カーキとベージュを攻略してナチュラル美人に!定番カラーのコーディネート集!

Description
カーキやベージュは、おしゃれ女子の定番アイテムとして人気となっています。カーキやベージュはどんなアイテムにも合わせ易く、コートからスカートまで様々なアイテムにカーキとベージュが使われています。コートからスカートまで、幅広い展開を見せるカーキとベージュアイテムは、ナチュラル美人に欠かせないアイテムですが、コーディネートがマンネリ化し易い傾向があります。おしゃれ女子に必須のアイテム、カーキとベージュを使ったコーディネート例をまとめてみました。

レディース服で大人気なのはカーキとベージュ!

ナチュラル美人コーデに欠かせないアイテムとして人気を集めているカーキとベージュ。どちらも日本人の肌や髪に馴染むカラーとして、おしゃれ女子の定番アイテムと言う認識があります。カーキもベージュも肌に良く馴染む性質から、自然な印象の美人になれるファッションカラーとして定着しているようです。しかし、実際にカーキとベージュでコーディネートしようとすると、カーキとベージュにばかり頼りきりなんて事はありませんか?
確かに日本人に良く似合うカラーですが、毎日同じカラーを組み合わせていては、カーキとベージュの特徴が活かされません。ここでは、マンネリ化してしまいがちなカーキとベージュのコーディネート例を紹介して行きましょう。実際のコーディネート例を紹介する前に、おしゃれ女子に欠かせないカーキとベージュの特徴や、それぞれのカラーが与える印象の違いについて説明します。カーキとベージュの違いを理解して、双方の特色を活かしたコーディネートを楽しみましょう。

おしゃれ女子の定番カラー

おしゃれ女子の定番カラーとして人気を集めているカーキとベージュカラーのアイテムですが、何故、カーキとベージュが女子の定番アイテムとして流通しているのでしょうか?そこには、カーキにもベージュにも共通している事柄に理由がありそうです。その事柄とは、「どんなカラーのアイテムにも合う」事です。
カーキやベージュは、どんなカラーにも合う事が知られており、手持ちのアイテムともコーディネートがし易く、着回しがし易い点が女子の定番カラーと言われるようになった所以でしょう。着回しの利便性からコートなどのアウターにカーキやベージュが使われる事が多く、利便性の良さはもはや周知の事実である事がうかがえます。

カーキとベージュは春夏秋冬使える

オレンジやピンクと言ったカラーは夏や春と言った印象が強く、白やグレーも冬のイメージがあります。しかし、カーキやベージュは秋のイメージが強いものの、春や夏に着用していても違和感を与えないカラーです。
つまり、夏などの季節を問わず、年中着回しの出来るアイテムカラーとして、カーキやベージュはおしゃれ女子から愛されているカラーとも言えるのです。カーキとベージュがおしゃれ女子の定番と言われる所以は、こうした使い勝手の良さも関係していると考えられます。

カーキとベージュで雰囲気の違いを演出

では、カーキとベージュにはどのような違いがあるのでしょうか?どちらも肌馴染みが良く着る人を選ばないカラーですが、カーキは肌を明るく見せ、ベージュは肌に馴染む性質を持って居ます。どちらもエレガントな雰囲気を演出出来るカラーですが、肌の色を明るく見せるならカーキがおすすめです。
違和感なく着こなしたい場合はベージュをチョイスすると良いでしょう。そうした性質の違いを利用して、レディースファッションに活かすのも、おしゃれ女子に求められるスキルです。しっかりカーキとベージュの違いを理解して着こなしましょう。

カーキを使った【カラー別】定番コーデ

カーキとベージュの特徴とそれぞれのアイテムが与える印象の違いが分かった所で、カーキを使った定番コーディネート例を紹介して行きましょう。基本的にどんなカラーにでも合うカーキですが、合わせるカラーによって与える印象が変わります。カーキとどんな色を合わせるとどのような印象になるのか、実際に見比べて行きましょう。

【ブラック×カーキ】でエレガントなレディースコーデ

夏は、黒のカットソーとカーキのワイドパンツでラフコーデがおすすめです。夏は、足元をサンダルにすると涼しげな印象で夏らしい印象に。インナーのカットソーを黒ニットなどに変えて、白・ベージュ・グレー・ピンクなどの上着を羽織り、足元はスニーカーなどを合わせれば冬にも使えるコーディネートになります。黒とカーキの相性はとても良いので、アイテムを変えて年中着回しも可能です。

【カーキ×ホワイト】でキレイな印象のレディースコーデ

カーキのサマーセーターと白のワイドパンツを組み合わせたコーディネートです。白のワイドパンツがキレイ目なので、足元にはパンプスやヒールがぴったりです。ラフに着こなすなら、白のスキニーパンツとスニーカーを合わせれば、キレイな印象のままラフなコーディネートになります。夏以外の季節でも、トレンチコートなどのコート類を羽織ると、秋冬まで着こなせるコーディネートになります。

