グレージュカラーの色見本!明るめから暗めまで人気のヘアカラーを紹介!

Description
暗めから明るめなで、グレージュヘアカラーの人気色見本をまとめました。ブリーチなしでも綺麗に仕上がるグレージュヘアカラーは、色見本を参考にしながらグラデーションやハイライトを入れるのもおすすめです。人気のグレージュの色見本をチェックして、明るめから暗めまで色々なタイプのヘアカラーを楽しみませんか?グレージュヘアカラーを楽しみたい時は色落ちなどの注意点も要チェック。色落ちなどの注意点を踏まえた上で、おすすめの色見本から好みのグレージュヘアカラーを見つけましょう。

人気のおすすめグレージュカラーの色見本を紹介!

「おしゃれなヘアカラーを楽しみたい!」という場合に人気なのがグレージュです。ヘアサロンなどではグレージュのヘアカラーをオーダーする人も多く、垢抜けた印象になりたい時にぴったり。グレージュにヘアカラーをチェンジするだけでふんわりと柔らかな女性らしい雰囲気も感じられるようになります。暗めから明るめまでグレージュヘアカラーの種類はバリエーション豊か。ブリーチを入れるか、ハイライトを入れるかなどによってもグレージュの仕上がりは変わってくるのでグレージュにする前に色見本は要チェックです。
今回は、明るめから暗めまで、色々な種類のグレージュの色見本をまとめました。ハイライト入りのグレージュやブリーチを加えたグレージュなど様々なタイプのグレージュの色見本を揃えたので、新しいヘアカラーに変えたい時の参考にしてみてはいかがですか。ブリーチを入れたグレージュは綺麗な発色、ハイライトを入れると立体感のある仕上がりに、といったように加えるヘアカラーによって違ったグレージュになるので、お好みに合わせて選んでいきましょう。色落ちなどの注意点もご紹介するので、参考にしてみてください。

グレージュはどんなヘアカラー?

そもそも、グレージュとはどういったタイプのヘアカラーなのでしょうか。グレージュとは、「グレー」と「ベージュ」を掛け合わせた造語です。元々はグレイッシュベージュと呼ばれていましたが、それを短縮してグレージュと言われるようになりました。おしゃれなくすみ感のあるグレーに、柔らかな風合いを感じられるベージュを加える事によってバランスの取れたヘアカラーを楽しめるのが嬉しいポイント。ニュアンス感がヘアカラーに与えられるので、垢抜けた印象の髪色に仕上げる事が出来るようになります。
グレーとベージュを掛け合わせたグレージュは、人気のヘアカラーとしても注目されています。「何か新しいヘアカラーにして、おしゃれにしたいな」と感じている方はグレージュにするのがおすすめ。明るめにしたり、暗めにしたり、色々なタイプのグレージュを楽しんでみませんか?ヘアカラーの注意点を押さえておけば、自分好みのヘアカラーをグレージュで楽しめるようになるはずです。ハイライトやブリーチなどもプラスしながら、理想のヘアカラーを目指してグレージュを入れてみてください。

グレージュカラーの魅力

人気を集めているグレージュヘアカラーには魅力的なポイントが沢山あります。グレージュの魅力は、日本人特有の赤みを消せるという事。日本人の髪色は赤みが強く、それが重たく見える原因となります。グレージュのヘアカラーにする事で赤みを消し、外国人のような軽くてふんわりとした髪色になれるのが嬉しいポイント。明るめは勿論のこと、暗めのグレージュも透明感が与えられます。暗めだと重たく見えがちですがグレージュは絶妙な透明感を与えられるので規則などで明るめに出来ない時は暗めのグレージュにしてみましょう。
グレージュはブリーチを入れれば綺麗に発色しますが、ブリーチなしでヘアカラーをする事も可能です。ブリーチをすると髪にダメージを与えてしまうのが問題。「なるべくブリーチなしでおしゃれなヘアカラーを楽しみたい」という場合は、ブリーチなしのグレージュにするのもおすすめです。また、ハイライトやグラデーションを入れれば違った風合いに。カーキやスモーキーなど色々な種類のグレージュがあるので、ハイライトやグラデーションも加えながら自分好みのヘアカラーを楽しんでいくようにしましょう。

