結婚式のアクセサリーのマナーでOKとNGは何?選び方や服装との合わせ方も紹介

Description
結婚式に出席する時は、結婚式にふさわしい格好をして祝福する気持ちを表したいですよね。結婚式に着ていくドレスを沢山揃えるのは難しいですが、ドレスに合わせるアクセサリーを変える事で全体の印象を借ることが出来るのでお勧めです。そんな結婚式コーデに変化を付けてくれるアクセサリーにも結婚式のマナーが有ります。結婚式のアクセサリーマナーとお勧めの組み合わせをご紹介しますので、参考にしてください。

結婚式のアクセサリーはマナーを守ったおしゃれを♡

Aisle Bloom Blossom · Free photo on Pixabay (98648)

大切な友人や同僚・家族の結婚式に出席する時は、着ていくドレスや合わせる靴、髪型、アクセサリーも結婚式にふさわしいマナーに合ったコーディネートで祝福する気持ちを表したいですね。結婚式のマナーにあったドレスや靴を沢山揃える事は出来なくても、合わせるアクセサリーを変える事で印象を変える事が出来ます。

結婚式はアクセサリーにもマナーがある

ドレスや靴に結婚式に出席する時のマナーが有る事はよく知られていますが、結婚式に身に付けるアクセサリーにもマナーが有ります。知らずしらずのうちに、マナー違反のアクセサリーを身に付けて結婚式に出席ないように気を付けましょう。

目上の人からも好感を持たれるアクセサリーを

結婚式に身に付けているアクセサリーがマナーを守っていても、目上の人から好感を持たれなかったら印象が悪くなってしまいますよね。アクセサリーのマナーを守るだけでなく、どんな人からも好感を持たれるアクセサリーを選ぶことも大事なポイントになります。

パールのアクセサリーは万能

Bridal Bride Beads · Free photo on Pixabay (98620)

結婚式に出席する時に、マナーに合った交換の持たれるアクセサリー選びに迷ってしまった時は「パール」のアクセサリーを選びましょう。パールのアクセサリーは身に付ける人を、品よくエレガントに印象付けてくれます。初めて結婚式用のアクセサリーを買う方にも「パール」はお勧めです。

結婚式のアクセサリーのマナー

結婚式のアクセサリーには、今では「身に付けても大丈夫」と言われているアクセサリーも有りますが一緒に出席した人の中には「マナー違反」と感じる方がいるかもしれません。大切な人の結婚式で「マナー違反」と思われないように身に付けるアクセサリーには注意しましょう。

昼と夜ではマナーが異なる

招待された結婚式の時間帯でアクセサリーのマナーが変わってきます。昼間の時間帯の結婚式では、キラキラ光るアクセサリーは反射するので写真の邪魔になる事が有ります。キラキラ光るアクセサリーはつけないでシックで品の良いアクセサリーを選びましょう。華やかさは大事ですが、光に反射しない程度のアクセサリーを選びましょう。
パールのアクセサリーは昼夜どちらの時間帯でも活躍してくれる万能アクセサリーなので、一つは持っていたいアイテムです。

花嫁より目立たない!白色は避ける

結婚式のアクセサリーマナーで重要なのは「花嫁より目立たない」事と「花嫁と似た印象にならない」事です。あまりにも大振りだったりキラキラと華やかすぎるアクセサリーはつけないでおきましょう。他にも、生花を使った物や大きすぎるコサージュ、ティアラはつけない方が良いです。

素材やデザインは?

ファーや革素材のアクセサリーは「殺生」を連想させるので結婚式で身に付けるのはマナー違反とされています。本物の革ではない「アニマルプリント」でもマナー違反になるので注意しましょう。

イミテーションでもいいの?

イミテーションのアクセサリーを身に付けると結婚式のマナー違反なの?と心配になりますが、全てのイミテーションがマナー違反という事では有りません。余りにもチープな印象のイミテーションはマナー違反になりますが、ドレスや靴と合わせたコーディネートのバランスが整っていたら大丈夫です。全身のバランスを考えて、上手にイミテーションアクセサリーを取り入れましょう。

和装はアクセサリーをつけないほうがベター

和装で結婚式に出席するのと、華やかになりますし祝福する気持ちとても伝わるので是非おすすめしたい服装です。そんな和装に合わせるアクセサリーですが、ルールやマナーが難しいのでアクセサリーはつけないで出席する事をお勧めします、和装に合った髪飾りを使う程度でも十分華やかな印象になります。

結婚式のアクセサリーの選び方

結婚式にふさわしいアクセサリーのマナーが気になってしまい「どんなアクセサリーを選べば良いかわからない」と迷ってしまった方へ、結婚式にお勧めしたいアクセサリーをご紹介します。

《ネックレス》一粒ダイヤや一連パールが王道

どんな結婚式でも身に付けていける、万能ネックレスなのが「パールの一連ネックレス」と「一粒ダイヤのネックレス」です。両方とも身に付けた人を華やかに品よく演出してくれます。

《イヤリング・ピアス》「揺れるタイプ」はNG?

