大人白ニットコーデ【2018-2019冬】着膨れしない着こなしのコツを伝授!

Description
白ニットは膨張色だから・着ぶくれするからという理由であまり着たくないという人も実は多いのではないでしょうか。しかし白ニットは大人っぽく女性らしく見せてくれるとても魅力的なアイテムですから、着ないなんてとてももったいないのです。そこで、着ぶくれしないための上手な白ニットの選び方や、体型別の白ニットの選び方や着方などを見て行きましょう。また白ニットと他のアイテムとを合わせたおしゃれなコーデについてもチェックしておきましょう。

大人女子のおしゃれな白ニットの着こなし術をご紹介!

秋冬になると着る機会が増えるニットですが、ついつい冬場はダークトーンのニットを選び勝ちです。そんな時は冬らしく季節感を出しながらも明るい印象を与えられる白ニットを選んでみてはどうでしょうか。そんな白ニットのレディース向けのおしゃれな着こなしや上手な白ニットの選び方などをチェックしましょう!

白ニットを敬遠する理由は?

白ニットは秋冬らしいイメージが強いアイテムではありますが、ニットの中でも白は敬遠されがちのようです。それは白が膨張色だからという理由が一番大きいのではないでしょうか。女性は体型カバーや小顔効果が期待出来るようなコーデの仕方や色の選び方に重点を置きがちですから、膨張色である白ニットはコーデに使いづらいなどと思っていることが多いようなのです。

白ニットの魅力は?

しかし、そんな白ニットには魅力がいっぱいありますから、膨張色だからという理由だけで敬遠するのはもったいないです。白ニットは冬でも明るい印象を与えらえるという魅力があるということは冒頭でも書きましたが、それに加えて女性らしい柔らかい印象や清潔感を感じられるのが白ニットです。また、白というカラーがどんなアイテムや色とも相性が良いので、秋冬に着るアウターなどとも相性が良くコーデがしやすいです。

レディース白ニットの選び方&着膨れしないコーデのコツ

白ニットに魅力がたっぷりあることは分かりましたが、女性としてはやはり着ぶくれするのではないかという心配はなかなか消えないかもしれません。そこで、上手な白ニットの選び方や着やせして見えるコーデのコツなどを見てみましょう。

リブニットを選ぶ

ニットには色々な柄や縫い目の物があります。数ある白ニットのデザインの中でおすすめなのがリブニットの物です。リブニットはストライプに見えるような編み方がされたニットで体にフィットするのが特徴です。体にフィットすると聞くと体のラインが強調されて着やせしないのではと思いがちですが、ストライプの編み方が縦のラインを強調してくれるので、白ニットであってもすっきりともたつかずに着られるのです。

素材で選ぶ

ニット素材にも色々あり、ウール・カシミヤ・アクリルなどがあります。ニットの素材は見た目というよりは着心地や洗濯の仕方に影響します。最近の化学繊維素材のニットは良く出来ているようで、パッと見た感じ天然素材の物と見分けがつかないほどだそうです。ただ、着心地で言えば断然カシミヤやウールなどの天然素材が良いでしょう。ニット素材のチクチクが嫌と言う人も多いですから、素材選びはしっかりしましょう。

アウターならゆったりとしたシルエットのものを選ぶ

白ニットの上に羽織るアウターですが、ゆったり目のデザインの物を選びましょう。ニットは思いのほか厚みがありますから、ゆったり目のものでないとアウターを着ることで窮屈そうな印象になってしまう場合があります。また、多少ゆったり目の方がふんわりとした印象が感じられるので、より女性らしい雰囲気に仕上がるでしょう。

インナーならジャストサイズを選ぶ

白ニットをインナーとして着る場合は、体にフィットしたジャストサイズの物を着るのがおすすめです。白ニットの上に着るアウターのことを考えると、中にボリュームのある白ニットを着てしまうとアウターの下でセーターがモコモコしてしまい、着心地が悪くなるのももちろんですが、見た目もおかしくなってしまいます。また白ニットの下に着るインナーもジャストサイズの物を選ぶようにしましょう。