グレージュカラーの色見本【明るめ】

それでは、おすすめしたいグレージュの人気ヘアカラーをチェックしていきましょう。今回は暗めや明るめ、ブリーチのあり・無しにカテゴリ分けをしておすすめのグレージュ色見本をご紹介します。まずは明るめのおすすめグレージュ色見本からです。明るめのグレージュは外国人風のおしゃれなヘアカラーを楽しみたい時に最適。「今よりも垢抜けた印象になりたい!」という場合は明るめグレージュで人気のヘアカラーにイメージチェンジしてみてはいかがですか。
グレージュであれば明るめにしても派手になり過ぎないのが嬉しいポイント。くすんだグレージュの色合いが落ち着いた雰囲気を演出してくれるので、大人の女性にも明るめグレージュは取り入れやすくなっています。明るめグレージュでおしゃれな自分に変身していきましょう。

色見本①グレージュ×ハイライト

明るめのグレージュにハイライトを入れたヘアカラーです。明るめのグレージュにハイライトを入れる事で透明感がアップし、透けるような髪色を楽しめるのが人気の理由。こうした透明感を与えたい時は、グレージュにハイライトを加えるのがおすすめです。普通のグレージュよりもハイライトが入った方が光に当たった時の質感が綺麗に見えやすいのも魅力。
ストレートの明るめグレージュでハイライトが入ればサラサラとした美しい髪に見せやすくなります。パーマをかけた状態でハイライトを入れれば立体感が出てふんわりとした仕上がりに。明るめグレージュにハイライトを入れてワンランク上の人気のヘアカラーを楽しんでみてください。

色見本②ミルクティーグレージュ×グラデーション

柔らかくおしゃれな雰囲気にしたい時に最適なのがミルクティーグレージュです。こっくりとしたミルクティーをイメージしたグレージュは、多くの女性から支持を集めている人気のヘアカラー。明るめのミルクティーグレージュでも優しげな印象に仕上げられるので、「明るめにしたいけど、派手に見られたくない」という方にもミルクティーグレージュがおすすめです。こちらのヘアカラーはミルクティーグレージュにグラデーションを加えているのがポイント。グラデーションを入れる事で、絶妙なニュアンスが生まれています。
明るめのヘアカラーでも、このようにグラデーションが加わればバランスが取りやすいのが魅力。また、グラデーションにしておけば色落ちした時もナチュラルに見せやすくなります。色落ちが気になる時や、派手になり過ぎない明るめグレージュにしたい時はグラデーションにするのがおすすめ。

色見本③ホワイトグレージュ

透明感とツヤ感を与えられるホワイトグレージュも人気のヘアカラーとしておすすめです。日本人にありがちな髪の赤みは、ホワイトとグレージュを掛け合わせる事で消しやすくなるのが嬉しいポイント。こちらの色見本のようにブリーチありのホワイトグレージュなら、外国人風のおしゃれな髪色に仕上がります。ホワイトグレージュは色落ちの過程も綺麗な事で有名。色落ちをしても赤みが出にくいので、「色落ちをしたとしてもおしゃれな髪色を保ちたい」という場合も明るめのホワイトグレージュが良いかもしれません。

グレージュカラーの色見本【暗め】

「明るめのグレージュも素敵だけど、規則があるから暗めのヘアカラーにしか出来ないな」という場合におすすめしたい暗めのグレージュ色見本もまとめました。暗めのグレージュ色見本を参考にしていけば、暗めの髪色でも透明感のあるおしゃれな仕上がりになるはずです。
86 件
着用アイテム