揺れるタイプのイヤリングやピアスは、揺れる事が「家庭の不安定」を連想させると結婚式にはマナー違反と言われた頃もありましたが、今では気にしなくて大丈夫です。イヤリングやピアスだけが目立たないように、全体のバランスに注意して選べば問題ありません。揺れるタイプのイヤリングやピアスは華やかに印象になるのでお勧めです。

《ブレスレット》ゴールドなどの貴金属で華奢なデザインを

結婚式でブレスレットを身に付ける時は、ゴールドやシルバー・プラチナ等の貴金属やパールのものがお勧めです。華奢なデザインのブレスレットを選べば上品な印象になります。ハードな印象のバングルや革素材のブレスレット、カジュアルなブレスレットはマナー違反になるので注意しましょう。

《髪飾り》ティアラや花飾りは避けるのが無難

ティアラモチーフの髪飾りは華やかな印象で素敵ですが、結婚式に身に付けるのはマナー違反になってしまいます。結婚式の主役はあくまでも花嫁です。ティアラを身に付けられるのも花嫁1人です。どんなに控えめなデザインでも、ティアラモチーフの髪飾りは避けましょう。
生花を使った髪飾りも結婚式に身につけない事をお勧めします、生花は結婚式の主役である花嫁が身に付ける事が多いので、同じ印象になるのは避けましょう。花嫁より控えめに目立たない範囲で華やかに装うのがマナーです。

《指輪》自分の婚約指輪はしてもいい?

結婚式に華やかすぎるアクセサリーを身に付けるのはマナー違反になりますが、自分の婚約指輪を身に付けるのは問題ありません。婚約指輪を身に付けるとフォーマルな席に相応しい装いになるので、ぜひ身に付けて出席しましょう。ただし、結婚式の会場で自分たちの婚約指輪について話題にするのはマナー違反になるので気を付けましょう。

《その他》腕時計はOK?

結婚式に腕時計を身に付けるのはマナー違反と言われてきました。理由は、腕時計を身に付けていると「早く帰りたい」と連想される可能性があるからです。ただし、最近ではフォーマルな場にふさわしい腕時計であれば身に付けていても大丈夫とも言われています。女性の場合は、実用的なデザインの腕時計は避けてアクセサリー要素の有る腕時計がお勧めです。
結婚式に腕時計を身に付けて出席する時は「腕時計で時間を気にする」動作は絶対に避けましょう。時間を気にすると「早く帰りたい」や「祝福する気持ちが無い」と誤解されてしまいます。無意識に時間を確認する癖が有る方は、マナー違反と誤解されないためにも腕時計をつけないで結婚式に出席しましょう。

結婚式のアクセサリーコーデのコツ

結婚式にふさわしいアクセサリーマナーを気にしすぎると、実際にどんなアクセサリーを身に付ければよいか迷ってしまいますよね。そこで、結婚式で身に付けるアクセサリーを選ぶポイントをご紹介します。

ドレスや髪型とのバランスを考える

どんなに素敵なアクセサリーでも、着るドレスや髪型に合わないとチグハグな印象になります。最初に、結婚式に着るドレスを決めてからアクセサリーを選びましょう。ドレスが華やかなデザインならシンプルなアクセサリー、シンプルなドレスなら華やかなアクセサリーのようにバランスを考えて選ぶのがお勧めです。

メインのアクセサリーを決める

結婚式で着るドレスに合うからといって、ネックレスやイヤリング・ブレスレット・指輪・髪飾りと全てを付けるのはゴチャゴチャした印象になるのでお勧めできません。ポイントとなるようなメインのアクセサリーを決めてから、他のアクセサリーを選びましょう。メインのアクセサリー以外はシンプルなデザインのアクセサリーを選んだり、メインのアクセサリー以外は身につけないのもお勧めです。

季節感・素材感を意識する

結婚式のアクセサリーマナーではOKな物でも季節に合わないアクセサリーは避けましょう。例えば夏場にベロアなどの寒い季節の素材を使ったコサージュやヘアアクセサリーを身に付けるのは季節感が合わないのでチグハグな印象になります。冬場に涼しげなレースやシースルー素材のコサージュを身に付けるのは変ではありませんが、ベロア等の素材を使ったアクセサリーを選ぶとシックに仕上がるのでお勧めです。