体形カバー効果で選ぶ①ぽっちゃりさん

次にぽっちゃりさんが白ニットを選ぶ時の注意点についてです。ぽっちゃりさんが白ニットを着てしまうと、さらに体が大きく見えてしまうのではないかと思われるでしょう。ぽっちゃりさんの場合はニットの丈が短めのでゆるりとしたデザインの物を選ぶとすっきりと白ニットを着ることが出来ます。またタートルの白ニットの場合は、身幅がゆったりしたものを選び、タートル部分を緩く折り返すして着るのがポイントです。

体形カバー効果で選ぶ②がっちりさん

体形ががっちりした女性の場合は、肩幅が気になることが多いでしょう。そんな時は首回りが開いてスッキリとしたデザインの白ニットを選ぶと良いでしょう。Vネックやゆるめのクルーネックなどがおすすめです。また、ぽっちゃりさんと同様にゆるめのシルエットの物やボリューム感のある白ニットを着ることで体のラインをぼかすことも出来ます。

体形カバー効果で選ぶ③痩せすぎさん

体形が痩せ過ぎの女性の場合は、ぽっちゃりさんやがっちりさんとは真逆の白ニットの選び方をする必要があります。白ニットは膨張色ではありますが、痩せすぎさんの場合はさらにボリューム感を出すためにも、厚みのある白ニットを選びましょう。そうすることで痩せた体をしっかりカバーしてくれます。また、タートルネックも痩せすぎ体形の方には似合うデザインの白ニットです。

Yラインを意識する

Yラインという言葉を聞いたことがあるでしょうか。Yラインとは上半身にボリュームがあり下半身をスッキリさせたコーデのことです。白ニットの場合は冒頭から書いているように膨張して見えたりする場合が多いです。ですから、上半身に白を持ってきた場合は下半身はすっきり目のデザインのアイテムを合わせるのがおすすめです。パンツであればスキニータイプのパンツ、スカートであればタイトなデザインの物が良いです。

組み合わせアイテムは濃い目の色を選ぶ

またカラーの組み合わせもとても大事です。上半身に明るい白を持ってきた場合は、下半身は白よりも濃い色を持ってくるのが鉄則です。白はどんなカラーとも相性が良いですが、秋冬の場合は無難に黒や紺などの濃い目の色を持ってくると、よりすっきりとしたコーデに仕上がり、着やせ効果が期待出来るでしょう。もちろんベージュなどでもOKですが、その場合は色味の濃いベージュなどを選ぶようにしましょう。

アウターなどは長めの丈を選ぶ

秋冬に着るアウターの選び方については、まずショート丈かロング丈かで迷ってしまうところです。白ニットを中に着る場合のアウターは、断然丈長めのロングタイプの物がおすすめです。そしてアウターの色も白ニットよりは濃い色にしましょう。丈長め・色濃い目のアウターを白ニットと合わせることで、上半身と下半身の色のバランス感がさらに良くなり、下半身をよりスッキリさせることが出来るのです。

帽子などで目線を上に集める

白ニットの着ぶくれ感を軽減させるためには、小物アイテムを上手に使ってコーデするのもテクニックの1つです。おすすめなのは、秋冬用の帽子を被ることです。秋冬にはニット帽やベレー帽などのおしゃれな帽子が色々ありますが、それを頭に被ることによって視線が上に行くようになるので、白ニットによる膨張はあまり気にならなくなります。視線を白からさりげなくそらすというのも着膨れさせないコツなのです。

組み合わせアイテム別!秋冬白ニットコーデ【アウター】

まずは白ニットとアウターのおしゃれな着こなしについて見て行くことにしましょう。秋冬は白ニット1枚だけでは肌寒くなりますから、アウターなどを上に羽織ることが多いです。アウターの種類もかなり豊富にあるので、組み合わせ次第で可愛い雰囲気から大人っぽい上品な雰囲気、さらにカジュアルなかっこいい雰囲気まで幅広いコーデが実現します。

白ニット×ボアコート

こちらは白ニットにボアコートを合わせたコーデです。白ニットの襟もととボアコートの襟もとが揃っているところがポイントで、バランスよく組み合わせられています。上半身は白のニットとボアコートのベージュとで淡い色味同士の組み合わせなのですが、ボトムスはそれよりも濃い目の色を選んで合わせており、しっかり下半身でコーデ全体を引き締めています。

