【コントロールカラー】イエロー系のおすすめ人気を紹介!くすみや赤みをカバー

Description
イエロー系コントロールカラーの人気アイテムや効果が出るおすすめの塗り方をまとめました。くすみや赤みを効果的にカバー出来るイエロー系コントロールカラーは、ベースメイクにおすすめのアイテム。沢山のイエロー系コントロールカラーがある中で人気のアイテムを取り入れれば、肌の赤みやくすみを簡単にカバー出来ます。イエロー系コントロールカラーの効果的にあ塗り方も含めて、基本情報をチェックしていきましょう。

くすみ赤みをカバー!イエローのコントロールカラーを紹介

「肌のくすみが気になる…」「透明感をアップさせたい!」という場合におすすめなのがイエロー系のコントロールカラー。イエロー系のコントロールカラーを使う事で、理想の肌に近づく事が出来ると言われています。くすみや赤みをカバーする事が出来ればファンデーションを厚塗りする必要がなくなるので、ナチュラルな仕上がりになるのも嬉しいポイント。そんなイエロー系コントロールを使いこなすには効果的な塗り方を把握しておく事が大切です。正しい塗り方をする事で本来の効果を発揮させられます。
今回は、イエロー系コントロールカラーの効果的な塗り方やおすすめしたい人気アイテムをまとめました。イエロー系コントロールカラーは様々なブランドから出ているので、人気商品をチェックして自分にぴったりの物を選んでいきましょう。敏感肌の方にもおすすめのイエロー系コントロールカラーもご紹介するので、肌のくすみや赤みが気になる時に活用してみませんか?イエロー系コントロールカラーについて詳しくチェックしていきましょう。

コントロールカラーとは?

コントロールカラーとは、肌の色ムラを整える効果のあるベースコスメです。人の肌は、くすみが現れたり、赤みが気になったり、様々な色ムラが出やすいのが特徴。肌の色ムラがあると、ファンデーションを塗ったとしても透明感を出せない場合があります。そんな時に役立つのがコントロールカラー。ファンデーションにコントロールカラーを組み合わせる事で肌の色ムラを防ぎ、理想の肌へ近づく事が出来ます。コントロールカラーにはピンクやグリーンなど多種多様な種類があるので、自分の肌に最適な色を使う事が大切です。

イエローのコントロールカラーの効果

様々な色のコントロールカラーがある中で、イエロー系コントロールカラーの効果とはどういったものなのでしょうか。イエロー系コントロールカラーは、肌のくすみをカバーして透明感を出す効果を期待出来ます。色ムラを抑え、健康的な肌に見せる効果があるとされているのが特徴。また、日本人の肌は黄色寄りなので、イエロー系コントロールカラーが馴染みやすくなっています。初めてコントロールカラーを使う方もイエロー系なら効果的に活用出来るのではないでしょうか。

イエローのコントロールカラーがおすすめの人

それでは、イエローのコントロールカラーがおすすめなのは具体的にどんな肌タイプの人なのでしょうか。コントロールカラーにはバリエーション豊かな種類があるので、自分に適した色を選ぶ事が大切になります。自分の肌の色に合ったコントロールカラーを選ぶ事で本来の効果を実感しやすくなるため、色の選び方にはこだわりましょう。

肌のくすみがある人

イエロー系コントロールカラーはくすみが気になる方におすすめ。くすみがあると透明感がなくなり、老けた印象になってしまいます。イエロー系コントロールカラーをくすみが気になる箇所に塗ることによってカバーし、生き生きとした肌に見せられるのが嬉しいポイント。「最近、肌のくすみが気になるな」という場合はイエロー系コントロールカラーを使ってみましょう。

色沈みがある人

色沈みがある方にもイエロー系コントロールカラーがおすすめです。色沈みがある肌は全体的に暗く見え、若々しさも失われがち。イエロー系コントロールカラーを使う事で肌をトーンアップさせ、健康的に見せる効果が期待出来ます。肌の色が暗く見えやすい方はイエロー系コントロールカラーを活用してみてください。

赤みがある人

イエロー系コントロールカラーは、肌の赤みが気になる方にもおすすめです。赤みのある箇所にイエロー系コントロールカラーを使う事で綺麗にカバー。赤みのあるニキビ跡にも効果的なのが嬉しいポイントです。同じく赤みをカバーする効果のあるグリーンのコントロールカラーを混ぜれば効果がアップ。コントロールカラーを使うのに慣れてきたら、他の色と混ぜ合わせて自分に最適な色を作るのもおすすめです。

茶色や青色のクマが薄くある人

赤みやくすみを効果的にカバー出来るイエロー系コントロールカラーは、茶色や青色のクマがある場合にもおすすめ。イエローのコントロールカラーを塗る事で色素沈着をカバーし、明るい目元に仕上げられます。クマが出来てしまった時に役立ててみましょう。

シミやソバカスが薄くある人

シミやソバカスが薄く広がっている方にもイエロー系コントロールカラーが効果的。シミやソバカスの色素沈着をカバーし、若々しい肌へ導いてくれます。ただし、濃いシミやソバカスはイエローのコントロールカラーだけではカバーしきれない場合があるので気をつけましょう。そういった時はコンシーラーを併用するとカバーする効果がアップします。

日焼けした肌が気になる人

イエロー系コントロールカラーは赤みを抑える効果があるので、日焼けした肌が気になる方におすすめです。日焼けして赤みが出てしまった肌もイエロー系コントロールカバーを使う事でカバー出来るのではないでしょうか。このようにイエロー系コントロールカラーは様々な事に活用出来ます。自分の肌の悩みに合わせて使ってみてください。

イエローのコントロールカラーの塗り方

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (117486)

イエロー系コントロールカラーの効果を引き出すためには、正しい塗り方をする事が大切になります。基本的な塗り方を把握しておけば、簡単にイエロー系コントロールカラーを使いこなせるようになるのではないでしょうか。メイク初心者でも取り入れやすいイエロー系コントロールカラーの塗り方についてご紹介します。

下地の後に塗る

イエロー系に限らず、コントロールカラーは下地の後に塗るのが基本です。まず、下地で肌を滑らかな状態にしておきましょう。こうする事でコントロールカラーやファンデーションの毛穴詰まりを抑える事が出来ます。ただし、イエロー系コントロールカラーが下地の効果を持ち合わせている場合は、下地は使わなくてOK。コントロールカラーだけで色補正と下地メイクが済みます。
78 件
着用アイテム