目元のメイクのお悩みを解決!目を大きく見せる方法やナチュラルに見せるやり方まで

Description
アイメイクコスメは色味や質感のバリエーションが豊富なのですが、上手に使うと年齢肌を隠す事ができます。目元のシワやたるみを見えにくくも出来るので、アイライン・ハイライト・マスカラなど自分にぴったりのコスメを見つけましょう。好きな色や質感のコスメの中で、シワやたるみを隠すものを探してみると丁度良いものが見つかる場合もあります。今回は目元の悩みを解決するメイク方法や、ナチュラルに見せるやりかたを調査しました。

目元のメイクでよくある悩み

アイメイクがきれいに仕上がると顔全体の印象も良くなりますが、それだけ目元は大切なポイントでもあります。シワ・クマ・たるみなどが目立つ部分は、ナチュラルな雰囲気にアイメイクできれば年齢よりも若く見えます。アイラインやアイシャドウなどは顔の印象を決めてしまうものなので、自分に似合うメイクのやり方を見つけておくとベストです。
目元をケアするコスメは美容液などスキンケア系が豊富にあります。ぜひ活用してきれいな素肌を保ちたいところですが、年齢を重ねてくるとどうしても限界はあるでしょう。そんな時にはアイラインやコンシーラーなどのメイクコスメでカバーしましょう。ピンク系の下地を入れるなど色使いで明るい肌に見せるなどのやり方もあります。

シワが目立つようになってきた

年齢を重ねるにつれて目元のシワやたるみは目立ってきます。仕方がない事なのですがなるべく隠してしておきたい部分なので、アイラインやアイシャドウなどを活用しましょう。アイシャドウにはキラキラしたパールやラメが入っているものが豊富にありますので、自分に似合うものを効果的に使うとシワやたるみが見えにくくなります。

クマや目のたるみが気になる

目元の悩みはシワのほかにクマやたるみがあります。クマはコンシーラーで健康的な肌色に見せる事ができますし、たるみはアイラインやピンク系の色使いで見えにくくなったりもします。上品に仕上げるためにはナチュラルメイクのやり方が大切ですが、加えて年齢が見えやすい部分をカバーする方法を知っておくと便利です。

目元の若返りメイクのやり方

若く見えるにはシワやたるみを隠すメイクのやり方が基本になります。目元はアイラインで影をつけたりハイライトでたるみを飛ばすなどの方法がありますので、悩みを解決するのに丁度良いテクニックを効果的に使いましょう。例えばアイラインの黒は目尻のシワを見えにくくします。
アイシャドウパレットには影をつける締め色とハイライトになる明るい色が入っています。アイシャドウの明るい色はキラキラしたラメやパールを使うとたるみが見えにくくなります。ただしラメやパールはあまりキラキラし過ぎているものを使用していると若作りに見えますので、キラキラが上品なものを選んだ方が良いかも知れません。
マスカラなどで睫毛が長くなるようにメイクすると、目元に睫毛の影ができてシワなどが見えにくくなります。あまりバサバサと長くしすぎると不自然ですが、自然なボリュームと長さであれば上手に年齢サインを隠す事もできます。まぶたのハイライトをピンクにして長い睫毛を組み合わせやメイクにすると健康的な印象にもできます。肌なじみの良いナチュラルなピンクがおすすめです。

目尻の際にアイラインで目元を引き締める

アイラインは目尻の際から5ミリくらい長めに、ハネぎみに引くとシワが隠れやすいようです。できれば全部黒く塗ってシワを消してしまいたいと思うかも知れませんが、あまり濃く入れすぎると逆に老けて見えます。ナチュラルに見えるやり方でメイクしつつ、なるべくシワはアイラインで消してしまいましょう。

ベージュ系のアイシャドウで目元のくすみ解消

目元は顔の部位の中でもくすみが出やすいところです。目の披露でくすみが出たりもしますので、なるべく目が疲れないように目薬や美容液でケアするのも大切です。それでも出てくる目元のくすみに対しては、ベージュ系のアイシャドウで解消しましょう。ベージュはどんな肌の色にも合いますし、キラキラしたラメやパール入りアイシャドウを使うとくすみやシワが飛びやすくなります。

つけまつげで目元のたるみ解消

アイメイクでまつげを長くするとナチュラルな影ができて目元のたるみが見えにくくなります。マスカラが苦手な場合にはつけまつげをするやり方もあるでしょう。つけまつげなら最初からきれいなラインが出来上がっていますし、色々なバリエーションがありますので似合うものを探すのも楽しいかも知れません。

目を大きく見せる目元メイクの方法

目を大きく見せる為にはポイントを押さえたメイクが大切です。囲み目メイクは上手にメイクしたら大きくなりますが、年齢を重ねていると逆に老けて見えてしまう場合があります。目が大きく見えるのに老けた感じにならないやり方は、縦ラインの強調などがあります。黒目の上と下の部分にアイシャドウの締め色を濃く入れたりアイラインを太めに入れたりします。
80 件
着用アイテム