白ニット×パーカー×チェスターコート

シンプルな白ニットに、グレーのパーカーとブラウンのコートを重ねてアウターとして着ているコーデです。チェスターコートは大人っぽい印象が強いコートですが、グレーのパーカーと重ねることによって、大人かっこいいカジュアルスタイルに仕上げています。ニットの白以外はすべて茶色と黒の濃い色で纏めているので、コーデ自体がぼやけることもなく、全体的に引き締まっている印象です。

白ニット×ダークグレーコート

こちらは白のニットにダークグレーのコートを合わせたコーデです。コートの色味が一番濃いので、合わせているパンツは淡い落ち着いたベージュ系の色味にしています。トップス・アウター・ボトムスの3色のバランスがしっかり取れているコーデで、大人可愛い雰囲気に仕上がっています。

白タートル×Vネック襟なしコート

こちらは白のタートルネックのニットにVネックの襟なしコートをアウターとして合わせた秋冬用レディースコーデです。白タートルの場合は首元が詰まってしまう印象がありますが、アウターにVネックのようなデザインのアウターを選べば、上品で大人っぽいすっきりとしたコーデに仕上がります。また、白ニットとアウターのライトグレーの相性もとてもおしゃれです。

ざっくり白ニット×カーキブルゾン

こちらはざっくりとしたケーブル編みの白ニットにカジュアルな印象のカーキブルゾンを合わせた大人可愛いレディースコーデです。ほっそりしたスタイルの場合は、このようにシルエットが大きめの白ニットを組み合わせることで華奢な体をしっかりとカバーすることが出来ますし、それがとても可愛い印象を与えます。そんな白ニットにあえてカジュアルなカーキブルゾンを合わせ、カジュアルと可愛さをミックスさせています。

白ニット×黒ショートダウン

こちらは白のタートルネックに黒のダウンジャケットを羽織ったレディースコーデです。白のタートルニットは網目がかなり細かいデザインなので、タートルでありながらも上半身がとてもスッキリとした印象になっています。それに対して少しボリュームのあるふんわりしたシルエットの黒ダウンジャケットを合わせて、バランスの良い大人可愛いコーデを作っています。

白ニット×チェックコート

こちらは白のケーブル編みニットにチェックのコートを合わせたレディースコーデです。白ニットは網目がしっかりとしたデザインなので、可愛い印象が強いです。そんな白ニットには、落ち着いた大人っぽい囲気のチェックコートを合わせて、大人可愛いコーデに仕上げています。また、ボリュームのあるデザインの白ニットをインして着ていることで、すっきりした着こなしにもなっています。

組み合わせアイテム別!秋冬白ニットコーデ【インナー】

次に、白ニットとインナーとの組み合わせです。白ニットと言っても様々なデザインの物がありますから、白ニットの下にシャツを重ねて着たり、首元が大きく開いた白ニットの場合はインナーを見せて着こなしたりして楽しむことも出来ます。

白ニット×白シャツ

こちらは白ニットに白シャツを重ねたレディースコーデです。白シャツはあえて長めのデザインを着て、白ニットの裾部分からかなり露出させて着こなしているのがポイントです。白ニットは1枚でさらりと羽織るのもおしゃれですが、画像のように白ニットのインナーにシャツを着るという着こなし方も大人可愛くおすすめです。

白ニット×デニムシャツ

こちらは白のゆったりとしたニットにデニムシャツをインナーとして重ねたレディースコーデです。ゆったりめの大きいニットに合わせてデニムシャツも大きめの物を選んでおり、白ニットの袖や裾からデニムシャツをちらりと覗かせているのがおしゃれポイントです。濃い色のシャツを重ねることで大人っぽい落ち着いた印象に見せ、また靴もブラウンの靴を選ぶなどして大人っぽい雰囲気に仕上げています。