結婚式のおすすめアクセサリーコーデ

結婚式に出席する時に身に付けるアクセサリーを迷っている方にお勧めのアクセサリーコーデをご紹介します。定番の「パール」や「ゴールド」、「シルバー」を使ったコーデはどんな方からも好感を持たれるコーデになる事間違いなしです。

パールのアクセサリーを使ったコーデ

シンプルな紺のロングワンピースにパールのネックレスを合わせると、品よくエレガントな印象に仕上げてくれるのでお勧めの結婚式コーデです。
シンプルな黒のミニ丈ワンピースにパールの華やかなロングネックレスを合わせた結婚式コーデです。パンプスやバッグもパールに近い色味の物を合わせているので、品のあるコーデに仕上がっています。
グレーのワンピースに大振りのパールイヤリングを合わせた結婚式コーデです。ワンピースのトップ部分がレース素材で華やかなので、ネックレスをつけない事でスッキリと仕上げています。
黒のワンピースにデザイン性の強いパールネックレスとパールのベルトトップがポイントの結婚式コーデです。全体の色のトーンを黒と白(パール)に揃えているのでスッキリとまとまったコーデに仕上がっています。
パールのネックレスに合わせて、ヘアアレンジにパールをあしらった結婚式コーデです。大振りのヘアアクセサリーをつけないで、控えめな小振りのヘアアクセサリーを複数組み合わせて使うのもお勧めです。

ゴールドのアクセサリーを使ったコーデ

ブルーのワンピースにゴールドのネックレスとイヤリングを合わせた結婚式コーデです。ワンピースがレース素材で華やかなのでシンプルなゴールドのネックレス&イヤリングを合わせる事で全体の印象を引き締めてくれます。甘すぎないコーデを目指す方にお勧めです。
黒のシンプルなワンピースにゴールドのロングネックレスを合わせた結婚式コーデです。シンプルなワンピースとシンプルなネックレスを合わせる事で、大人っぽいシックな印象の結婚式コーデに仕上がります。沢山の色をつかわないで色味を抑える事でお洒落な印象になります。
ベージュのワンピースにピンクの花モチーフが付いたゴールドのネックレスとピアスを合わせた結婚式コーデです。可愛らしいピンクの花モチーフですが、ゴールドベースのネックレスとピアスなので甘すぎないコーデに仕上げてくれます。
華やかなワンピースに大振りのゴールドピアスを合わせた結婚式コーデです。ワンピースが華やかな印象なので、ピアス以外にアクセサリーをつけないでスッキリと仕上げています。
シルエットが素敵な黒のワンピースにゴールドベースのビジュー付きブレスレットを合わせた結婚式コーデです。ブレスレット以外のアクセサリーはつけないで、ブレスレットに合わせてゴールドのパンプスとバッグを合わせています。
シンプルで華奢なゴールドのネックレスとピアスを合わせると品の良い結婚式コーデに仕上がります。可愛らしい印象のドレスやシックな印象のドレスでも違和感なく組み合わせる事が出来るのでお勧めです。

シルバーのアクセサリーを使ったコーデ

ボルドーのパンツセットアップにシルバーのロングネックレスとバングルを合わせた結婚式コーデです。ボルドーに合わせるアクセサリーや小物の色のトーンを揃えているので統一感のあるスッキリとしたコーデに仕上がっています。
シンプルな黒のセットアップにシルバーのロングネックレスを合わせた結婚式コーデです。黒のセットアップだけだと暗い印象になりますが、シルバーのロングネックレスを合わせる事で明るさが加わります。普段あまりアクセサリーを付けない方や、甘すぎるコーデが苦手な方にお勧めしたいシンプルコーデです。
シンプルなワンピースにシルバーのピアスとブレスレットを組み合わせた結婚式コーデです。沢山の色をつかわないで色味を抑えているので手に持ったバッグのブルーがアクセントになるコーデに仕上がっています。
華やかなブルーのワンピースにシルバーのイヤリングを合わせた結婚式コーデです。メインのドレスを邪魔せずシルバーのイヤリングが華やかさを加えてくれます。
シンプルな黒のパンツスーツに大振りのシルバーピアスを組み合わせた結婚式コーデです。使う色をシルバーと黒に抑えているのでシックでスタイリッシュなコーデに仕上がっています。

マナーをおさえて結婚式に華を添えよう♡

大切な人の結婚式に出席する時にはマナー違反は絶対に避けたいですよね。結婚式のアクセサリーマナーを守りつつ華やかな印象の結婚式コーデで出席する事が出来たら、あなたの祝福の気持ちが伝わります。結婚式のアクセサリーマナーを守りながら好みのアクセサリーを身に付けて自分らしさを演出して下さい。
92 件
着用アイテム