結婚式のサブバッグでおすすめやNGは?大きさや色や素材でマナー違反はある?

Description
結婚式に持ち込むサブバッグにおすすめのアイテムについてまとめました。大きめのサブバッグや結婚式に持っていくのに必要な物を入れるのに便利。サブバッグがない時でも紙袋を結婚式に持ち込みしたり黒のサブバッグを持ち込みするのはNG。大きめのサブバッグやベージュのサブバッグなど、結婚式に持ち込みするのに最適なサブバッグなら安い値段でも大丈夫です。結婚式のマナー違反にならないようにサブバッグに最適な大きめバッグについてチェックしましょう。

結婚式へ持っていくバッグ!違いを覚えよう

結婚式に持っていくために必要なサブバッグですが、どういったタイプのサブバッグであれば結婚式に持ち込みしても良いのか知っておくことが大切です。マナー違反のサブバッグを知らない間に結婚式に持ち込みをしていると非常識な人と思われる場合があるため気をつけましょう。今回は、結婚式にふさわしいサブバッグやおすすめのサブバッグ商品についてご紹介します。サブバッグがない場合の代用品もチェックして、結婚式に向かいましょう。

結婚式の会場に持ち込むサブバッグ

結婚式に持ち込みをするバッグには大きく分けて2種類あります。1つ目が今回ご紹介するサブバッグ。サブバッグとは、メインとなるパーティーバッグの予備となる大きめのバッグのことをさします。パーティーバッグに入りきらなかったアイテムを大きめのサブバッグに入れて結婚式に持ち込みをする形で必要なアイテムをしっかりと携帯することができるため、特に女性にとって結婚式にサブバッグを持ち込みするのは必須ではないでしょうか。
サブバッグは結婚式会場へは持ち込みますが、披露宴やチャペルなどには持ち込みしないのが一般的。サブバッグは結婚式会場に到着したらクロークに預けます。そのため、サブバッグには高価なものは入れないようにしましょう。また、結婚式場のクロークに預けるとは言っても華やかな場所へ持ち込みをするものなのでサブバッグのマナーを守っておくことが大切です。

チャペルに持ち込むパーティーバッグ

サブバッグに対してチャペルや披露宴会場に持ち込みをするのがパーティーバッグです。パーティーバッグは片手で持つことができるミニサイズのバッグがほとんど。サブバッグにはさまざまな備品を入れていきますが、パーティーバッグには財布やハンカチなど必要最低限のものを入れます。リップなど、ちょっとしたコスメもあると便利ではないでしょうか。
チャペルや披露宴会場に持ち込みをするパーティーバッグは、ドレスの色に合わせて選ぶのが鉄則。全体のコーディネートに合わせたパーティーバッグにすることによって、おしゃれな雰囲気の着こなしに仕上げることができます。素敵なパーティーバッグを持っていくのはもちろんのこと、サブバッグにもこだわってみんなから褒められる結婚式コーディネートにしてみましょう。

これはOK!結婚式会場に持ち込みするサブバッグのマナー

Flowers Bridal Bouquet Wedding · Free photo on Pixabay (70438)

サブバッグにも結婚式ならではのマナーがあるので、結婚式にお呼ばれされた時は要チェック。大きめのサブバッグはさまざまな物を入れやすいので、結婚式後の二次会に持って行く物を入れておくのにも便利です。そういった機能性を考えるのはもちろんのこと、一般的なマナーも踏まえた上で結婚式にふさわしいサブバッグを選んでみてください。

大きさ:A4サイズぐらいまでならOK

大きめのサブバッグとは言っても、大きすぎるバッグは下品な印象になってしまうため気をつけましょう。サブバッグのサイズはA4サイズくらいが良いと言われています。A4サイズの大きめサブバッグであれば、適度な大きさでいろいろなものを入れられるので結婚式のサブバッグとして活用するのに便利。A4以上の大きめサブバッグは、ドレスコーディネートとのバランスも悪いので気をつけましょう。
結婚式に持ち込みするサブバッグのデザインで見ておきたいのがマチがあるかどうか。もし、マチのないタイプのサブバッグであれば大きめサイズであっても収納力はあまりないかもしれません。A4サイズのサブバッグでたくさんのものを入れておきたい場合はマチありがおすすめ。マチありなら中に余裕が出て、見た目よりもいろいろなものが入れやすくなります。このようにサブバッグのデザインから結婚式にぴったりの物を選んでみてください。

色:明るいカラーのシンプルなサブバッグ

結婚式に持ち込みするサブバッグのマナーとして続いてチェックしておきたいのが、色です。パーティーバッグにさまざまなマナーがあるように、結婚式用のサブバッグの色にも決まりがあるので気をつけておきましょう。基本的に、結婚式へ持ち込みをするサブバッグは明るい色がおすすめです。明るい色の方が結婚式にふさわしい華やかな雰囲気を演出することができるので良いのではないでしょうか。
大きめサブバッグの場合、デザインは派手すぎずシンプルなものがおすすめ。刺繍など、上品なデザインが施されたデザインのサブバッグだと上品に仕上がるのではないでしょうか。大きなロゴが入ったバッグや、キャラクターデザインが入ったバッグは避けておきましょう。また、ベージュなど落ち着いた色合いのサブバッグだとドレスの色との合わせやすいので便利です。

素材;基本的には光沢のある素材を選ぶ

結婚式用のサブバッグの素材にも注意しましょう。結婚式に持ち込みをするサブバッグは、光沢感のある素材がおすすめ。光沢感があると高級に見えて、結婚式にぴったりな華やかな印象になります。結婚式には、やはり高級感のあるサブバッグを持って行くのが正解。ブランドものでなくても、光沢感のあるプチプラサブバッグを準備しておけば、それだけで上品な雰囲気に仕上げられるのではないでしょうか。

これはNG!結婚式会場に持ち込みするサブバッグのマナー

Bouquet Celebration Color · Free photo on Pixabay (70439)

続いては、結婚式にはふさわしくないサブバッグについて見ていきましょう。サブバッグであればなんでも良いのではなく、NGなマナーもあるため気をつけてください。「すぐにクロークに預けるから」と思って適当なサブバッグを選んでいると、思わぬところで「常識がない人だな」と見られてしまうこともあるため、サブバッグにもしっかりと意識を持っていきましょう。
73 件
着用アイテム