白ハイネックニット×ハイネックレース

こちらは網目が特徴的な可愛い白ニットの下にレースのハイネックをインナーとして重ねたコーデです。白ニットは首元までしっかり覆われた物が多いですが、そのような場合でも、インナーに画像のようなハイネックのタイプの物を選んで首元からインナーをちらりと見せるのもおしゃれな着こなしです。インナーのレースを見せることで、可愛さの中に大人っぽい上品さを感じられます。

白ニット×黒レースインナー

こちらは上品な白ニットに黒のレースインナーを重ねたレディースコーデです。インナーにはトップスの色と近い色の物を合わせることが多いですが、こちらはあえて黒のレースインナーを合わせて大人っぽい印象に仕上げた着こなしです。インナーのレースにはストライプがあしらわれているので、甘くなりすぎないのがポイントです。首元が開いたものでなくても画像のようにインナーを合わせて楽しむことも出来ます。

組み合わせアイテム別!秋冬白ニットコーデ【スキニー・パンツ】

次に、白ニットとスキニーパンツを合わせたコーデです。冒頭でも書いたように、白ニットは着ぶくれして見えると感じている人も多いようですが、白ニットに対して下半身にすっきりとしたスキニータイプのパンツを合わせることで、綺麗なYラインが出来て、白の膨張感は全く気にならなくなります。

白ニット×スキニーデニム

こちらはシンプルな白ニットに濃い目の色が特徴のスキニーデニムを合わせたレディースコーデです。白ニットは首元が広く開いているので首回りがすっきりして見えて大人っぽい印象に見せてくれます。そしてボトムスにはスキニーデニムを持って来ており、さらにかなり色の濃い物を選ぶことによって白ニットとのコントラストが美しく、すっきりとした着こなしに仕上がっています。

白ニット×ホワイトデニム

白ニットと白のスキニーパンツを組み合わせたレディースコーデです。白ニットにあえて白のパンツを合わせるのはあり!?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、このようなオールホワイトコーデは、洗練された大人の雰囲気が漂っていてとてもおしゃれなのです。膨張色同士ではあるのですが、白パンツがスキニーであればそこまで着ぶくれを気にする必要もないでしょう。

白ニット×ブルーデニム

こちらはボリュームのある網目の白ニットに青が鮮やかなスキニーデニムを合わせたレディースコーデです。スキニーデニムにも色々な種類がありますが、ブルーがはっきりとしたスキニーデニムも白ニットと相性抜群です。また、白ニットが可愛い雰囲気の場合、カジュアルテイストのスキニーを合わせれば、可愛くなりすぎず大人っぽ可愛い印象にも仕上げてくれます。

白ニット×黒スキニーパンツ

こちらは丈が長めの白ニットに黒のスキニーパンツを合わせたレディースコーデです。丈が長い白ニットはボリューム感がかなり強いので、画像のように黒のような色が濃い、白と色の差が付く色味のスキニーを合わせるとスッキリと見せることが出来ます。スキニーパンツとスニーカーを合わせて、白ニットをカジュアルに着こなしているところもまたおしゃれです。

組み合わせアイテム別!秋冬白ニットコーデ【スカート】

次に白ニットに女性らしいアイテムであるスカートを合わせたレディースコーデを見て行きましょう。秋冬は寒いのでパンツスタイルになりがちですが、冬だからこそスカートにタイツを合わせた大人っぽい女性らしいコーデでおしゃれを楽しむのも良いでしょう。

白ニット×デニムスカート

デニムスカートはデニムパンツと同様どんなアイテムとも合わせやすい万能アイテムです。こちらは白ニットとデニムスカートを合わせたレディースコーデです。ボリューム感の出やすい白ニットも、タイトなシルエットのデニムパンツをアイテムに持ってくることで全体的にすっきりした印象に見せてくれます。

白ニット×チェックロングスカート

チェックスカートは今期の秋冬もトレンドのアイテムです。そんなチェックスカートと白のニットを合わせたレディースコーデも可愛い印象に仕上がるのでおすすめです。画像の白のニットはボリューム感のあるアイテムではあるのですが、網目がシンプルなので比較的すっきりと見えます。さらにボトムスに濃い目のチェックスカートを、さらに黒のハイカットスニーカーを持って来ておりコーデを引き締めています。

