ウエストを1週間で引き締めよう!理想の体が手に入るトレーニング方法!

Description
ウエストを簡単に引き締める筋トレや運動方法についてまとめました。ウエストを引き締める為には、脇腹にある腹斜筋がポイント。脇腹の腹斜筋を筋トレや運動トレーニングで鍛える事で簡単にウエストを引き締められると言われています。運動や筋トレだけでなくヨガも取り入れて、ウエストを引き締めていきませんか?簡単なトレーニング方法やヨガを活用してウエストを引き締め、憧れのスタイルを手に入れましょう。

ウエストを引き締めるトレーニング法!

Running Runner Long Distance - Free photo on Pixabay (206774)

キュッと引き締められたウエストは、それだけで魅力的に見えます。しかし、ウエストは気を抜いているとすぐにたるんでしまうので「ウエストを引き締めたい!」と感じている方も多いのではないでしょうか。がむしゃらに筋トレや運動をしていたとしても、効果的なトレーニング方法でないと意味がありません。
今回は、ウエストを引き締めたい時にぴったりな筋トレ方法や運動トレーニング、ヨガのやり方についてまとめました。簡単なやり方でウエストを引き締める事が出来るので、是非チャレンジしてみませんか?ウエストを引き締めて、憧れのスタイルを手に入れていきましょう。

ウエスト引き締めの鍵は「腹斜筋」

Young Woman Girl Sporty - Free photo on Pixabay (206775)

ウエストを引き締めようとする時、お腹の中央部分の筋肉だけをトレーニングしていませんか?実は、その方法だとウエストを引き締める事が出来ません。ウエストをしっかりと引き締めたい時におすすめなのが腹斜筋をトレーニングする方法。腹斜筋とは、脇腹にある筋肉の事です。腹斜筋は骨盤や内臓を支える為に使われるコルセットのような役割を果たす筋肉。腹斜筋がしっかりと鍛えられていれば、骨盤の歪みや内臓が前に出る事によるぽっこりお腹を防ぐ事が出来ます。
脇腹にある腹斜筋を鍛える事によってウエストの側面を引き締め、くびれを出していくのがトレーニングのポイント。「筋トレをしているけど、寸胴体型が直らない」という場合は、脇腹の腹斜筋の筋トレが出来ていないのかもしれません。効果的に腹斜筋を鍛える事で、脇腹もすっきりと綺麗にスタイルアップさせる事が出来ます。

「腹斜筋」は運動以外でも鍛えられる

People Woman Girl - Free photo on Pixabay (206776)

「腹斜筋を鍛えてウエストを引き締めたいけど、激しい運動や筋トレは苦手…」という方も多いのではないでしょうか。激しい運動は続けるのが大変なので、ウエストを引き締めるのに効果的であっても継続するのは困難。しかし、腹斜金は激しい運動や筋トレをしなくても鍛えられます。ヨガやストレッチを始めとしたゆったりとした運動で腹斜筋を鍛えるようにするのがおすすめです。

ウエスト引き締めは生活習慣の改善から

Girl Young Board - Free photo on Pixabay (206777)

ウエストを引き締めたい時は、まずは生活習慣から見直していきましょう。運動やヨガをして脇腹の腹斜筋を鍛えることはとても大切ですが、普段の生活も改善していかないとなかなかトレーニングの効果を発揮出来るようになりません。生活の中で思い当たる点があったらそれを直し、ウエストが引き締めやすい状態を作っていくようにしましょう。そうすれば、運動トレーニングの効果も出やすくなるはずです。

身体を温める

Coffee Hot Drink - Free photo on Pixabay (206778)

ウエストを引き締めたい時、まずは体を温める事が大切になります。効率的に脂肪を燃焼させるには代謝の促進が必要。体が冷えていると代謝が落ちてしまうので、積極的に体を温めるようにしましょう。冷え性の方は、生姜やにんにくといった体を温められる食材を取り入れたり、お風呂にゆっくり浸かるようにすると良いでしょう。また、靴下など末端が冷えないように出来るアイテムを取り入れる事も体を温めるのに役立ちます。こうして体を温める習慣をつける事で代謝を上げていき、痩せやすい体質に近づいていきましょう。

睡眠をしっかりとる

Woman Ease Bed - Free photo on Pixabay (206779)

睡眠をしっかりと取る事もウエストを引き締めたい場合には大切になります。良質な睡眠を取っていると、成長ホルモンが分泌されやすくなるのがポイント。成長ホルモンが分泌されると代謝が高まりやすくなります。逆に睡眠をちゃんと取れていないと成長ホルモンの分泌がなされず、代謝の低下に繋がるので気をつけてください。寝る前はリラックス出来るような環境を作り、十分な睡眠を取れるように心がけるようにします。

食事は腹八分目

Food Cuisine Japanese - Free photo on Pixabay (206780)

どんなに運動やヨガをしてウエストを引き締めようとしても、それ以上の食事を取っているとなかなかウエストを引き締める事は出来ません。食事の量はなるべく管理するように心がける事が大切なポイント。食事は腹八分目を意識すると食べ過ぎません。ご飯やおかずを満腹になるまで食べていると食べ過ぎになってしまう可能性が高いので、満腹になる前に止めておくのがベストです。栄養バランスに気をつけながら食事の量にも気をつければ、ウエストを引き締める効果も出やすくなるのではないでしょうか。

姿勢は正しく

People Woman Beauty - Free photo on Pixabay (206790)

椅子に座っていたり、立っていたりする時に知らない間に姿勢が悪くなっていませんか?姿勢が悪くなると、骨盤や背中などが歪みやすくなります。体の歪みによって代謝が低下し、脂肪を溜め込みやすくなるのが問題。姿勢が悪いと見た目が悪くなるだけでなく、脂肪を溜め込みやすい状態を作り出してしまうのです。猫背になっていたり、前傾姿勢が多いと感じた場合は正しい姿勢を意識するようにしましょう。それだけでウエストの引き締め効果が変わってきます。

簡単!ウエスト引き締めトレーニング

Active Athletic Exercise - Free photo on Pixabay (206782)

それでは、簡単に出来るウエストを引き締める方法をチェックしていきましょう。ウエストを引き締めるのに大切になるのが脇腹の腹斜筋ですが、激しい運動をしなくても簡単なストレッチ&トレーニングで鍛える事が出来ます。運動が苦手な方でも簡単に取り入れる事が出来るので、日々の生活習慣に組み込んでみてはいかがですか。

①腰・背中のストレッチ

89 件
着用アイテム