マスカラの落とし方の基本から裏技まで!正しいクレンジングで美まつげに!

Description
簡単にできる基本的なマスカラの落とし方をまとめました。ニベアやワセリンを使った裏技の落とし方なウォータープルーフのマスカラも簡単に落とすことができます。シートを使った基本的な落とし方や裏技をチェックして、簡単にウォータープルーフマスカラもお湯で落とすようにしていきましょう。ワセリンやニベアを使った裏技を含めて、シートなどを使った基本的で簡単なウオータープルーフマスカラの落とし方をご紹介します。

マスカラの落とし方が間違っているとどうなる?

まつ毛を長くぱっちり見せることができるマスカラはアイメイクに欠かせないアイテム。マスカラをしっかりと塗った日のメイクではいつも以上に基本的な落とし方をしっかりと取り入れていくことが大切になります。マスカラの落とし方が間違っていると、徐々に肌の負担になるさまざまな肌トラブルが起きてしまう可能性があるかもしれません。
Makeup Mascara Powder · Free photo on Pixabay (17492)

肌トラブルを防ぐためには、正しい落とし方をしていないとどうなるのか、基本的なマスカラの落とし方はどういったものなのかを把握しておくことが大切になります。普段からつけているマスカラだからこそ、基本的な知識を身につけて、正しい落とし方でクレンジングするようにしていきましょう。

落とし方を間違うとたるみやシワの原因となる

マスカラの落とし方が間違っていると、まぶたに負担をかけることになります。顔の皮膚の中でもまぶたの周辺は特に薄く、デリケートな箇所。そんなまぶたの周辺に落としきれなかったマスカラがいつまでも残っていると酸化してまぶたに大きな負担を与えることになります。こうした負担が積み重なることで、老化現象が出てくるため気をつけましょう。
Eyelash Eyeball Person · Free photo on Pixabay (17493)

マスカラの落とし方を間違えてきっちりと落としきれていない場合、シワやくすみ、たるみといった現象の原因になると言われています。薄い皮膚にたくさんの負担がかかることで、早いスピードで老化現象が起きてしまうのではないでしょうか。いつまでも若々しくいるためにもマスカラの基本的な落とし方を知っておくことが大切になります。

まつ毛が抜ける原因を引き起こすことも

基本的なマスカラの落とし方ができていない場合、まぶた周辺の皮膚だけでなくまつ毛にも悪影響を与える場合があります。落としきれなかったマスカラがまつ毛に付着し、それが汚れとなって残ったままで翌日に再びマスカラをつけると、さらに汚れが蓄積されてしまうので注意が必要。こうした負担がまつ毛が抜ける原因となります。
Woman Portrait Face · Free photo on Pixabay (17495)

せっかくまつ毛を長く綺麗に見せるためにマスカラをしているのに、そのマスカラが原因で元々のまつ毛が抜け落ちてしまっては意味がありません。まつ毛が抜け落ちて短くなるとマスカラもつけにくくなり、本来のメイクを楽しむことができないようになるため、マスカラをつけたときは汚れが残らないようにすることが重要になります。

簡単で基本的なまつ毛の落とし方を知ることが大切

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (17496)

落としきれなかったマスカラは、まぶた周辺の皮膚の薄い部分やまつ毛に悪影響を及ぼす可能性がありました。綺麗になるためのメイクが肌に悪い影響を与えるようになったら意味がないのではないでしょうか。そのため、マスカラの簡単な基本の落とし方を知っておくことが大切。マスカラは簡単な落とし方で綺麗に取ることができるので、ぜひ取り入れていきましょう。

とても簡単!まつ毛の基本の落とし方

ウォータープルーフ&フィルムマスカラは基本の落とし方でOK

Makeup Mascara Powder · Free photo on Pixabay (17498)

マスカラと一口に言っても、その種類にはいろいろあります。ウォータープルーフマスカラやフィルムマスカラなど、1日をかけて綺麗なまつ毛カールをキープできる便利なマスカラも多数。落ちにくいウォータープルーフマスカラやフィルムマスカラであっても簡単な基本の落とし方でOK。ウォータープルーフをはじめとしたマスカラを簡単な落とし方で取っていきましょう。

リムーバーを染み込ませたコットンでマスカラをオフ

マスカラを落とすときはポイントメイクリムーバーを使うようにしましょう。通常のオイルクレンジングを使った落とし方を取り入れている方も多いかもしれませんが、ポイントメイクリムーバーを使った方が簡単に落とせて肌への負担も少ないので、できればポイントメイクリムーバーを使ってマスカラを落とすのがおすすめです。
Skincare Cleaning Skin Cotton Pads · Free photo on Pixabay (17500)

ポイントメイクリムーバーをコットンにたっぷり染み込ませたら、マスカラがついたまぶたにのせましょう。十数秒ほどコットンをのせてポイントメイクリムーバーをマスカラにしっかりと馴染ませます。全体に馴染んだと感じたら、優しくマスカラを取るようにコットンを滑らせてください。これでマスカラの大部分が簡単に取れます。

綿棒で残りのマスカラを取る落とし方がおすすめ

Cotton Swabs Flexible Rods Jar Of · Free photo on Pixabay (17502)

コットンで取れなかったマスカラは綿棒を使えば簡単に落とすことができます。乾いたコットンをまつ毛の下にくるようにのせ、ポイントメイクリムーバーを染み込ませた綿棒でまつ毛を拭いてください。マスカラをコットンの方に移すようにして綿棒を動かしていきましょう。このとき、マスカラだけでなくアイラインやアイシャドウも綿棒で落とすと効率的です。

マスカラが濃い人はパックをしよう

Girl Flowers Yellow · Free photo on Pixabay (17503)

マスカラが濃い場合は、基本の落とし方ではなかなかマスカラが落ちないということもあるのではないでしょうか。そんなときは、ポイントメイクリムーバーを染み込ませたコットンをまぶたの上に乗せてしばらくパックするのがおすすめ。パックした後に優しく拭き取ることで簡単にマスカラを落とすことができます。

お湯で落とせるタイプのマスカラの基本の落とし方

68 件
着用アイテム