#自作メイクパレットがSNSで大人気!簡単お気に入りコスメを持ち歩き!

Description
お気に入りのコスメで自作出来るメイクパレットが人気を集めています。100均や無印のケースをリメイクする事で、かわいい自作メイクパレットを手作り出来るのが嬉しいポイント。鏡付きのかわいいメイクパレットなど、お気に入りのコスメやケースをリメイクして、自作メイクパレットを手作りしてみませんか?DIYにおすすめの無印のケースや100均のリメイクアイテムなどを役立てて、手作りメイクパレットを自作してみましょう。

DIYで簡単!おすすめ自作メイクパレットの作り方

Eyeshadow Palette Makeup Kit · Free photo on Pixabay (168565)

アイシャドウやチークなど、色々なコスメをバラバラに持ち運んでいると大変です。ポーチの中がぐちゃぐちゃになってしまったり、お気に入りのコスメがなかなか見つからなかったりといったように苦労する事も多いのではないでしょうか。そんな時におすすめしたいのが自作メイクパレット。お気に入りのコスメをメイクパレットに入れて自作リメイクをすれば、コンパクトに持ち運ぶ事が出来るようになります。「なるべくコスメを持ち歩く手間を減らしたい!」という場合は、自作メイクパレットを手作りしてみませんか?
今回は、簡単に出来る自作メイクパレットの手作り方法や、100均や無印のケースを使ったリメイク術をまとめました。メイクパレット用に作られていないケースでも、リメイクをする事でお気に入りのコスメを入れた自作メイクパレットを手作りする事が出来ます。ただ単にケースを使うだけでなく、マスキングデープなどで装飾してリメイクするのもおすすめ。色々なパターンの自作メイクパレットをチェックして、お気に入りのメイクパレットを手作りしてみましょう。

メイクパレットとは?

Eyeshadow Palette Makeup Kit · Free photo on Pixabay (168566)

そもそも、メイクパレットとはどういったアイテムなのでしょうか。通常、アイシャドウやリップ、チークなどは単体で販売されている事がほとんどです。そんなコスメを1つのパレットに集めたのがメイクパレット。メイクパレットの中にはアイシャドウ、チーク、リップ、ファンデーションなど、メイクに必要なコスメが揃っているのが特徴。メイクパレットに必要なコスメが揃っている事で素早くメイクが出来るので、メイクアップアーティストなどのプロがメイクパレットを用いる事が多くあります。
色々なブランドからメイクパレットが出ているので、一般の人もメイクパレットを愛用している場合が多いのではないでしょうか。メイクパレットであれば色々なタイプのコスメを一揃えに持ち運ぶ事が出来るので、とても便利。メイクパレットを1つ取り出せばメイクを完結させられるのが嬉しいポイントです。時短メイクにもメイクパレットが役立ちます。このように市販されているイメージが強いメイクパレットですが、実は自作メイクパレットを手作りするのが流行している事をご存知ですか?

メイクパレットを手作りするメリット

SNSなどで「#自作メイクパレット」と検索すると、色々なタイプの自作メイクパレットが出ています。この検索結果から、自作メイクパレットを手作りする事がトレンドになっているのが分かるのではないでしょうか。自作メイクパレットには色々なメリットがあるので、流行するようになったようです。自作メイクパレットのおすすめポイントとして挙げられるのが、お気に入りのコスメを揃えられる事。市販されているメイクパレットだと使わないコスメがあるかもしれませんが、自作ならお気に入りばかりで揃えられます。
「この色は使わないけど、この色はよく使う」といったように、同じコスメでも使用する色と使用しない色とで分かれることがよくあります。そういった場合は、お気に入りのコスメだけ取り出して自作メイクパレットを手作りするのがおすすめ。お気に入りのコスメだけを揃えていれば、好みのメイクを簡単に仕上げることが出来るようになります。アイシャドウやチーク、リップ、ファンデーションなどお気に入りのコスメを詰め込んで、自作メイクパレットを手作りしてみてはいかがですか。

自作メイクパレットのDIY手順

自作メイクパレットは簡単にDIY出来るのが嬉しいポイント。DIY初心者の方でも身近なアイテムを使って気軽にリメイクする事が出来るので、お気に入りのコスメを使って自作メイクパレットを手作りしてみてはいかがですか。不器用な方もおしゃれでかわいいメイクパレットをDIYをして、みんなに自慢してみませんか?100均や無印のアイテムなど、リーズナブルに手に入る物ばかりを使って簡単に自作メイクパレットをDIYしていきましょう。

用意するもの

自作メイクパレットをDIYしたい時に必要となるのがケース。ケースはお気に入りのコスメが入る物であれば、何でも大丈夫です。自作メイクパレットで人気を集めているのがアルミ製のカードケース。アルミ製なので強度があり、メイクパレットにリメイクするのにぴったりな素材です。アルミ製のカードケースの他には、スマホケースや筆箱のような文房具入れ、薬ケースといったケース類が自作メイクパレットをDIYする人たちの間で人気を集めているのでおすすめ。お好みのケースを選んでリメイクしていきましょう。
ケースが準備出来たら、マグネットシートも用意しておきましょう。マグネットシートを貼り付けておけば、アイシャドウやチークなどを簡単に入れ替える事が出来ます。使い終わった後は新しいコスメに入れ替えるなど、臨機応変にメイクパレットの仕様を変えられるので、マグネットシートを活用してみてください。後は、コスメをケースから取り出す為の金属製のヘラやニッパー、鏡、両面テープなどを用意したらメイクパレットを自作する準備が整います。

手順①入れたいコスメをケースから外す

まずは、入れたいコスメをケースの中から取り出していきましょう。アイシャドウやチークなどのコスメはケースの中に接着剤などでくっついている場合が多いので、金属製のヘラやニッパーなどを使って取り出していきます。力を入れ過ぎるとケースが壊れてしまう事もあるので、丁寧に取り出すようにするのがポイント。このようにコスメを取り出す事で、ケースの中にあるお気に入りのコスメだけをメイクパレットの中に入れる事が出来ます。

手順②マグネットシートを切って用意

続いて、マグネットシートをカットします。マグネットシートは、コスメのサイズに合わせてカットするようにしましょう。もし、マグネットシートが手に入らない場合は両面テープでも大丈夫です。両面テープだったとしても使い終わった後に剥がす事は出来るので、マグネットシートがない場合の代用品として活用してみてください。100均や無印のような安いケースであれば、使い捨てメイクパレットとして活用する方法でも良いかもしれません。

手順③配置場所を決める

続いて、コスメの配置場所を決めましょう。ケースの中に収まるようにコスメの配置場所を決めるのがポイント。なるべくケースに余白がないように配置すると綺麗に仕上がります。アイシャドウやチークなど、カテゴリに分けて配置しておくと使いやすいので、そういった事も考えながら配置を決めてみてください。

手順④マグネットシートで貼り付ける

配置が決まったら、マグネットシートでコスメを貼り付けていきます。マグネットシートでしっかりと固定する事が出来たら、コスメの貼り付けは完了。後でコスメがケースから剥がれ落ちないように固定するようにしてください。
73 件
着用アイテム