結婚式のヘアアクセの選び方や NGポイントは?基本的なマナーやヘアスタイルも!

Description
結婚式に参加する際のファッションは上品さと華やかさが大切になります。花嫁の美しさを引き立てる上品なワンピース・ドレスを選んだら、可愛いヘアレンジやヘアアクセで魅力的なコーデにしましょう。結婚式ならではの服装のマナーもありますが、あまり派手すぎても地味過ぎるコーデでもフォーマルな場には相応しくありません。迷った時にはヘアアクセをポイントにして丁度良い華やかさを演出するのも良い方法です。今回は結婚式のヘアアクセのポイントや基本的なマナーを紹介します。

結婚式のヘアアクセにはマナーがある?

結婚式に招待された時、身に着ける服装やヘアスタイルには迷うものです。華やかなパーティにお呼ばれされた時のおしゃれなワンピースとは違って、結婚式ならではのドレスコードがあるので服装には気を使うでしょう。ヘアアクセに関わらず服装・髪型・靴・バッグ・アクセサリーなど、チェックした方が良いものは多いです。
結婚式に参加する時のファッションで、気を付けておいた方が良いと必ず言われるのは「花嫁よりも目立たない」という点です。また「花嫁が身に着けているもの」はしないのがマナーと言われています。ヘアアクセも同様で、花嫁よりも目立つもの・花嫁が身に着けているものは避けるのが大切になります。ここが他のパーティやお呼ばれのファッションとは違っています。

結婚式のヘアアクセは何でも良いわけではない!

結婚式の時に身に着けるアアクセは、結婚式にふわさわしいフォーマルで華やかなものが良いです。しかし華やかなものであれば何でも良いのではなく、新婦よりも華やかなファッションをするのはマナー違反になります。お呼ばれと言っても結婚を祝う目的なので、新婦の美しさを引き立てるような上品なファッションが求められるわけです。

お呼ばれしたら考えたいヘアアクセ

結婚式にお呼ばれされたらヘアアクセ選びは重要です。一番ベーシックで失敗がないのは白パールですが、マナー違反になるものもチェックしておきたいところです。例えば「花嫁と同じもの=白い色のファッションアイテム」はNGとされていますが白パールについてはOKです。しかしカチューシャで白パールが使われているものには、王冠や花冠に見えるものがあるので避けておきましょう。

常識なしなんて思われないように注意!

結婚式は年配の方が参加する場所でもあるので、ある程度マナーに準じた方が良いです。特に常識がないと思われるような服装は避けておきましょう。白い服・王冠やティアラ(コームについている小ぶりなものでもNG)・派手過ぎるゴールドやシルバー・アクセが全くなしのコーデなどは、常識がないと思われる可能性が高いマナー違反のファッションになります。

結婚式のヘアアクセの選び方

結婚式のお呼ばれでアクセサリーが一切なしのファッションというのも良くありません。NGではないかも知れませんが、アクセサリーなしのコーデで華やかさと上品さを演出するのはとても難しいです。コーデに迷ったとしたら白パールモチーフのヘアアクセをするだけでも上品になります。しかしカチューシャやコームにパールがあしらわれているヘアアクセには、ティアラや冠に見えるものがあります。使う時には鏡の前でヘアアクセをしてみて、つけた時の印象を確認した方が良いです。
派手なものでなければ薄く色がついているパールでも良いかも知れません。ちょっとしたヘアアクセのポイントに、薄いピンクのパールがついていたりすると雰囲気が可愛くなるでしょう。お呼ばれらしい上品なパールのヘアアクセはフォーマルな場所でも悪目立ちしにくいです。ヘアセットを作ったあと最後に、ピンやコームについているヘアアクセをさして固定する方法もあります。

花嫁よりも目立たないもの

アクセサリーが一切なしというのは良くありませんが、逆に派手過ぎるアクセサリーはマナー違反になります。花嫁よりも目立たないヘアアクセを選ぶのがポイントなのですが、これはヘアアクセに限らず服装・靴・アクセサリー・バッグなども同じです。基準が判断しにくい場合にはヘアアクセのみで華やかに見せる事もできます。上品で小ぶりなデザインでもゴールドやパールは華やかな雰囲気になりやすいです。

地味すぎずある程度華やかなもの

フォーマルのファッションでも結婚式で気を付けておきたいのが地味過ぎるコーデです。控えめになりすぎて全身が真っ黒になってしまうのは避けておきましょう。このような理由からもアクセなしのコーデはやめておいた方が失敗がありません。黒のワンピースでもパール・ゴールド・リボンなどの可愛いヘアアクセをしているだけで華やかになります。上品なパーティ系の飾りがついたカチューシャを上手く使えば、不祝儀のようなファッションにはなりません。

後ろの人の視界を遮らないサイズのもの

新郎新婦がきれいに見えるように、後ろの人の視界を遮らないヘアスタイルにしておくのも大切です。結婚式の場合はアップヘアがベーシックですが、アップの高さがあり過ぎるヘアセットや、リボンやレースが大きすぎるヘアアクセをするのは避けておきましょう。リボン・パール・ゴールドなどの小ぶりで上品なヘアアクセがおすすめです。しっかりした造りのピン・コームについた小さな飾りなら、髪から落ちそうになってしまうという心配もなくなります。

ドレスの色に合ったもの

身に着けるドレスに合っているヘアアクセを選ぶのも大切です。ファッションコーデをトータルで見てみて違和感のないヘアアクセのほうがおしゃれです。ドレスと色や質感が違うヘアアクセをするのは難易度が高いので、自信がない場合は避けておいた方が良いかも知れません。パールやリボンはベーシックな色であれば失敗しにくいです。また個性的なデザインのカチューシャやコームをするのは避けておく方が悪目立ちしません。

適度にパールがあしらわれているもの

80 件
着用アイテム