トップコートのおすすめ25選!速乾やプチプラのセルフネイル鉄板アイテムは?

Description
ネイルを美しく仕上げてくれるトップコートのおすすめ25選をご紹介します。速乾で使いやすいトップコートや、ネイルケア効果があるトップコート、仕上がりがジェル風のトップコートやマットなトップコートなど、人気ブランドからプチプラまで様々な種類のものがあります。トップコートを使いこなせば、ネイルサロンに行かなくても安いセルフネイルを長持ちさせることが出来ます。ぜひおすすめ25選から、お気に入りのトップコートを見つけて下さい!

セルフネイルの必需品!トップコートとは?

トップコートは素爪の補強をしてくれる

自宅でセルフネイルをする時、カラーマニキュアだけでなくベースコートやトップコートなどを活用すると、様々なメリットがあっておすすめです。爪は、乾燥などによってダメージを受けると割れやすくなったり弱ってしまいます。マニキュアも、爪へのダメージの原因になることがあります。
トップコートを塗ることによって、爪の補強をすることが出来ます。爪を衝撃から守り、割れたりするのを防いでくれます。トップコートの役割は、ネイルのツヤ出しなどおしゃれ目的だけではないのです。

トップコートを塗ればネイルカラーが長持ちする

セルフネイルはサロンでのネイルアートに比べて安いというメリットがありますが、せっかく塗っても長持ちしないという悩みを持つ人も多いです。しかし、トップコートを仕上げに塗ると、ネイルカラーを長持ちさせることが出来ます。
せっかく綺麗に塗ったマニキュアが長持ちしないととても残念な気持ちになりますが、トップコートがあれば大丈夫です!また、セルフネイルを長持ちさせるだけでなく、マニキュアの発色をよく見せてくれる効果もあるようです。

トップコートの使い方

トップコートは、正しい使い方を守ることによって仕上がりを美しくすることが出来ます。トップコートはネイルカラーを塗った後に使うものですが、カラーがしっかりと乾いてから塗ることが大切です。カラーが乾くのを待ちきれずに早く塗ってしまうと、色が混ざったりムラが出来たりして仕上がりが汚くなるので注意しましょう。
トップコートを塗る前にボトルを振ると、気泡が出来てしまって綺麗に塗りづらくなります。ついつい振りたくなるかもしれませんが、激しく振るのはやめましょう。そして、ハケに液体を含ませたら、トップコートのボトルの入り口部分でハケをしごいて、余分な液を落としてから爪に塗ります。
これで、邪魔な気泡をなくすことも出来ますし、ハケが広がって塗りやすくなります。カラーのマニキュアも同様ですが、トップコートを塗る際にも爪の先端から塗っていくのがおすすめです。セルフネイルはサロンネイルよりも剥げやすく、中でも先端は色々なところにぶつかったりするので長持ちしにくいです。
爪の先端を最初に塗って、その後に中央、左右と塗っていくと、全体をより長持ちさせることが出来ます。中央と左右を塗る際には、ハケが爪に押さえつけられる感じではなく、力を抜いて撫でるように塗りましょう。
ハケを押しつけ過ぎると塗りムラが出来やすいですが、力を抜くとハケが自然に広がって、綺麗にトップコートを塗ることが出来ます。トップコートは透明なので、一見すると塗ったところと塗っていないところの見分けがしづらい場合があります。トップコートを塗った後には、塗り残しが無いかどうか全体をチェックすることをおすすめします。

プチプラからブランドまで選択肢はさまざま

トップコートには色々な種類のものがあり、安いプチプラブランドから高価なブランド物まで選択肢は様々です。安いトップコートでも速乾だったり塗りやすかったり、魅力的なものは沢山あります。安いかどうかは一つの基準として、自分の好みに合うものを選ぶことが大切です。
また、比較的値段の高いブランド物のトップコートには、相応の使いやすさがあるものです。ブランド物を買うだけの価値が自分にとってあるかどうか?検証しながら選ぶと良いでしょう。プチプラもブランド物も、どちらもご紹介していきます!

速乾タイプ?艶出しタイプ?どちらか選ぼう

速乾トップコートの特徴

トップコートは、大きく速乾タイプとツヤ出しタイプに分けることが出来ます。仕上がりの好みや、どのように使いたいかによって選びましょう。速乾タイプのトップコートの特徴は、その名の通り塗ってから乾くまでの時間がとても短いことです。トップコートを塗ってから乾くまでの間にこすってしまったりすると、せっかく塗った爪が汚くなってしまいます。
トップコートをゆっくり乾かしている暇が無いという人には、速乾タイプのトップコートがおすすめです。ただ、速乾タイプのトップコートにはツヤが出にくいという特徴もあります。セルフネイルでサロンのようなツヤツヤの爪を作りたいという人は、速乾タイプよりもツヤ出しの効果の高いトップコートを使った方が良いかもしれません。

艶出しトップコートの特徴

187 件
着用アイテム