白ニット×タイトチェックスカート

こちらはUネックの白ニットにタイトなデザインのチェックロングスカートを合わせたコーデです。白ニット自体そこまでゆったりとしたデザインではありませんが、スカートにインして面積を小さくしたり、スカートをタイトなロング丈の物を選ぶことで、全体的にすっきりとしたシルエットのコーデに仕上がっています。可愛いコーデなのですが、キャップとスニーカーでカジュアルダウンさせているのもポイントです。

白ニット×ベージュスカート

こちらは丈が長めの白ニットにベージュのスカートを合わせたコーデです。丈が長めのニットなのですが、シルエットが綺麗で、さらに横にスリットが入っていることですっきりと見せることが出来ます。また、黒タイツと黒のパンプスを持ってくることで白とベージュで淡い雰囲気になっているところをしっかり引き締めてくれています。

白ニットワンピースコーデ

次に白ニットのワンピースコーデを見てみましょう。ワンピースは年中着回せる万能アイテムではありますが、秋冬は白ニット素材のワンピースが季節感が出ますし、さらには女性らしい可愛い雰囲気を出せるのでおすすめアイテムです。

白ニットワンピース×デニム

ウエストにベルトを巻いてアクセントを付けた白ワンピースのコーデです。白ニットワンピースになると、面積が広い分着ぶくれしやすいですが、画像のようにウエストにベルトを付けてあげるだけですっきりとした着こなしになります。そしてそこにあえてゆったりめのデニムを重ね履きしている点に大人のおしゃれさを感じます。

白ニット×チェックコート

こちらは白のニットワンピースに濃い目のグレーチェックのコートと黒のブーツで引き締めた大人っぽいレディースコーデです。面積の広い白いワンピースを同じくらいの丈のコートを羽織ることで膨張色をしっかりカバーしてくれています。可愛さと大人っぽさが上手にミックスされた着こなしです。

白ニットワンピース×黒ジャケット

こちらは白のニットワンピースに黒のジャケットを合わせたレディースコーデです。白のワンピースは甘めの印象が強いのですが、そこにあえて黒のカジュアルなジャケットを合わせることでカジュアルダウンさせています。また着ぶくれしやすい白のワンピースの上半身部分をカバーすることですっきりとした着こなしになっています。

白ニットワンピース×ライダースジャケット

こちらは白のニットワンピースにライダースを重ねたレディースコーデです。白のニットワンピースは先ほどから書いているように可愛い印象が強く出るアイテムなのですが、ライダースジャケットを上に羽織ることで、大人っぽい甘辛ミックスコーデに仕上がっています。ワンピース以外のアイテムを黒で統一しているところもまた大人っぽい着こなしに見せています。

白ニットワンピース×赤ストール×赤スニーカー

ゆったり目の白ニットワンピースに黒のレギンスを合わせたコーデです。こちらのコーデのポイントは、マフラーやバッグや靴などの小物アイテムに赤を持って来ている点でしょう。これは、ニットワンピースが白だからこそ出来るコーデで、お互いにお互いの良さを生かしたおしゃれな着こなしになっています。

白ニットワンピース×ブルゾン×白パンツ

こちらは白ニットワンピースに白パンツ、さらにグレーのスニーカーを合わせたきれいなグラデーションコーデです。アウターのブルゾンとショールをブラウンに揃えて、上半身に濃い色を持って来て、バランスがしっかり取れています。パンツスタイルなのでカジュアルではありますが、とても大人っぽい上品な着こなしに仕上がっています。

白ニットの手入れの仕方

最後に白ニットのお手入れの仕方について見て行きましょう。ニット素材の物は洗濯機でジャブジャブ洗えるものではありません。特に天然素材の物は洗濯に気を付けないと形が崩れてしまったり質感が落ちてしまったりします。

一日着たら数日休ませる

ニット素材の悩み言えば毛玉がすぐに出来てしまうことではないでしょうか。しかし、扱い方によって毛玉を防ぐことが出来るのです。まずニットを着たらしばらくはニットを休ませるようにしましょう。毎日同じニットを着てしまうと、アウターとニットが擦れたりすることで毛玉が出来やすくなってしまいます。摩擦による毛玉からニットを守るためにも、何着かのニットを日替わりで着回すのが良いでしょう。

