小顔メイクの簡単なやり方やコツ!すぐ出来るシェーディングやチークの入れ方!

Description
メイクは女性をより魅力的にし、綺麗にするものです。最近のメイク技術は向上し、整形メイクという言葉まであるほどメイクは進化しています。こちらでは、メイクで小顔に見せるためのコツをご紹介します。実際の顔の大きさは変わらなくても、シェーディングやチークの入れ方を工夫するだけで、小顔に見せることができます。小顔メイクのコツは、丸顔、面長、エラが気になるなどの顔のタイプごとにご紹介するので、自分の顔の形に合ったナチュラルな小顔メイクを覚えましょう。

小顔メイクの簡単なやり方とコツは?

Girl Female Woman · Free photo on Pixabay (25397)

いつの時代も小顔な女性というのは、華奢で可愛らしく憧れるものです。人気女優の顔は本当に小顔で、テレビで見ていても共演者との顔の大きさに驚かされることがあります。小顔に憧れていても、自分の元々の顔の大きさは決まっているのですから、どうにもならないと考える方もいるかもしれません。ですが、小顔はメイクを工夫することでつくることができます。こちらでは、小顔メイクをするためのコツをご紹介します。

立体感でメリハリを

Beauty Woman Portrait · Free photo on Pixabay (25401)

小顔メイクは立体感とメリハリをつけることが大切です。メイクで顔に立体感を出すことで、フェイスラインがスッキリした印象になり、小顔に見せることができます。アイカラー、ハイライト、チーク、シェーディングのコツを押さえれば、顔を立体的に見せることができます。ただ肌にのせるだけではのっぺりした印象になってしまうので、メリハリがあるメイクを意識することが大切です。

小顔メイクのコツは太めのブラシ

Makeup Brush Make Up · Free photo on Pixabay (25402)

小顔メイクをする時は、シェーディング、チーク、ハイライトなどで立体感のある顔をつくります。この小顔メイクには、太めのブラシが必須アイテムです。顔に立体感を出すための陰影をつける時にはパフや指ではなく、ブラシでメイクします。太めのブラシを使うことで、ぼかしながらナチュラルな仕上がりのメイクにすることができます。やわらかめのブラシでメイクすると肌への負担も少なく、色がのりすぎてしまうことがありません。
また、ブラシはアイシャドウ、ハイライト、チーク、シェーディングとそれぞれ違うものを使うことをおすすめします。ブラシを使い分けてメイクすることで、色混ざりを避けることができるからです。1本のブラシでメイクする時は、ブラシをタオルになでることで余分な粉を落とすことができます。色が混ざることがないように注意しましょう。

小顔メイクの注意点

Beautiful Girl Woman · Free photo on Pixabay (25404)

小顔メイクをする時には注意点もあります。小顔メイクは顔の立体感やメリハリを出すことで小顔に見せますが、立体感を出すためにシェーディングしすぎたり、色の境目がわかるようなメイクになってしまうとやりすぎメイクになってしまいます。舞台メイクであればそれでもいいのかもしれませんが、普段用のメイクでは周囲から浮いてしまいます。小顔メイクはやりすぎず、ナチュラルな仕上がりを意識しましょう。

【小顔メイク】導入編

Model Face Beautiful Black And · Free photo on Pixabay (25405)

小顔メイクはシェーディング、チーク、ハイライトがポイントになりますが、ベースメイクも軽んじてはいけません。ベースメイクがしっかりできていないと、その後にのせるメイクのノリが悪くなってしまうからです。ナチュラルな小顔メイクをするためにも、基本のベースメイクをきちんと押さえておきましょう。また、メイク前には洗顔、化粧水、乳液、クリームなどの基本のスキンケアもきちんとしておきましょう。

ベースメイク

Based Texture Black Background · Free photo on Pixabay (25407)

そもそもベースメイクというのは、どこからどこまでのメイクを指すのかが分からないという方もいるかもしれません。ベースメイクのやり方の前に、ベースメイクとは何かをチェックしましょう。ベースメイクとはその名の通り、土台のメイクです。具体的には、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーまでのことを指します。
ベースメイクとは色味のあるメイクのことではなく、肌を整えてこの後のメイクのノリをよくするためのメイクです。ベースメイクがよれていたり、密着していないと、ポイントメイクをした時に上手に色がのらなかったり、浮いてしまうことがあります。小顔メイクを成功させるためにも、ベースメイクはきちんとやりましょう。

下地

Make Up Beauty Products Cosmetics · Free photo on Pixabay (25408)

ベースメイクはすぐにファンデーションを塗るのではなく、化粧下地から始めます。化粧下地は肌をなめらかにし、ファンデーションのノリをよくするためのものです。最近の化粧下地は性能が良く、凹凸をなくしてくれたり、肌に透明感を出してくれるものもあります。赤みやシミ、ニキビをカバーしてくれるタイプのものもあります。赤みが気になる人はブルーやグリーンのコントロールカラーでメイクするのもおすすめです。
ニキビやシミ、クマが目立っている時は、コンシーラーを使いましょう。クリームタイプやスティックタイプなど様々なコンシーラーがありますが、使いやすいものを選びましょう。肌にのせて、指で少しトントンするのがコツです。コンシーラーをべったりのせてしまうと、ファンデーションがムラになったり、厚塗りになってしまってナチュラルメイクにならないので注意しましょう。

ファンデーション

Makeup Brush Cosmetics Make · Free photo on Pixabay (25409)

ファンデーションはカバー力が高く、密着性があって肌馴染みのいいものを選びましょう。おすすめはクリームタイプやリキッドタイプのファンデーションです。肌に密着して、綺麗な肌に見せることができます。パウダータイプは軽めのファンデーションが好みの人にはいいですが、密着度は低いです。
87 件
着用アイテム