオールインワンコーデがおすすめです。

華やかさが足りない場合はアクセサリーをプラス

オールインワンの場合は、ドレスワンピースのようにあまり華やかな印象にはならず、どちらかというとシックな印象に仕上がります。見方によってはちょっと地味になってしまう場合もあるでしょう。オールインワンそのもので華やかさが出しにくい場合は、身につけるアクセサリーで華やかさをプラスしましょう。アクセサリーを少しゴージャスなものにすると、オールインワンがシンプルであってもおしゃれに仕上がります。

バッグやパンプスなどの小物をあわせる

オールインワンに限らず、結婚式に着て行く洋服全てにおいて言えることですが、持つ小物類は、ドレスやオールインワンなどの洋服と相性の良いものにしましょう。オールインワンの色味を黒にした場合はできれば小物は黒以外の物にして、黒づくめになってしまうのを避けた方が良いかもしれません。色味の相性だけでなく、デザイン性の相性もしっかり合わせていくと、とても上品な着こなしなるでしょう。

結婚式に着ていくオールインワンコーデのマナー

結婚式に関するマナーについては事前にしっかり調べておいた方が良いです。結婚式というのはおめでたい場所ですから、そんな場所に相応しくないようなマナー違反の格好をしてしまうと、新郎新婦に恥をかかせてしまうことになりかねません。今回取り上げているオールインワンにおいても、着こなし方のマナーがありますから、オールインワンを着て行く場合はしっかり把握しておきましょう。

ベアトップタイプはジャケット等のアウターを羽織って

オールインワンにはベアトップタイプの物もあります。パーティーらしくて素敵ではあるのですが、結婚式にはちょっと露出度が高いかもしれません。その場合は羽織やジャケットなどのアウターでカバーしましょう。アウターや羽織で肩部分が覆われていれば、ベアトップであってもさほど気になりません。二次会などでアウターなどの羽織を脱いで雰囲気を変えるのが良いでしょう。
86 件
着用アイテム