脱いだら目に沿ってブラッシングする

ニットにもブラッシングがとても大事です。ブラッシングすることで、ニットについた汚れを取ったり繊維同士の絡まりを取ってあげたり出来ます。その結果、毛玉が出来にくくなるのでお気に入りのニットも綺麗に長く使うことが出来るのです。ブラッシングの場合は決してニットを強くこすらずに、表面に付いた汚れなどを払うようなイメージでブラッシングしましょう。また、ブラシは天然毛の物を選びましょう。

すぐにしまわない

1日着たニットをすぐにタンスやクローゼットにしまうのはNGです。ニットにこもった熱や湿気をしっかり除くためにもハンガーで吊るしておきましょう。ただ長い時間ハンガーで吊るしておくことは、ニットが型崩れする原因になってしまうので、ずっとかけっぱなしにせずに、その後はしっかり綺麗に畳んでクローゼットやタンスに収納しましょう。

毛玉はまめに取る

毛玉を出来にくくする工夫を上で紹介してきましたが、完璧に毛玉を防ぐということはなかなか難しいかもしれません。万が一毛玉が出来てしまった場合は、それを放っておかずにこまめに取ってあげることが大事です。毛玉を取る際はとにかく慎重に行います。小さめのハサミで切ったり、ガムテープで取ったりするのがおすすめです。また、毛玉の取り過ぎはニットを痛める原因にもなるので注意しましょう。

シミにが付いたらすぐに抜く

白ニットの場合はシミが付いてしまうと汚れが目立ってしまいます。またそれだけでなくシミを放っておくと虫食いの原因にもなるので、シミが付いたらすぐに抜くことが大事です。ただ、素材によっては自分で染み抜き出来ない場合もあるので、その場合はクリーニングに出すなどしましょう。自分でやる場合は、ティッシュを当てて染みを抜き、つまみ洗いしましょう。

洗濯は洗濯表示に従う

次にニットの洗濯方法についてです。どんな素材の服にも言えることですが、まずチェックするのはニットについているタグです。そこには洗濯に関する表示が書かれているので、ニットがそもそも洗濯出来る物であるか、そしてその洗濯の方法が何なのかをしっかり確認しておきましょう。ただし、自宅で洗えるようなニットの場合でも、初回はクリーニングに出して綺麗にするのがおすすめです。

洗濯は専用洗剤を使う

洗濯洗剤にも色々ありますが、ニット素材の物を洗う場合は、おしゃれ着洗剤などの専用の物を使うようにしましょう。ニットを洗える洗剤を使わなければ、ニットが縮んでしまたり型崩れしたりして、長くニットを着られなくなってしまいます。専用洗剤であっても、その使い方や洗い方をしっかり守って洗濯するようにしましょう。

洗濯ネットを使う

自分でニットを洗濯する時には洗濯ネットに入れるのが重要です。洗濯ネットに入れることでニットの型崩れを防ぐことが出来ます。選ぶネットの大きさはニットよりも少し小さめのネットです。その中にニットを綺麗に畳んで入れるのですが、その時、ニットの汚れが気になる部分を表にして畳むようにすれば汚れも綺麗に落とせます。

衣替えは丁寧にする

ニットは秋冬に着るものなので当然春夏はタンスやクローゼットにしまい込むことになります。タンスで眠らせている間に虫に食われたなどのトラブルを避けるためにも、衣替えは丁寧にする必要があります。衣替えの際は、ニットを綺麗な状態にしてからしっかり湿気を取ります。タンスにしまう時には防虫剤をしっかり入れましょう。また、クリーニングに出した場合は、クリーニングの透明な袋は必ず取りましょう。

白ニットをおしゃれに着こなそう♡

白にとは秋冬のコーデに取り入れたりアイテムの1つです。白ニットを着ることで着ぶくれしてしまうのではないかと思っている女性は、白ニットの着方を工夫して着ぶくれを防止すれば、例え体形に自信の無い方でもおしゃれな着こなしが出来ます。是非秋冬は白ニットにトライしてみましょう。
168 件
着用アイテム