【カーキ×デニム】でラフなレディースコーデ

カーキのスウェットとデニムでラフな印象のレディースコーデです。近年流行しているダボダボコーデとして、レディースではなくメンズスウェットを着用するのがポイントです。スウェットは中に重ね着も出来るので、秋から春にかけて着回し出来るコーディネートになります。足元に合わせるスニーカーは黒ならシックな落ち着きのある印象に、赤などの派手な色ならちょっとした遊び心を出せます。気分でスニーカーのカラーを変えて、様々なファッションを楽しみましょう。

ベージュを使った【カラー別】定番コーデ術

ここまで、カーキに合うカラーと、それぞれの組み合わせが与える印象について紹介してきましたが、ここからは、カーキと共に定番色となっているベージュに合うカラーとその印象を紹介して行きましょう。肌馴染みの良いベージュにはどんな色のアイテムが合うのか理解して、ベージュアイテムファッションを楽しみましょう。

【ホワイト×ベージュ】で上品なレディースコーデ

白とベージュの組み合わせは上品でフォーマルな印象を相手に与えます。夏は、シンプルにキャミソールやカットソーなどとサンダルで、ラフなコーディネートに。白のワイシャツとヒールやパンプスを合わせればフォーマルな印象になり、様々なシーンに着回しが出来るのもベージュカラーの特徴です。ベージュパンツを1つ持っておくだけで、ラフからフォーマルまで幅広く着こなせます。

【パステルカラー×ベージュ】で可愛いレディースコーデ

どんな色にも合うのがベージュの特徴ですが、パステルカラーやグレーなどの淡い色にも良く馴染み、色の組み合わせとしてもバランスの良い仕上がりになります。ピンク系で可愛い印象に、グレーなら落ち着きのある上品な印象に、青系ならきれい目ファッションに仕上がります。ベージュとの組み合わせでは、フリルやレースなどでも印象が変わります。どんなデザインにも合うので、様々なデザインやカラーの服をコーディネートして楽しみましょう。

【ベージュ×ビビットカラー】でおしゃれなレディースコーデ

シックで上品な印象のあるベージュアイテムにビビットカラーを合わせると、派手な色使いからは想像も出来ない程上品な仕上がりになります。買ったものの使い所に悩んで居るようなビビットカラーのアイテムがあるなら、ベージュのアイテムと組み合わせてコーディネートしてみると良いかもしれません。足元をサンダルにすればラフな印象に、パンプスやヒールに変えるだけで、垢抜けたフォーマルな印象のコーディネートになります。

カーキ×ベージュのおしゃれコーデ

どんな色の組み合わせでも合うカーキとベージュですが、カーキとベージュの相性は他のカラーとの組み合わせと比較しても抜群です。どんなカラーにでも合うカーキとベージュを組み合わせたコーディネートを紹介して行きましょう。

【カーキコート×ベージュニット&パンプス】でエレガントなレディースコーデ

カーキとベージュの組み合わせは定番で、カーキコートにベージュのニットとパンプスを合わせると上品なエレガントスタイルになれます。ボトムにデニムをチョイスすればカジュアルな印象に、黒のワイドパンツやスラックスを合わせればフォーマルな印象に仕上がります。インナーをベージュ系のカットソーにすれば、冬だけでなく秋や春にも大活躍のコーディネートになります。

【カーキモッズコート×ベージュスカート】で可愛いレディースコーデ

スカートのふわりとした印象は女性らしさを感じさせるアイテムです。ふんわりとした印象のベージュスカートに、シンプルなカーキのモッズコートの組み合わせは、女性らしい印象になりすぎるスカートの甘さを抑えてバランスの良い仕上がりになります。インナーには、カーキやベージュと相性抜群のボーダーカットソーがおすすめです。足元はスカートと同じベージュのパンプスを合わせると、可愛さの中に大人っぽい色気を加味出来ます。

【カーキスウェット×ベージュ】でカッコ可愛いレディースコーデ

カーキのメンズスウェットと、ベージュ形アイテムのコーディネート例です。シンプルなカーキスウェットに、ベージュベースのチェック柄パンツや、ベージュベースの花柄スカートを組み合わせると、ボーイッシュにもガーリーにも仕上がります。どちらのコーディネートでも、足元はスニーカーやブーツが相性抜群です。スカートの丈をロングにする場合は、ヒールやパンプスを組み合わせると上品でエレガントな印象に仕上がります。

カーキとベージュを使っておしゃれを楽しもう!

おしゃれ女子なら1つは持っておきたいカーキやベージュのアイテムですが、どちらも日本人の肌や髪色に馴染み、どんなカラーのアイテムにも合わせられる特徴を持っています。しかし、カーキはややくすんだ色味から肌をワントーン明るく見せるカラー、ベージュは肌に良く馴染むカラーと、違いを理解していなければ、理想のコーディネートになれません。カーキとベージュが与える印象の違いを理解した上で、おしゃれを楽しみましょう。
59 件
着用アイテム